2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

by BITTIMES   

中国で仮想通貨の格付けを毎月行なっている「CCID」は、第6回目となる2018年10月の暗号通貨のランキングを発表しました。今月は、イオス(EOS)が1位、イーサリアム(ETH)が2位、ビットシェアーズ(BTS)が3位となっています。

こちらから読む:中国格付け機関「CCID」評価基準と過去のランキング

ランキング「トップ3」は変わらず

EOS-top

CCIDは、2018年6月からイオス(EOS)を高く評価し続けています。総合評価でのトップ2通貨はイオスとイーサリアムが維持し続けており、3位にランクインする通貨は度々変化しています。しかしながら今回の上位3通貨は先月の格付け結果から変化しておらず、
1位ーイオス(EOS)
2位ーイーサリアム(ETH)
3位ービットシェアーズ(BTS)
という結果を前回から維持しています。

リップルは15位から7位に

XRP

その他の銘柄では大きな変化も見られており、ここ最近で良いニュースが続々と報じられていたリップル(Ripple/XRP)に関しては、前回15位だったのに対して今回は7位にまで順位を上げています。

その一方でビットコインは徐々に順位を下げてきており、2018年10月の順位は19位となっています。イノベーションの分野では圧倒的な高評価を獲得していますが、その他の仮想通貨に対する評価が高まってきていることを考えると、ビットコインはこれからさらに順位を下げる可能性があるとも考えられます。

仮想通貨格付け結果|2018年10月

2018年10月の格付け結果と評価内容は次の通りです。

1〜10位

通貨名技術適用範囲イノベーション総インデックス総合ランキング
EOS101.420.129.0150.51
Ethereum77.828.929.6136.32
BitShares87.913.39.5110.63
Nebulas72.424.213.8110.44
NEO74.226.78.0108.95
Steem85.19.811.3106.16
Ripple72.013.118.3103.47
GXChain75.220.27.6103.08
NULS65.314.322.4102.19
Komodo69.914.615.499.910

11〜20位

通貨名技術適用範囲イノベーション総インデックス総合ランキング
Lisk66.715.617.099.411
Stellar71.219.87.198.112
Ark65.517.015.598.013
IOTA66.414.315.195.814
Waves60.119.216.395.615
Stratis63.816.114.594.416
Qtum62.422.38.993.717
Cardano58.612.821.793.018
Bitcoin43.015.034.692.519
Verge68.014.16.788.720

21〜33位

通貨名技術適用範囲イノベーション総インデックス総合ランキング
Monero55.312.319.687.221
Ethereum Classic66.013.86.186.022
NANO59.814.711.285.823
Tezos56.012.516.384.824
Zcash52.115.415.082.525
Dash50.020.610.180.726
Hcash65.112.12.379.527
Bitcoin Cash44.919.512.677.128
Sia55.211.410.076.629
Bytecoin61.311.12.675.030
Litecoin45.710.414.070.031
Decred47.110.68.666.332
NEM45.916.21.863.933

基本技術トップ5

  1. イオス(EOS/EOS)
  2. ビットシェアーズ(Bitshares/BTS)
  3. スチーム(Steem/STEEM)
  4. イーサリアム(Ethereum/ETH)
  5. ジーエックスチェーン(GXChain/GXS)

適用範囲トップ5

  1. イーサリアム(Ethereum/ETH)
  2. ネオ(NEO/NEO)
  3. ネブラス(Nebulas/NAS)
  4. クアンタム(Qtum/QTUM)
  5. ダッシュ(Dash/DASH)

イノベーショントップ5

  1. ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  2. イーサリアム(Ethereum/ETH)
  3. イオス(EOS/EOS)
  4. ナルス(Nuls/NULS)
  5. カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)

CCID絶賛の仮想通貨「イオス(EOS)」とは

CCIDは今回の格付けに伴い『イオスとイーサリアムは間違いなく世界における分散型アプリケーション(DApps)開発に最適なプラットフォーム』だと説明しており、イオス(EOS)のDAppsが非常に多くの人々に愛用されていることを説明しています。

EOSはトランザクション処理において非常に高い性能を備えていることでも知られており、将来的には「100万/秒」ものトランザクション処理を実現できるとも言われています。また、ETHとは異なり、プラットフォームを無料で利用することができるため、開発者にとっても利用しやすいプラットフォームとなっています。

しかしながら、EOSは以前からブロックチェーン自体に脆弱性があるといった指摘されており、開発者の間でも意見が分かれています。CCIDのように非常に高く評価する意見もあれば、厳しい批判の声も出ているため、格付けを行う機関によっては評価にやや違いもあります。しかしながら多くの格付け機関はEOSを高く評価しており、その中でもCCIDは特にイオスを高く評価している代表的な格付け機関であるため、今後もCCIDによるEOSへの高評価は続くことが予想されます。

技術面などに対する意見が賛否両論あるにしても、イオスが大きな話題性を持った注目の仮想通貨であることは間違いないと言えるでしょう。EOSは2018年11月2日時点では「1EOS=約607円」で取引されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

DeFiプロジェクトKava:クロスチェーンマネーマーケット「Harvest」公開へ

アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

仮想通貨取引や決済の「消費税・所得税」免除する方針を発表:ポルトガル税務当局

仮想通貨取引や決済の「消費税・所得税」免除する方針を発表:ポルトガル税務当局

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

Visa:CryptoPunksのNFTアート作品「約1,650万円」で購入

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

米Coinbase:BTC・ETH・PoS・DeFi関連の暗号資産に「5億ドル」投資へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

オープンワールドアクションRPG「Stormrite」EnjinのNFTアイテム導入へ

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

日本円ステーブルコインJPYC「QUOカードPayとの交換機能」提供へ

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

チリーズ(Chiliz)2021年第2四半期に「合計8,888,888CHZ」をバーン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す