イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

by BITTIMES

イラン独自の仮想通貨(Cryptocurrency)に関する詳細な情報が明らかになりました。同国は現在、米国の経済制裁を回避することなどを目的に独自の暗号通貨の開発に取り組んでいます。この新しい通貨の設計と開発に取り組んでいる大手銀行システムプロバイダである「Informatics Services Corporations(ISC)」は、それらの機能の詳細を明らかにしています。

こちらから読む:海外の仮想通貨事情は?最近の国際ニュースから

Hyperledger上に構築

Hyperledger-Fabric

イラン政府が主導して開発が進められている独自の仮想通貨は、同国の大手銀行システムプロバイダである「Informatics Services Corporations(ISC)」が設計と開発を行なっています。

1993年に設立されたISCは、銀行システムの中核を担う企業であり、イラン中央銀行にも加盟しています。

ISCによると、イラン独自の仮想通貨は現地の法定通貨である「リヤル」をトークン化することで発行され、「Hyperledger Fabric」の技術に基づいて設計されていると伝えられています。

Hyperledger Fabricは、「Linux Foundation」が提供しているオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。「IBM」と「Blythe Masters」の「Digital Asset Holdings」によって開発されたこのプラットフォームは、元々はサプライチェーン向けのスマートコントラクトを専門としていましたが、通貨としての機能などのその他の用途としても活用することができます。

発行量などは中央銀行が決定

bank

ISCはこの独自通貨について、「イラン国家の暗号通貨のインフラストラクチャーは、イランの銀行や仮想通貨企業も利用することができるように設計されている」と説明しています。

さらにISCは、ブロックチェーンインフラストラクチャが段階的に導入されるとも説明しており、
第1段階では「トークンと銀行間の決済手段
第2段階では「社会における少額決済手段
として使用することを目的としているとしています。

なお、この仮想通貨はプライベート・ブロックチェーンインフラの下で開発されており、「マイニング(採掘)を行うことはできない」とも説明されており、「発行者はイランの中央銀行であり、発行量は銀行の決定に依存する」と付け加えられています。

イラン議会経済委員会のムハンマド・レザ・プーレブラミミ(Mohammad Reza Pourebrahimi)議長は今年の5月に「デジタル通貨を購入するために25億ドル以上(約2750億円)が送金されている」と述べており、7月には「イランから500BTC以上が米国政府によって押収された」と発表しています。

また、仮想通貨の規制案を管轄している政府機関である「サイバースペース最高会議(SCC)」で副長官を勤めているSaeed Mahdiyoun(サイード・マディユーン)氏は、同国の中央銀行が今年の9月末までにビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった主要な仮想通貨に関連する正式な規制方針を発表する予定であることも明かしています。

米国からの経済制裁を受けている国家では、ビットコイン(BTC)のような仮想通貨を購入する動きや、国家独自のデジタル通貨を発行するといった取り組みを行うケースが増えてきています。

仮想通貨ペトロ(PTR)を発行したことで知られているベネズエラでは、現在も深刻な状況が続いており、最近の報告では、2018年内にはインフレ率が100万%を超えるとも言われています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨は通貨ではなく資産である|G20首脳会議

仮想通貨は通貨ではなく資産である|G20首脳会議

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

ブロックチェーンで管理する百科事典「Everipedia」リリース|IQトークンで報酬も

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

MicrosoftがXboxプラットフォームにブロックチェーン技術を活用

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ユーザー数15億人!メッセージアプリ「WhatsApp」で暗号資産が送金可能に

ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

ビットコインP2P取引所「LocalBitcoins」イランユーザー向けのサービスを停止

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

ビットコインは「将来性ある資産」新興国投資の伝道師:Mark Mobius(マーク・モビアス)

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

【G20声明文】仮想通貨に関する「重要ポイント」をわかりやすく解説

【G20声明文】仮想通貨に関する「重要ポイント」をわかりやすく解説

Netflix番組内に「仮想通貨4銘柄」が登場|アイオータ(MIOTA)コミュニティで話題に

Netflix番組内に「仮想通貨4銘柄」が登場|アイオータ(MIOTA)コミュニティで話題に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す