米オハイオ州:ブロックチェーンの中心地を目指す意思を表明|下院議員議長Ryan Smith

by BITTIMES

ブロックチェーン技術の研究が活発に行われているアメリカ(United States of America)では、それらの技術開発や研究の中心地となることを目指す州が増えてきています。オハイオ州下院議員の議長を務めているRyan Smith(ライアン・スミス)氏は、同州がBlockchain技術を扱う代表的な地域となることを望んでいると語っています。

こちらから読む:ブロックチェーン技術が普及するアメリカ|過去のニュースから学ぶ

ブロックチェーンへの関心の高まり

usa-flag

アメリカではブロックチェーン技術への関心が非常に高まっています。テクノロジーが金融技術業界を支配し続けている中で、ブロックチェーンの技術は金融取引やデータ管理の将来を大きく変える可能性があることが最近ようやく明るみになってきました。

その結果、米国内の各地域の議員たちは数千にも昇るブロックチェーンの新興企業に対して呼び込みを行なっており、ブロックチェーン開発の中心地となることを目指しています。いくつかの地域がブロックチェーン開発の中心地として拡大すれば、莫大な収入をもたらしながら、数百万人の人々の経済的関与や技術へのアクセスを増大させることができます。

当初からその最前線を走っていた地域は明らかであり、カリフォルニア州北部に位置するシリコンバレーがその代表格の一つとして、ブロックチェーンの技術やそこから生まれる新しい製品や技術を積極的に受け入れ続けています。

さらにニューヨークには、ブロックチェーン関連への投資や技術開発で活発な活動が行われているウォール・ストリートがあります。

これまでのブロックチェーン関連企業は莫大な収入をもたらしていることなどから、その他の州でもブロックチェーンの中心地になるための取り組みが行われています。

オハイオ州とブロックチェーン

ohio-bockchain

オハイオ州下院議員の議長であるRyan Smith(ライアン・スミス)氏は、2018年8月23日の記者会見の中で「議員たちはブロックチェーン技術に強い関心を持っているものの、彼らのテクノロジーへの関心を現実的なものにするためには、いくつかの重要なことを理解する必要がある」と述べています。

同氏は業界に早い段階から関与することの重要性を強調しており、オハイオ州を最前線に立てるべき理由として、ブロックチェーン技術の変化について語っています。今のところのオハイオ州をブロックチェーンビジネスの中心地として根付かせるための具体的な法案は提案されていませんが、スミス議長はオハイオ州をブロックチェーン技術開発の中心地にすることに関心を持っていることを明らかにしました。

さらに同氏は、この記者会見の中で「ブロックチェーン技術のより良い中心地を作るためには、卒業して実際に就職する前に、教育機関がブロックチェーンの技術について学生たちに教えるための措置を講じる必要がある」とも語っています。

これに関しても実質的な立法措置はまだありませんが、国家がブロックチェーンとの関係を次のレベルに引き上げることは明らかです。

規制上の障壁

regulation

ライアン・スミス議長も述べているように、ブロックチェーン関連の分野では規制などの観点から留意すべき重要な障壁がいくつか存在します。

特に重要な問題点としては、
企業への課税方法
分散型プラットフォームの規制の性質
成長を阻害せずに業界を監視するための方法
などがあります。

このような障壁については、一部の地域や国家だけで完結できる内容でもないことも多いため、現在も世界中の代表者たちの間で活発な議論が交わされています。

しかし、オハイオ州はこれらの問題が障壁になるかどうかに関わらず、米国でブロックチェーンの中心地になるための重要な第一歩を踏み出しており、オハイオ州アクロン大学はNASA(米航空宇宙局)からの支援を受けて宇宙開発にブロックチェーン技術を役立てています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

2019年末、ビットコイン価格「270万円」予想|米中貿易戦争など要因で関心急増か

2019年末、ビットコイン価格「270万円」予想|米中貿易戦争など要因で関心急増か

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

ゲーム中に「仮想通貨マイニングイベント」を開催|NBAチーム:ヒューストン・ロケッツ

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

コンサル大手「PwC」もメタバース参入|The Sandboxの土地LANDを購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck NFT(β版)会員登録・ログイン不要で「サービスページの閲覧」が可能に

Coincheck NFT(β版)会員登録・ログイン不要で「サービスページの閲覧」が可能に

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

カルダノ開発企業「EVMサイドチェーンのアルファ版」をテストネットで公開

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月5日〜11日

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

メルコイン:暗号資産交換業者の登録完了|メルカリでビットコイン取引機能提供へ

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

先物取引:仮想通貨分野の未来、そして暗号資産取引所の新たな戦場へ

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

Mastercard:カード払いで「NFT購入」可能に|複数のNFTマーケットプレイスと協力

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月12日〜18日

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

Zaif:最大3,000円相当のカイカコインがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

Astar Network:コンソーシアム組織「Astar Japan Lab」創設|国内Web3事業者が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す