ブロックチェーンプラットフォーム「Klaytn」公開 ー カカオ子会社Ground X

by BITTIMES   

韓国の大手インターネットサービス会社「カカオ(kakao)」のBlockchain開発部門である「Ground X」は、独自のブロックチェーンネットワーク「Klaytn」のテストネットを立ち上げたことを発表しました。

こちらから読む:カカオ社のブロックチェーン開発部門「Ground X」とは

DApps開発のツールキットを提供|Klaytn

Klayton

「Klaytn」は、ブロックチェーンをベースとした分散型アプリケーション(DApps)を簡単に開発することができるチュートリアルとツールキットを提供しています。

「KLAYトークン」と「Klaytn Wallet」

このプラットフォームを活用することによって、ユーザーは大規模なアプリケーションを効率よく開発することができるようになり、エンドユーザーはブロックチェーンの専門知識がなくてもサービスをフルに活用することができます。またこのツールキットには、ユーザーが「Klaytn」で作成した「KLAY」トークンを安全に転送できるようにするための「Klaytn Wallet」も含まれています。

知識共有コミュニティ「BLASQ」

「Klaytn」の公式サイトでは「BLASQ」と呼ばれるサービスも公開されています。
このサービスは、ユーザーがブロックチェーンの知識を共有するための共同作業コミュニティとなっており、他のユーザーに質問したり、それらの質問に回答することができるようになっています。また「BLASQ」で質問に回答したユーザーには報酬として「KLAY」トークンが付与されるとも説明されています。

エンターテイメント・ゲームなど複数の業界が参加

発表によるとこのテストネットには、エンターテイメント、ゲーム、ソーシャルメディアなどのさまざまな業界から10社がパートナーとして参加しているとのことで、その特徴と貢献度に基づいて、
・Tech Alliance(テック・アライアンス)
・Service Partners(サービス・パートナー)
・Consensus Partners(コンセンサス・パートナー)
・Ecosystem Partners(エコシステム・パートナー)
という4つに分類されると説明されています。

拡張性と透明性を備えた高性能ブロックチェーン

またこのような情報に合わせて、プラットフォームの詳細が書かれたホワイトペーパーも公開されています。

公開されたホワイトペーパーによると、このテストネットはスケーラビリティと透明性の両方を達成するために「コンセンサスノード(CNs)」と「レンジャーノード(RNs)」と呼ばれる概念を採用したハイブリッドアプローチが採用されており、テストネット内のブロック伝播間隔は1秒未満に短縮され、1秒あたり最大1,500トランザクションのスループットが提供されると説明されています。

「Ground X」は、ネットワークのソースコードを後の段階で公開することを予定しており、メインネットブロックチェーンネットワークは、来年の第1四半期に開始される予定となっています。

ブロックチェーン技術への大規模投資|韓国カカオ

kakao-groundx

カカオ社は、以前からブロックチェーン技術に積極的な投資を行なっています。
ブロックチェーン技術の研究開発を進めることを主な目的とした「Ground X」は、今年の3月に立ち上げが発表されて以降急速に成長しています。

また、カカオの系列会社である「カカオ・インベストメント」は、ブロックチェーンを活用した美容コンテンツプロバイダー「COSMOCHAIN(コスモチェーン)」に推定1億円を超える大規模な投資を行なったと報じられています。

これまでにも本格的にブロックチェーン関連の事業に取り組んできたカカオ社は、今後さらにその勢いを増して新たなサービスを提供していくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

ブロックチェーンは「金融業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「金融業界」をどのように変えるのか?

米人気アニメ「ザ・シンプソンズ」仮想通貨を「未来のお金」として紹介

米人気アニメ「ザ・シンプソンズ」仮想通貨を「未来のお金」として紹介

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

暗号資産ATM「違法行為目的」で使用されている可能性|資金洗浄などに悪用か

Chiliz Exchange:アトレティコ・マドリードの公式ファントークン「ATM」本日上場へ

Chiliz Exchange:アトレティコ・マドリードの公式ファントークン「ATM」本日上場へ

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

ブロックチェーンゲームSGEM:新システム「1V1チャレンジ戦」を追加

Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

Braveアプリ:日本のAppStore無料ランキングで「2位」獲得

Twitter:新たな暗号資産のハッシュタグに「絵文字表示」発行企業はキャンペーン開催

Twitter:新たな暗号資産のハッシュタグに「絵文字表示」発行企業はキャンペーン開催

コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

コインチェック「NEM・QTUMの自動積立サービス」提供開始|上限金額も引き上げ

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Jubilee Ace:独自の暗号通貨「アクアナイト(AQUAnite/AQN)」を初ローンチ

Jubilee Ace:独自の暗号通貨「アクアナイト(AQUAnite/AQN)」を初ローンチ

マネックス証券:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の「第一種会員」に入会

マネックス証券:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の「第一種会員」に入会

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

返金機能付きの「次世代型資金調達システム」ダイナミックコインオファリング(DYCO)

DeCurret:BTC売買で「現物ビットコインがもらえる」還元キャンペーン開催へ

DeCurret:BTC売買で「現物ビットコインがもらえる」還元キャンペーン開催へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

人気のタグから探す