フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

by BITTIMES   

F1世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)氏は、画像・映像コンテンツなどを保護し管理することができるプラットフォーム『KODAKOne』に大きな期待を寄せています。このサービスの開発を行う『WENN Digital Inc』と提携した彼は、自身のデジタルライブラリ全体をこのブロックチェーン上に移行することを決定しました。

KODAKOneとは

KODAKOne

KODAKOneのプラットフォームは、写真や映像などのコンテンツとその著作権を、ブロックチェーン技術を活用して『暗号化されたデジタル元帳』として管理します。写真家は自らの作品をここに登録することによって、このプラットフォーム内でライセンスを供与することができるようになります。

またこのサービスでは『KODAKCoin』という仮想通貨を利用して、プラットフォーム内でデータの売買なども行うことができます。

KODAKCoinを使用する写真家は、作品を販売した直後にライセンス料を受け取ることができるため、プロ、アマチュアを問わずにブロックチェーン技術で保護された安全かつ安心なプラットフォームで自分の作品を販売することができます。また、画像の無断利用を追跡することもできるようになっているため、自身の作品が不正に使用されるのを防ぐこともできます。

KODAKOneプラットフォームは、KODAKOneシステムに登録された画像の知的財産権を保護するための監視も行う設計となっているため、非合法的な使用を行うWebサイトを絶え間なくスキャンします。ライセンスなしでの使用が発見された場合には、効率的にライセンス関連処理を行い、写真家が正当な支払いを受けられるようにもしてくれます。

ブロックチェーン管理の魅力

今回の提携によって、フェルナンド氏のファンサイトでも『KODAKOne』のサービスが利用できるようになります。近日公開予定の新しいサービスでは、お気に入りのF1ドライバーの写真やビデオをアップロードして登録・保護するだけでなく、場合によっては報酬を受けることもできます。

フランスのル・マンで開催されたル・マン24時間レースで優勝したアロンソ氏は、「KODAKOneの革新的なサービスや、そのプロジェクトに協力できることを非常に嬉しく思っている」ことを語っています。

「F1やWECのような大規模イベントなどで撮影された私たちの走りは、コンテンツ配信によって世界中のさまざまなチャンネルで生きています。」

「私は、ファンやプロのフォトグラファーに創造性と報酬を与えることができることや、彼らが作り出すコンテンツを単一のプラットフォームで保護できることを非常に嬉しく思ってます。」

KODAKCoin取引と報酬制度

WENN Digitalの最高執行責任者であるベネディクト・ドゥナニー(Benedikt Dohnanyi)氏は、CCNに対して「このパートナーシップは、ファンがレーシングドライバーの写真やデジタルメディアを共有して報酬を得ることができる"革新的なもの"である」と説明しています。

あなたが想像しているように、フェルナンド・アロンソは毎年何十万もの写真やビデオを撮っています。そしてこれまでは、それらの写真やビデオが"どこに行き着いたのか"を追跡する方法はありませんでした。しかしKODAKOneにアクセスすることで、彼は自分の画像とビデオがすべて1か所で保護されていることを知り、心の安らぎを得ることができます。

また、このパートナーシップによって、Alonsoのファンは自分たちが撮影した写真やビデオを共有することで、特定の場合に報酬を得ることができます。例えば誰かがレースでスタンドからアロンソの写真をスナップするとしましょう。KODAKOneプラットフォームが公開されると、その写真をプラットフォーム上に置くことで、その写真に即座に著作権を与えることができます。

さらに、Alonsoと協力してKODAKOneプラットフォーム上のエコシステムを構築し、最終的にはさまざまなサービスやコミュニティとの繋がり、そしてこのエコシステム内の製品にその報酬を使用できるようにします。

これに続けてドゥナニー氏は「この中核となるこの取引では、アロンソや他のスポーツ選手にとって重要な2つの世界、すなわち"彼のファン"と"彼の仕事"を結びつけています。(写真家のような)他人が行った作業を援助しつつその両方の世界を保護していることは、これらの取引を非常にユニークなものにしている」と付け加えています。

またドゥナニー氏はCCNに対して「WENNはベータ版公開プログラムを通じて2018年末〜2019年初めまでは、KODAKCoinを導入することも計画している」ことも明かしており、「プラットフォームのサービスに興味を持っている多くの人々とすでに話し合いが行われている」とも語っています。

近い将来には、さらなる詳細とより魅力的なパートナーシップなども発表されるとのことなので、新たな発表を楽しみにしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

エルサルバドル政府「150BTCを追加購入」保有するビットコインは合計700BTCに

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

Amazon CEO「NFTの取扱い可能性・暗号資産の将来性」についてコメント

Amazon CEO「NFTの取扱い可能性・暗号資産の将来性」についてコメント

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

Ripple共同創設者:ハッキングで「2億1300万XRP」の盗難被害

Ripple共同創設者:ハッキングで「2億1300万XRP」の盗難被害

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

Shibarium:パートナーシップ拡大で「1000のプロジェクト展開」目指す

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

2024年、ポートフォリオ構築時に検討したい3つの仮想通貨

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す