bitFlyer:市場操作・相場操縦の疑いがあるアカウントを凍結へ

by BITTIMES   

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、市場操作などの疑いがあるアカウントを凍結する可能性があることを7月27日に発表しました。同社は先月、金融庁からの業務改善命令を受けて内部管理体制の強化に取り組んでいます。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、6月22日に金融庁から業務改善命令を受けたことを発表し、健全な取引環境を再構築するために"本人確認状況の再点検"や"内部管理体制の強化"に取り組むことを発表していました。

同社はこの発表に合わせて、既存ユーザーの本人確認状況の再点検を終え、内部管理体制の強化が完了するまでの間は、新規ユーザーからのアカウント作成を一時的に停止しています。この発表の後から、ネット上では度々アカウント凍結の報告が相次いでおり『"登録されている氏名"と"本人確認書類の氏名"が違う』などの理由からアカウントが凍結されたという報告も見られています。

先日27日にビットフライヤーは、これらのアカウント凍結に関する発表を行い、『作為的相場形成、相場操縦的行為を行っているおそれのあるアカウントと当社が認めた場合、当社規約に基づきアカウント凍結などの処置を行う可能性がある』と説明しています。

今後の具体的な対応に関しては明らかにされていないものの、これまで行われてきた調査や内部管理体制の整備・強化が完了するまでは、引き続きこのような状況が継続すると考えられます。

突然のアカウント凍結に困惑しているユーザーもいるようなので、心当たりのある方は早めに何かしらの対応をとっておく必要があるでしょう。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイナンスジャパン「暗号資産100銘柄の早期取扱い」を計画=ブルームバーグ報道

バイナンスジャパン「暗号資産100銘柄の早期取扱い」を計画=ブルームバーグ報道

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

SBI傘下の暗号資産取引所「TAOTAO・SBI VCトレード」が合併

仮想通貨の呼び方を「暗号資産」へと変更する方針を発表:金融庁

仮想通貨の呼び方を「暗号資産」へと変更する方針を発表:金融庁

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

仮想通貨取引所「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨取引所「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

クラーケン独自のNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」ベータ版公開

クラーケン独自のNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」ベータ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説