ブロックチェーン搭載車両の開発に向け「MOBI Grand Challenge」トーナメント開催

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術を搭載した車両の本格的な開発に向けたトーナメントが2018年10月12日から開催されます。BMWをはじめとした複数の大手自動車メーカーも参加している「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)」と、大手企業などの同盟組織である「Trusted IoT Alliance(TIoTA)」が協力して実施するこのトーナメントでは、賞金として100万ドル(約1億1,200万円)を超えるトークンが配布される予定となっています。

こちらから読む:ブロックチェーン技術を車両に搭載する「メリット」とは

ブロックチェーン車両トーナメント|MOBI Grand Challenge

ブロックチェーン技術を搭載した、新しい自動車に採用するソリューションを決定するためのトーナメントが2018年10月12日から開催されます。

このトーナメントは、2018年5月に大手自動車メーカーである
BMW(ビー・エム・ダブリュー)
Ford(フォード)
・Renault(ルノー)
・General Motors(ゼネラル・モーターズ)
が提携を結び、複数のブロックチェーン企業と共にを立ち上げた「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)」と、複数の大手企業が参加している「Trusted IoT Alliance(TIoTA)」が協力して開催します。

「MOBI Grand Challenge(MOBI・グランド・チャレンジ)」と呼ばれるこのイベントは、車両データを共有して、効率的に移動ができるように機能性を向上させた車両システムの「実際に使用できるブロックチェーンネットワーク」を開発することを目標にしています。

この初めてのトーナメントでは最初の4ヶ月間で、車両の動きを調整し、都市における交通環境を改善するために「ブロックチェーン技術の潜在的用途」を証明することが求められています。

受賞者には「100万ドル」相当のトークン

bitcoin

今後3年間を通して行われるこの技術コンテストは、現在世界中から参加者を募集しており、受賞者には賞金として100万ドル(約1億1,200万円)を超えるトークンが授与される予定となっています。

トーナメントの受賞者には、「Beyond Protocol(ビヨンド・プロトコル)」から与えられる25万ドル(約2,800万円)相当のトークンと、「Ocean Protocol(オーシャン・プロトコル)」から与えられる10万ドル(約1,100万円)相当のトークンを含む、合計35万ドル(約4,000万円)相当の賞がいくつかのカテゴリーに分けて授与されます。

「Beyond Protocol」とは、IoT(Internet of Things)デバイスを保護するために分散型台帳技術(DLT)を適用するソリューションを開発している企業であり、「Ocean Protocol」は、ブロックチェーンに基づいた分散データを変換するサービスを提供している企業です。

この「MOBIグランドチャレンジ」では最終的に、Ocean Protocolから1億ドル(約112億円)相当のトークンが授与され、Beyond Protocolからはプロトコルネットワーク上で使用することができる250,000ドル(2,800万円)相当のトークンが授与される予定となっています。

2019年2月には「MOBIコミュニティ」のメンバーでもある「BMW Group」が、ドイツのミュンヘンでイベントを開催し、この4ヶ月間のトーナメントで選ばれた技術が実演される予定となっており、トーナメントで見出された成果は、今後3年間をかけてブロックチェーンカー(BlockchainCar)を開発するための技術的な基盤として使用されることになっています。

MOBIの取締役会のメンバーであるZaki Manian氏は次のように述べています。

この新たなトーナメントは、IoT業界でのブロックチェーンの活用を促進するきっかけとなるでしょう。この分野のエンド・ツー・エンド(*1)を証明した企業はほんのわずかですが、この挑戦はそれを可能にすることができます。
(*1)エンド・ツー・エンド:通信ネットワークを利用して2者を結ぶ経路全体、またはその両端

自動車業界では、ブロックチェーンなどの最新技術が次々に取り入れられており、車両の運転などの自動化に向けた取り組みが加速しています。これまでにも数々の自動車メーカーが新しいプロジェクトを発表しており、これらの複数の取り組みには世界中から注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

ブロックチェーンは「虹彩認証」実用化の鍵?セキュリティ向上で身分証明も簡単に

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

EUはフィンテック行動計画でブロックチェーンの活用を目指す

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月29日〜10月5日

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

【令和元年】確定申告の「納期限・振替納付日」を公表:国税庁

【令和元年】確定申告の「納期限・振替納付日」を公表:国税庁

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す