3.11からの復活となるか?「福島でブロックチェーン送電システムのテスト開始」

by BITTIMES

3.11 から早 6年。
「福島と発電所」というキーワードは日本人なら誰でも忘れることのない言葉だと思います。
当時問題になった「電力の問題」は、私たち日本人の新たな「課題」を残しました。
そして今回、被災地である福島県が主導となってブロックチェーンを使用した「次世代型の電力分配システムプロジェクト」のテスト運用がスタートしました。
この次世代型電力分配システムは、「太陽光発電」で作り出した電力を、ブロックチェーンを使用した「バーチャル発電所」から、各家庭に「分配」するシステムです。
この「バーチャル発電所」の運用が成功すれば、私たちは「安定的な電力の供給」を、現在発電量が少なく実用化ができていない「再生エネルギー」で得ることができます。
プロジェクト自体は、株式会社会津ラボが今年に入ってから運用をスタートさせており、今回、福島県会津若松市の 1000世帯がテストの対象になっています。
本格的なテストは、来年 1月から運用となる予定ですが、このテストが成功することで、「電力供給量」と「送電量管理」、そして「電気料金の支払い」が全てブロックチェーン上で完結することが証明されます。
つまり、現在の発電所が行なっている仕事を、全てブロックチェーンが行うことになり、いわばテスト成功で「バーチャル発電所」の誕生となります。
「発電所」で大きな課題を残した私たち日本の電力産業ですが、この「バーチャル発電所」が誕生すれば日本の電力システムを大きく変えるシステムになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

「バンク・オブ・アメリカ」 ブロックチェーン技術の未来への期待

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

中国の仮想通貨関連の規制に関して解説|中国人民銀行の周氏

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

Huawei(ファーウェイ)がブロックチェーンサービスを発表

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す