Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

by BITTIMES

百度(Baidu/バイドゥ)は、知的財産権の保護を目指した分散型ストックフォトサービスである「Totem」のブロックチェーンレイアウトやリワード(報酬)プラグラムに関する詳細情報を公開する会議の開催を7月18日に予定しています。

Baiduのストックフォトサービス「Totem」

Baidu

中国のGoogle(グーグル)として知られる大手検索エンジン「百度(Baidu/バイドゥ)」が今年4月に発表した「Totem」は、ブロックチェーンの技術を利用して画像の知的財産権を保護管理しています。彼らは画像の所有権と侵害の防止を効率化することを目指しており、ユーザーからアップロードされた画像データに個人情報とタイムスタンプを記録して、分散型のネットワーク上に画像に関連するデータを保存しています。

Baiduの人工知能(AI)技術は、重複や違反を検出して画像のデータの知的財産権を保護するための役割を担うことができます。

Totemのリワード(報酬)プログラムはプラットフォーム上のインセンティブ(報酬金)を付与するためのメカニズムとして機能し、現在はユーザーアップロードなどの特定の機能に対して公開されていますが、画像取引や同様の機能のためにさらに拡張することもできます。

写真家やデザイナー及びその他の著者は、現在はオンラインアプリケーションを提出することが奨励されており、身元確認の際に、Totemのブロックチェーンに作品をアップロードすることができます。

7月18日に開催される会議では、このTotemを通じた報酬の申請とBaiduが使用するブロックチェーンシステムの構造に関する、より詳細な情報が公開される予定となっています。

Baiduの他にも、複数のプロジェクトが過去に知的財産権や著作権などを適切に管理するためにブロックチェーン技術を活用することを発表してきました。

ブロックチェーンを著作権保護に活用したプロジェクト

Kodak(コダック)

kodakone

アメリカの写真ベースの企業である「Kodak」は、「KODAKOne」と「KodakCoin」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームと仮想通貨を発表しています。

Totemと同様の機能を持つKODAKOneは、写真家が自分のイメージをプラットフォームに登録できるようにしており、つい先日には、F1世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)氏が、自身のデジタルライブラリ全体をこのブロックチェーン上に移行することを決定しています。

NoFakeToday(ノーフェイクトゥデイ)

nofake

Alibaba(アリババ)の元シニア・テクノロジー・エキスパートであるLeon Huang(レオン・フアン)氏が率いているノーフェイクトゥデイ(NoFakeToday/NFT)というプロジェクトは、世界に流通する偽造品や海賊版商品などの偽造商品関連のトラブルを無くすために、ブロックチェーンの技術を用いて、最適な解決策をあらゆるサービスを通して提供しています。

NoFakeTodayに関する詳しい解説はこちら

ブロックチェーン技術を活用してデータの管理や情報の追跡を行うプロジェクトは、分散型技術の利点を最大限に生かすことができるため、非常に注目が集まっています。今回のBaiduからの詳細発表には世界が注目しています。

ブロックチェーン技術を使ったビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入する際は、 各種手数料が無料の GMOコイン や、 仮想通貨を手軽にかしこく積立てることもできる Zaif(ザイフ)などがおすすめです。

GMO FX 取引の画像 各種手数料が無料のGMOコインはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨積立もできるZaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

ビットコインATMの設置数が3,000台を超える|日本での普及率は?

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

トランプ大統領令でメキシコのビットコイン需要が高まる可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンが高級品の「品質」を証明|分散型管理がもたらすメリット

ブロックチェーンが高級品の「品質」を証明|分散型管理がもたらすメリット

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月19日〜25日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月19日〜25日

OSA:世界初の分散型マーケットプレイス|小売・製造業者・消費者にAI駆動ソリューションを提供

OSA:世界初の分散型マーケットプレイス|小売・製造業者・消費者にAI駆動ソリューションを提供

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

John McAfee:バウンティプログラムを一時中断|Bitfiハッキング論争は休戦へ

John McAfee:バウンティプログラムを一時中断|Bitfiハッキング論争は休戦へ

ベンツやポルシェも仮想通貨決済で!北米の高級車ディーラーが3銘柄受け入れ

ベンツやポルシェも仮想通貨決済で!北米の高級車ディーラーが3銘柄受け入れ

今後、ビットコイン価格が220万円に戻ることはない|Yahoo Financeの重鎮

今後、ビットコイン価格が220万円に戻ることはない|Yahoo Financeの重鎮

Hashtoro(ハッシュトロ):需要の高まりによりBTCマイニング契約に制限

Hashtoro(ハッシュトロ):需要の高まりによりBTCマイニング契約に制限

ブロックチェーン・オークション「Andy Warhol」の作品が数億円で落札される

ブロックチェーン・オークション「Andy Warhol」の作品が数億円で落札される

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月26日〜9月1日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月26日〜9月1日

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

宇宙開発×ブロックチェーン:人類と社会・地球の未来を支える最先端技術

宇宙開発×ブロックチェーン:人類と社会・地球の未来を支える最先端技術

人気のタグから探す