ビットコインが郵便局で購入可能に!【オーストリア】

by BITTIMES   

オーストリア郵便事業者である Österreichische Post(オーストリア・ポスト)は、首都ウィーンを本拠地にする取引所 Bitpanda(ビットパンダ)と協力することで、
ビットコイン、イーサリアム、ダッシュ、ライトコインがオフラインで購入できるサービスを 7月11日にスタートさせた。
今回の両社提携で、400を超える郵便局の支店、取引所と提携した 1,300 のお店で各暗号通貨がオフラインで購入できる。
取引の単位は 50・100・500ユーロで、郵便局での購入後株券や証券のような形で物理的な証明書が発行される。証明書情報を Bitpanda オンラインプラットフォームに入力することで購入した暗号通貨が手に入る。
オフライン取引手数料はオンライン手数料と同額の 3%に設定されており、Bitpanda はオフライン取引を自社の暗号通貨取引の主流にする考えのようだ。
今回の取り組みで、 Bitpanda はこれまで暗号通貨に興味を持っていなかった層の顧客獲得が可能になる。
このサービスで得られる利益は、ユーロ取引の 3倍になる可能性も出ているため暗号通貨への期待度は大きい。

ビットコインでガス・電気料金支払いもスタート

またオーストリア、ドイツにエネルギーを供給する企業 Switch(スイッチ)は、ガスと電気料金の支払いにビットコインが使用できるサービスを開始した。
またオフラインにも対応できるよう、証明書を発行しそのままビットコインで支払いをすることも可能になっている。
この支払いサービスは、オーストリアの消費者にとって初の出来事になる。同社の最高経営責任者の Christoph Schmidt(クリストフ・シュミット氏)は、

「支払い方法のひとつとしてビットコインを導入することで、主にデジタル決済を行なっている顧客の利益を守ります。」

と語る。
現在オーストリアは、ビットコイン取引先進国になりつつあり、卸売商品小売業者 Yipbee(イェピー)は、先月の売上の 10%がビットコインで支払われたと発表している。
今年 2月には、ウィーンにビットコインATMのような、ビットコイン専用の情報ポイントが開設され、暗号通貨に関する情報提供も行われている。
郵便局での購入やガス・電気料金の支払い証明書など、アナログな方法で取り扱われているオーストリアのビットコイン事情だが、実は同国の取引所で最も額が大きい取引方法となっている。
一度証明書を発行するこの方法は、ビットコインの利点を最大限引き出すものではないが「 ITに抵抗がある層」を顧客にする方法としては現状ベストだと考えられる。
日本でも新利用者層の獲得のためにこうした “アナログな方法” を導入することも今後の取引所の課題になってくるのではないだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン企業がプロゴルフ協会「ヨーロピアンツアー」と提携 ー LIFE labs

ブロックチェーン企業がプロゴルフ協会「ヨーロピアンツアー」と提携 ー LIFE labs

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

Coinbase Pro:Ripple(XRP)の取り扱いを開始|上場発表で「10%以上」価格上昇

中央銀行デジタル通貨「eフラン」発行は見送りへ|スイス政府、懐疑的見解示す

中央銀行デジタル通貨「eフラン」発行は見送りへ|スイス政府、懐疑的見解示す

埋立地のゴミをビットコインマイニングに活用「Nodal Power」が1,300万ドルの資金調達

埋立地のゴミをビットコインマイニングに活用「Nodal Power」が1,300万ドルの資金調達

リップル:中東最大級「ナショナルコマーシャル銀行」と提携|約540万人の送金を支援

リップル:中東最大級「ナショナルコマーシャル銀行」と提携|約540万人の送金を支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

コインベース:ニューヨーク州で「XRPの取引サービス」を再開

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

日本でSolanaエコシステムの成長を促進「Superteam Japan」発足

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す