トロン創設者「ガス代無料のステーブルコイン送金技術」複数のブロックチェーンで提供へ

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)の創設者であるジャスティン・サン氏は2024年7月6日に、ガス代無料でステーブルコインを送金できる新しいソリューションを開発していることを明かしました。

現在主流の一般的なブロックチェーンでは、ステーブルコインを含む各種暗号資産の送金時に「ガス代」と呼ばれる送金手数料のようなものをネイティブトークンで支払う必要がありますが、このソリューションを使用すれば、ガス代を支払うことなくステーブルコインを転送できると説明されています。

私たちのチームは、ガスフリーでステーブルコイン転送を可能にする新しいソリューションを開発しています。つまり、ガストークンを支払うことなくステーブルコインを送金できるようになります。手数料はステーブルコイン自体で完全にカバーされます。

このステーブルコイン転送ソリューションは最初にTronのブロックチェーンで実装されるとのことで、その後はイーサリアムと全てのEVM(イーサリアム仮想マシン)互換のパブリックチェーンでサポートされると報告されています。

サービス自体は2024年第4四半期に提供開始される予定で、これによって大手企業がブロックチェーン上でステーブルコインサービスを簡単に展開できるようになり、ブロックチェーンの大規模採用が次のレベルに引き上げられると期待されています。

ガス代無料でステーブルコインを送金できるようになれば、仮想通貨に詳しくない一般ユーザー向けの既存サービスでも気軽にステーブルコイン関連の機能を実装できるようになると考えられるため、将来的には身近なサービスでもステーブルコインが利用される可能性があると期待されます。

>>ステーブルコイン関連の最新ニュースはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

日本暗号資産市場社「JPYCSwap」β版リリース|日本円ステーブルコインの利便性向上へ

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

リトアニア中銀:ブロックチェーンプロジェクト「LBChain」の最終段階を完了

リトアニア中銀:ブロックチェーンプロジェクト「LBChain」の最終段階を完了

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

UAE中央銀行ビットコイン規制解除!ブロックチェーンのリーダー国となるために

UAE中央銀行ビットコイン規制解除!ブロックチェーンのリーダー国となるために

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説