SportyCo:ブロックチェーンで「スポーツファイナンス」に革命を|クラブや選手を支援

by BITTIMES

ブロックチェーン(Blockchain)仮想通貨(Cryptocurrency)の技術はスポーツ業界に「金融革命」をもたらそうとしています。そのような時代の流れに参加することを望むサッカー業界を始めとした様々な分野のクラブチームや選手の支援を行なっている最先端プロジェクト「スポーティコ(SportyCo/SPF)」のサービスを紹介します。

こちらから読む:SportyCoの基盤を支える「ブロックチェーン」の仕組み

スポーティコ(SportyCo/SPF)とは

sportyco-logo

SportyCo(スポーティコ)とは、資金面での問題を抱えているスポーツクラブや選手を支援しているプロジェクトです。

ブロックチェーン技術を活用したクラウドファウンディングのサービスなども提供しており、仮想通貨やブロックチェーン技術を利用した最新の資金調達プラットフォームを提供しています。スポーツ選手やクラブチームなどの団体は「SportyCo」のサービスを利用することによって、これらの資金調達プラットフォームを簡単に使用し始めることができます。

18歳以上の人であれば「SportyCo」が提供している投資・寄付プラットフォームである「Smart Manager Platform」の投資家になることができます。

アカウントを作成すると、そのぞれの投資家にERC20互換のウォレットが割り当てられます。「SportyCo」が発行している「SPFトークン」を受け取ることによって投資家は投資を開始することができます。

SMART MANAGERプラットフォーム

SMART MANAGERプラットフォームは、ブロックチェーン技術を基盤としたクラウドファウンディングのプラットフォームです。

資金を募りたいと考えているスポーツ団体と、幅広い層の投資家を結びつける役割を果たしており、アスリート、チーム、クラブ、その他のスポーツ団体を問わず、スポーツに関係するすべての人々が使用できるようになっています。

このプラットフォームには、仮想通貨をベースとした「寄付」のためのプラットフォーム(寄付モジュール)と、仮想通貨で報酬を獲得できる可能性を持った「投資」のためのプラットフォーム(投資モジュール)の2種類が提供されています。

寄付モジュール

寄付モジュールでは、選手にブロックチェーンベースの寄付プラットフォームを提供しています。現時点での成果や将来の計画などを記入したプロファイルを作成し、特定のクラウドファンディングの目標をリストアップすることで資金を調達することができるようになっています。

SportyCoのアカウントを作成することによって、誰でも無料で参加することが可能となっており、基本情報や募金のターゲットなどの必要な情報を入力することで、シンプルに新規プロジェクトの募金を募ることができます。

基本的な募金活動やプレゼンテーションなどは、各クラブチームや選手に任されていますが、「SportyCo」から資金調達を始めるための「無料ガイド」なども提供されているため、初めての資金調達でも比較的簡単な方法で募金活動を開始することができます。

投資モジュール

投資モジュールは、様々な種類のスポンサーシップによる詳細な契約のサポートを提供します。

スマートコントラクトを活用することによって、複雑な投資を可能にし、アスリート、クラブ、その他のスポーツ団体が早期投資と引き換えに、将来の収入やその他の収入をシェアすることを可能にします。

投資モジュールでは、ブロックチェーン/スマートコントラクトベースのプラットフォームが提供されており、現在の成果や将来の計画を示すプロファイルを作成することができます。

このプラットフォーム上で資金調達を行うユーザーは、自由に投資目標を選択し、投資した資金の使用方法を決定することができます。また、投資と引き換えにどのような権利を提供したいのかも自分で決めることができます。

Newcastle United FC(ニューカッスル・ユナイテッドFC)

Newcastle-United-logo

イングランドのプレミアリーグに所属するサッカークラブである「Newcastle United FC(ニューカッスル・ユナイテッドFC)」は、SportyCoと協力して独自の仮想通貨の発行を計画していると伝えられています。

報道によると、Newcastle United FCは「SportyCo」からの支援を受けてICOを行い「セキュリティトークン」または「ユーティリティトークン」を発行すると言われています。

トークンが実際に発行されることになれば、投資家の人々はそれらのトークンを購入することでクラブチームの発展から利益を得ることができる他、今後提供されるサービスでの取引手段としてそれらのトークンを利用することができるようになると期待されています。

Cardiff City FC(カーディフ・シティFC)

Cardiff-City-FC-logo

ウェールズの首都カーディフを本拠地とするサッカークラブである「Cardiff City FC(カーディフ・シティFC)」も同様に「SportyCo」のサービスを利用して資金調達を行うことを計画していると伝えられています。

この報道は先述した「Newcastle United FC」の独自通貨発行の報道と同時に伝えられており、資金調達のための独自トークンを発行すると伝えられています。

ブロックチェーンに積極的なスポーツ業界

スポーツ業界は、仮想通貨やブロックチェーン技術を非常に積極的に取り入れています。

「SportyCo」だけでなく、その他多くのブロックチェーンプロジェクトがスポーツ業界との繋がりを持っており、独自の仮想通貨を発行している選手や、スポンサー契約を発表しているチームなども数多く報告されています。

当メディアでは今回紹介したサッカー業界の先駆者たちと共に、スポーツ業界全般のブロックチェーン技術と関わりを持つチームをまとめて紹介しているので、その他の記事も合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SFテレビドラマシリーズ「Doctor Who」のブロックチェーンゲーム開発へ

SFテレビドラマシリーズ「Doctor Who」のブロックチェーンゲーム開発へ

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

リトアニア中央銀行:NEM基盤のコレクターコイン「LBCOIN」今月中にも販売開始

リトアニア中央銀行:NEM基盤のコレクターコイン「LBCOIN」今月中にも販売開始

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す