ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

by BITTIMES   

ビットコインは誕生よりわずか 8年でこれまでの通貨の常識を覆した。私たちは向こう100年当たり前になる「通貨の革命前夜」をリアルタイムで体感する生き証人となるかもしれない。さて、そんな革命の一里塚となる新しいプロジェクトが立ち上がった。プロジェクト名はBlockstream Satellite(ブロックストリーム・サテライト)
内容は「人工衛星でビットコインを送金する」というスケールの大きな話だ。プロジェクトを立ち上げたのはブロックチェーン企業の「 Blockstream(ブロックストリーム)」である。ビットコイン開発の中心に位置する Bitcoin Core にも多額の投資も行っている Blockstream だが、なぜ今回ここまで壮大なスケールのプロジェクトを立ち上げたのだろうか?

ビットコインを全世界で使用するために…

現在地球に存在する人類の約半数にあたる「 35億人以上」がインターネットにさえ接続できていない。ビットコインのシステムを利用するにはインターネットにオンラインになっていることが必須だ。
この事実は地球上の半数の人間がビットコインを取り扱える環境にいないことを証明している。しかし、Blockstream Satellite プロジェクトはこの常識を打ち破った。Blockstream Satellite はインターネット不要で人工衛星を介して直接ビットコインネットワークにアクセスできるサービスである。
すでに人工衛星を打ち上げは完了しており、3基をフルに使うことで地球上の 3分の2 の地域でビットコインにアクセスできる環境が整っている。(北アメリカ・南アメリカ・アフリカ&ヨーロッパ)もちろん今後は地球上のどこにいてもビットコインブロックチェーンにアクセスできるようになり、よりビットコインネットワークの強化につながっていく。

Blockstream Satellite の仕組み

Blockstream Satellite の人工衛星を経由してビットコインネットワークに参加するには「小さな衛星アンテナ」と「USB型インターフェース」そして、オープンソフトウェアの「 Software-Defind-Radio(SDR)」があれば良い。小さな衛星アンテナとUSB型インターフェースで人工衛星からのブロック情報をキャッチし、自宅のパソコン上で SDR を使いビットコインネットワークに参加できる。
さらに、アンテナなどの通信機器は 1万円もあれば購入できるほど安い。このプロジェクトの仕組みを使いビットコインネットワークに安定的、安価に参加できるのであれば、取引所やマイナーなども活用できる可能性がある。またBlockstream側では通信状態を安定化させるため「teleports(テレポート)」と呼ばれる送受信の基地局を設置し、ブロック情報を常に人工衛星に送信している。

Blockstream Satelliteの誕生によって

Blockstream Satellite の誕生によって「インターネット環境が無い人々」までもがビットコインを利用できるようになった。また、オンラインでなくてもブロック情報の送受信ができるということは「匿名性の向上」と「セキュリティの強化」につながる。それと同時にビットコインがインターネット環境なしで利用できるということは事実上、国家が規制によってビットコイン取引を「強制的に止めれない」ということだ。
「国家の支配からの脱却」
これはビットコインコミュニティにとって、非常に大きな一歩だったのでは無いだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

Huobi Japan「ビットコインがもらえるキャンペーン」延長決定|2019年末まで開催中

Huobi Japan「ビットコインがもらえるキャンペーン」延長決定|2019年末まで開催中

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

放置型GPS連動ブロックチェーンゲーム「クロスリンク」スマホアプリ正式リリース

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

全ての準備金を「法定通貨→ビットコイン」に交換:カナダの地中海料理レストラン

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型ID管理システム「ION」ベータ版を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨決済企業ワイレックス:多通貨対応の「Wirex Mastercard」発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す