Blockchainで知的財産権保護|Baidu「Totem」詳細情報公開が迫る

by BITTIMES   

百度(Baidu/バイドゥ)は、知的財産権の保護を目指した分散型ストックフォトサービスである「Totem」のブロックチェーンレイアウトやリワード(報酬)プラグラムに関する詳細情報を公開する会議の開催を7月18日に予定しています。

Baiduのストックフォトサービス「Totem」

Baidu

中国のGoogle(グーグル)として知られる大手検索エンジン「百度(Baidu/バイドゥ)」が今年4月に発表した「Totem」は、ブロックチェーンの技術を利用して画像の知的財産権を保護管理しています。彼らは画像の所有権と侵害の防止を効率化することを目指しており、ユーザーからアップロードされた画像データに個人情報とタイムスタンプを記録して、分散型のネットワーク上に画像に関連するデータを保存しています。

Baiduの人工知能(AI)技術は、重複や違反を検出して画像のデータの知的財産権を保護するための役割を担うことができます。

Totemのリワード(報酬)プログラムはプラットフォーム上のインセンティブ(報酬金)を付与するためのメカニズムとして機能し、現在はユーザーアップロードなどの特定の機能に対して公開されていますが、画像取引や同様の機能のためにさらに拡張することもできます。

写真家やデザイナー及びその他の著者は、現在はオンラインアプリケーションを提出することが奨励されており、身元確認の際に、Totemのブロックチェーンに作品をアップロードすることができます。

7月18日に開催される会議では、このTotemを通じた報酬の申請とBaiduが使用するブロックチェーンシステムの構造に関する、より詳細な情報が公開される予定となっています。

Baiduの他にも、複数のプロジェクトが過去に知的財産権や著作権などを適切に管理するためにブロックチェーン技術を活用することを発表してきました。

ブロックチェーンを著作権保護に活用したプロジェクト

Kodak(コダック)

kodakone

アメリカの写真ベースの企業である「Kodak」は、「KODAKOne」と「KodakCoin」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームと仮想通貨を発表しています。

Totemと同様の機能を持つKODAKOneは、写真家が自分のイメージをプラットフォームに登録できるようにしており、つい先日には、F1世界チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)氏が、自身のデジタルライブラリ全体をこのブロックチェーン上に移行することを決定しています。

NoFakeToday(ノーフェイクトゥデイ)

nofake

Alibaba(アリババ)の元シニア・テクノロジー・エキスパートであるLeon Huang(レオン・フアン)氏が率いているノーフェイクトゥデイ(NoFakeToday/NFT)というプロジェクトは、世界に流通する偽造品や海賊版商品などの偽造商品関連のトラブルを無くすために、ブロックチェーンの技術を用いて、最適な解決策をあらゆるサービスを通して提供しています。

NoFakeTodayに関する詳しい解説はこちら

ブロックチェーン技術を活用してデータの管理や情報の追跡を行うプロジェクトは、分散型技術の利点を最大限に生かすことができるため、非常に注目が集まっています。今回のBaiduからの詳細発表には世界が注目しています。

ブロックチェーン技術を使ったビットコイン(BTC)などの仮想通貨を購入する際は、 各種手数料が無料の GMOコイン や、 仮想通貨を手軽にかしこく積立てることもできる Zaif(ザイフ)などがおすすめです。

GMO FX 取引の画像 各種手数料が無料のGMOコインはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨積立もできるZaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

Facebook:ブロックチェーン・フィンテック関連会社「Libra Networks」をスイスに設立

Facebook:ブロックチェーン・フィンテック関連会社「Libra Networks」をスイスに設立

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

エンターテイメント業界で「ブロックチェーン推進団体」発足|技術の活用方法を指導

エンターテイメント業界で「ブロックチェーン推進団体」発足|技術の活用方法を指導

注目度の高い仮想通貨ニュース

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

高級電気自動車メーカー「Karma Automotive」ビットコイン決済受け入れ

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

中国向け仮想通貨取引サービスで「Alipay・WeChat Pay」をサポート:BINANCE

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

ビットコイン「2万ドル回復」のタイミングはいつ?eToro CEOが過去の弱気市場から予測

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す