ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

by BITTIMES   

ボストン大学はICO(イニシャル・コイン・オファリング)を行なったブロックチェーンプロジェクトに関する調査を行い、その研究結果を報告しています。公開された報告書では投資家がその価値を判断する上での材料になる可能性のあるいくつかのデータが報告されています。

Blockchainプロジェクト4,000種以上を調査

boston-college

アメリカ合衆国にあるボストン大学のLeonard Kostovetsky(レオナルド・コストヴェツキー)教授と博士候補であるHugo Benedetti(ヒューゴ・ベネデッティ)氏は「Digital Tulips(デジタル・チューリップ)」というタイトルの論文を発表しました。

ボストン大学のマネジメントスクールで行なわれたこの調査は、4,000以上のICOプロジェクトを対象にして調査が行われており、調達された資金の累計額は120億ドル(約1兆3,000億円)にものぼると説明されています。

現在のICO市場はまだ発達段階にあるため、ICOイベントが過小評価されていることも多いことから、この調査ではICOrating、ICOcheck、ICOdata、ICOdropsなどの有力なICO Webサイトから集めたデータを評価することで今回の調査結果を確認しています。

公開された報告書によると、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行なったブロックチェーンプロジェクトの中で、実際に生き残っているのは44%であると報告されており、いくつかの興味深い内容が報告されています。

また、投資家がトークンを保有しているのは平均して約16日間であるとも説明されており、ICOが"成功した"と見なされるためには、少なくとも1150万ドル(約12億8,000万円)の資金を調達しなければならないことが判明したとされています。

しかしこの数字は、数百万ドル(数億円)のクラウドセールによって歪められていると報告されており、その証明として、中央値を計算した際にその価値が380万ドル(約4億2,300万円)に下がったことが挙げられています。

また、この他にもトークンセールの目標を達成したのは完了したICOの半数以下であることも報告されています。残りの半分以上のプロジェクトは、資金調達の目標に達することができなかったか、公式発表がされないままプロジェクトを継続したとみられています。またこれらの新興企業の中には、投資家の資金を盗んだ詐欺目的のものも含まれています。

Twitterとの関連性

twitter-logo

この調査では、ICOの成功率にはTwitter(ツイッター)での人気度が関連していることも明らかになっています。

ほとんどのICO企業は、開始からおよそ8ヶ月後までにはTwitterアカウントを開設しており、一般的なアカウント開設時期は3ヶ月が経過した頃であることが明らかになっています。

さらに長い間Twitter上で活動を続けていたプロジェクトはそうでないプロジェクトに比べると、僅かながらもより繁栄していることも明らかになっています。また長期間に渡ってトレンドを獲得しているプロジェクトは、そうでないものに比べると価格が上昇する傾向にあることも記されています。

しかしこの報告書では、これは単なる相関関係であって、因果関係とはみなされないということを強調しています。

興味深い点の一つは、Twitterでの活動が欠如していたプロジェクトは失敗に終わることが多いという結果が出ていることです。これはTwitter上での活動状況がそのプロジェクトの将来性を判断する上での一つの指標となることを表しています。

ICOは転換期を迎えている?

stanford

今年の6月には、スタンフォード大学の学生がICOを行わずに16種類の分散型アプリケーション(DApps)を開発しています。彼らは大規模な資金調達を行うことなく、イーサリアム(ETH)のプロトコルに基づいたブロックチェーンを使用して様々なアプリケーションを構築することができることを実証しており、イーサリアム財団からも賞賛を受けています。

スタンフォード大学の学生が開発したDAppsはこちら

セキュリティトークンに関する対応などが明確化されつつある今、ICOによる資金調達やそれらのプロジェクトは大きな変化の時期を迎えているとも考えられます。

ICOを通じて発行されるトークンなどの取引は仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)などで行うことができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

サムスンの家電・電化製品購入者に「最大1.5%のビットコイン還元」Lolli(ロリー)

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

ビットバンク「ビットコイン取引手数料50%還元キャンペーン!」開催へ

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

BITMAX:暗号資産購入でETHがもらえる「2021年新春プレゼントキャンペーン」開催

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月17日〜23日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す