ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

by BITTIMES   

ブロックチェーンは商品の情報管理や追跡などにおいて重要な技術の一つとして幅広く利用されています。米国の税関・国境警備局(CBP)も、北米自由貿易協定(NAFTA)と中米自由貿易協定(CAFTA)の証明書を検証するためにBlockchain技術を使用することを予定しています。この取り組みが成功することによって、輸入品などの検証作業が合理化され、コストの削減や効率化できることなどが期待されています。

こちらから読む:輸入品の検証作業を合理化できるブロックチェーンの仕組みとは?

米国税関・国境警備局(CBP)は商品が輸出国から輸入されたことを証明し、サプライヤーが「米国の輸入業者に準拠している」ことを証明するためのブロックチェーンプラットフォーム「live fire testing」の開始したと複数のメディアで報じられています。

CBPの事業部門責任者であるVincent Annunziato(ヴィンセント・アンヌンツィアト)氏は、アトランタで行われた「2018年貿易シンポジウム」の中で、9月の公開に先立ってテスト運用をすでに開始していることを明かしています。

実際に政府が行おうとしている取り組みは2つあります。

1つ目は、ブロックチェーンの市場導入を拡大するために健全な方法で支援するための取り組みです。

そしてもう一つの取り組みとして、民間企業が実際にこの技術を利用し始めた時に備えて、政府自身も積極的に準備を整えようとしています。

新しく開始される予定のシステムはモバイルアプリで利用できるようになるとのことで、紙や手作業で行われていた検証作業がデジタルベースに置き換わることによって、コスト削減・効率化・合理化ができることが期待されています。

blockchain

Annunziato氏はこの他にも、商業税関運営諮問委員会(COAC)の最新情報を2017年11月に作成し、財務省と国土安全保障局に商工業の業務について助言するための特別グループを設けたことも明かしています。

同氏によると、このグループは現在IPライセンシーとライセンサーの間の知的財産を検証するためにブロックチェーンを活用する概念実証演習に取り組んでいるとのことです。

CBPのその他の計画には、ブロックチェーン技術を活用して商標やIP審査の目的を検証するためのアプケーションの構築なども含まれています。これらの計画は米国の税関運営における紙ベースのプロセスを排除することを目標としています。

米国税関・国境警備局のKevin McAleenan(ケビン・マカリーナン)局長もシンポジウムの中で、同機関が民間セクターのパートナーや国土安全保障科学技術局の部署と協力してブロックチェーンの「相互運用性基準」に取り組んでいることを明かしています。

ブロックチェーン技術はこのように国家規模の取り組みにも幅広く活用されはじめており、貿易関連だけでなく大統領選挙などにも取り入れられようとしています。選挙投票への活用は米国でもすでにテストが行われており、ロシアウクライナでも同様の取り組みが開始されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

Sirin Labsが「バングラデシュ」に進出|ブロックチェーンスマホ「FINNEY」発売へ

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

仮想通貨が銀行を崩壊させる!バノン氏の強い期待

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

アメリカ・ユタ州:米大統領選挙初の「ブロックチェーン投票アプリ」活用

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す