3.11からの復活となるか?「福島でブロックチェーン送電システムのテスト開始」

by BITTIMES   

3.11 から早 6年。
「福島と発電所」というキーワードは日本人なら誰でも忘れることのない言葉だと思います。
当時問題になった「電力の問題」は、私たち日本人の新たな「課題」を残しました。
そして今回、被災地である福島県が主導となってブロックチェーンを使用した「次世代型の電力分配システムプロジェクト」のテスト運用がスタートしました。
この次世代型電力分配システムは、「太陽光発電」で作り出した電力を、ブロックチェーンを使用した「バーチャル発電所」から、各家庭に「分配」するシステムです。
この「バーチャル発電所」の運用が成功すれば、私たちは「安定的な電力の供給」を、現在発電量が少なく実用化ができていない「再生エネルギー」で得ることができます。
プロジェクト自体は、株式会社会津ラボが今年に入ってから運用をスタートさせており、今回、福島県会津若松市の 1000世帯がテストの対象になっています。
本格的なテストは、来年 1月から運用となる予定ですが、このテストが成功することで、「電力供給量」と「送電量管理」、そして「電気料金の支払い」が全てブロックチェーン上で完結することが証明されます。
つまり、現在の発電所が行なっている仕事を、全てブロックチェーンが行うことになり、いわばテスト成功で「バーチャル発電所」の誕生となります。
「発電所」で大きな課題を残した私たち日本の電力産業ですが、この「バーチャル発電所」が誕生すれば日本の電力システムを大きく変えるシステムになるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Alibaba Cloud:ブロックチェーン製品「世界規模」で提供へ ー 拡大するBaaS市場

Alibaba Cloud:ブロックチェーン製品「世界規模」で提供へ ー 拡大するBaaS市場

ビットバンク:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

不動産売買サイト「Viila」公開|仮想通貨決済対応・所有権のトークン化なども予定

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

【追記あり】シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

【追記あり】シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

自民党NFT:ブロックチェーンは「Polygon」を採用|HAZAMA BASEを活用

自民党NFT:ブロックチェーンは「Polygon」を採用|HAZAMA BASEを活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説