「LINEトークンエコノミー」発表!ブロックチェーンプラットフォームでDAppsの開発も

by BITTIMES   

本日6月28日、LINE株式会社はブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy(ライン・トークン・エコノミー)」を発表しました。このサービスでは、同社のブロックチェーン上でDApps(分散型アプリケーション)が提供され、ラインが独自に発行するトークンを使用することもできるようになります。

LINE CONFERENCE 2018(ライン・カンファレンス・2018)

LINE(ライン)は6月28日に、年に一度開催している事業戦略発表会である「LINE CONFERENCE 2018」で、複数の新サービスとともに、今後の方向性などを発表しました。今回のカンファレンスは『リデザイン』をテーマにしており、今までに同社が提供してきたコンテンツやサービスと利用者の関係をより良いものへと進化させること目標にして、新しいプロジェクトを立ち上げたと説明されています。

LINEの代表取締役社長である出澤剛(いでざわ たけし)氏は、イベント冒頭でブロックチェーン技術を使ったトークンエコノミー構想である「LINE Token Economy」を発表しました。

同氏は「ブロックチェーン技術の中で代表的なのは仮想通貨だが、それだけでなくシェアリングや信用管理、契約管理などでも便利になる」と説明し、「トークンエコノミーはさまざまなものに大きな影響を与える」と述べています。

LINE Token Economy(ライン・トークン・エコノミー)とは

「LINE Token Economy」は、ブロックチェーン技術を活用したプラットフォームです。独自のトークンを発行することによって、画像や動画などのコンテンツを作成しているユーザーに対して"トークン"を還元することができます。またこのプラットフォームを利用することによって、DApps(分散型アプリケーション)の開発も行なえるようになると説明されています。

トークンエコノミーでは、LINEブロックチェーン上でDAppsが提供され、LINEが独自に発行するトークンを使用することができます。ゲーム、シェアリング、エンターテインメント、メディア、コマースなどを軸に、トークンエコノミーと相性の良い"ユーザー参加型コンテンツ(Consumer Generated Media/CGM)"サービスとの連携を考えているとのことです。

出澤氏は「適切に設計されたトークンエコノミーでサービスが成長する。世界中で同様な動きが起きつつある」と説明しています。

また同氏は「これまでの"購入して消費する"貨幣経済から、インターネットによるフリーミアムモデルの登場を経て、ブログやソーシャルメディアといったユーザー自身が積極的にコンテンツを生み出すことでサービスに貢献する機会が増えた」と語った上で、「ユーザーの貢献に対して、適切な報酬を還元する仕組みが十分にできていない。サービスの成長と貢献者への還元をリンクできるようなトークンエコノミーを構築することができれば、新しい大きな価値を生み出すことができる」と説明しています。

またこのプラットフォームは、LINE内で利用するだけでなく、外部のさまざまなサービスとも提携していきたいと考えているとも説明されています。

ブロックチェーン・仮想通貨とLINE

LINEはこれまでにも、ブロックチェーン開発組織としてトークンエコノミーを設計する『unblock』や、DAppsなどの設計・実装を手がけている『LINE Blockchain Lab』を設立しているほか、韓国のブロックチェーンプラットフォームである「ICON」とも提携しています。

また、仮想通貨関連の商標「wizcoin」を5月17日に出願していたことも先日明らかになっています。
出願された内容には『前払い式電子仮想通貨の発行、仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換又は仮想通貨の管理』と記されていたため、その当時から「仮想通貨事業に関連する商標である」と考えられていましたが、今回の発表によって、今後展開が予定されているサービスの詳細がより詳しく明らかになりました。

今後の同社の具体的なサービス開始や、そこから生まれる新しいサービスに期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Moonstake Wallet「ポリゴン(Polygon/MATIC)」サポートへ

Moonstake Wallet「ポリゴン(Polygon/MATIC)」サポートへ

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

Everdome(DOME)メタバース上の土地マップ「LAND Map」公開

Everdome(DOME)メタバース上の土地マップ「LAND Map」公開

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

エバードーム(Everdome/DOME)の「ゲーム内映像」公開|火星舞台のメタバース

エバードーム(Everdome/DOME)の「ゲーム内映像」公開|火星舞台のメタバース

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

HONDA×GM:ブロックチェーン活用した「電気自動車・スマートグリッド」を共同研究

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す