SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)を活用した資金調達方法を提供している「SportyCo(スポーティコ)」は、イングランドのプロサッカークラブ「Hull City AFC(ハル・シティAFC)」を4,500万ドル(約66億円)で買収することを計画しています。

こちらから読む:ハル・シティAFCの買収を計画している「SportyCo」とは

イングランドのプロサッカークラブ|Hull City AFC(ハル・シティAFC)

Hull-City-logo

「Hull City AFC(ハル・シティAFC)」は、イングランド北部にあるヨークシャーのキングストン・アポン・ハルをホームタウンとするプロサッカークラブです。

1904年に創設されて以降、100年以上の続いていきた長い歴史を持つ同クラブチームは、2018年10月時点では「イングリッシュ・フットボールリーグに所属しており、「タイガース(Tigers)」の愛称で親しまれています。

同クラブチームの元会長であるPaul Duffen(ポール・ダフェン)氏は先週、サウジアラビアの民間投資家の支援を受けてクラブを買収する意向を明らかにしました。ダフェン氏は以前「Hull City」の会長に就任しており、チームを初の「プレミアリーグ」にまで導いたものの、2009年には厳しい金融危機によってクラブを辞任しています。

ダフェン氏による買収に注目が集まっていたものの、最近の発表では「ハル・シティAFC」の入札にブロックチェーン企業である「SportyCo(スポーティコ)」も参加することが明らかになりました。スポーティコは「Hull City AFC」買収のために4,500万ドル(約66億円)を準備していると伝えられています。

ブロックチェーン技術でチーム運営を一新|SportyCo

sportyco-logo

「SportyCo」は、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用することによって、全く新しいクラブチームの運営方法を可能にするサービスを提供しています。同社は、クラブのファンの人々が実際にチームの運営に参加することができるプラットフォームを提供しており、このプロジェクトに参加するクラブチームの拡大を図っています。

そのため、実際に「SportyCo」がハル・シティAFCを買収することになれば、ハル・シティのファンはチームのオーナーの一部になることができる機会を得ることができます。オーナーとしての権利を手にすることを望むファンは、「SportyCo」のプラットフォームに参加して、そこから「Hull City Coin」を購入することによって、チームの運営に関する決定に参加することができます。

スポーティコのプロジェクトには、すでにいくつかのクラブチームの参加が決定していると伝えられており、ここ最近でさらに注目を集めています。ハル・シティAFCが今回の買収提案に合意するかどうかはまだ未定ではあるものの、サッカー業界で広がりつつある、このような新しいチーム運営方法は今後もさらに拡大していくことが予想されています。

SportyCo(SPF)の価格|2018年10月9日

SportyCo(SPF)の価格は、今年の初めに約85円近くまで上昇したものの、仮想通貨市場全体の下落によって1円まで価格を下げており、2018年10月9日時点では「1SPF=約2円」で取引されています。

SPFのチ長期的なチャート(引用:coingecko.com)SPFのチ長期的なチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

国際的な業界団体「世界ステーブルコイン協会(WSA)」発足|多数の関連企業が参加予定

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

ビットコインが「世界で最も興味深い財産」である7つの理由|金を超える未来の資産に

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

デザインが変化するブロックチェーンアート「103.4ETH」で落札【Async Art】

Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

Ripple社「YouTube」に対して訴訟|XRP関連詐欺を放置・助長したと指摘

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

9歳の少年が自作アートをビットコインで販売「Lightning Network」でお小遣い稼ぎ

注目度の高い仮想通貨ニュース

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

ナイジェリア:中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト「2021年10月まで」に開始

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す