ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

by BITTIMES   

米国最大の民間企業であり、食品大手としても知られるCargill(カーギル)は、クリスマスや感謝祭を祝う人々が購入した七面鳥を追跡できるようにするためにブロックチェーン技術を導入したプロジェクトに取り組んでいます。昨年から試験的な試みを続けている同社のプログラムは順調にその規模を拡大しています。

こちらから読む:牛肉・野菜・果物など「ブロックチェーン」は農業を変える

七面鳥の「生産情報」を追跡|Cargill

Cargill logo

七面鳥の消費量などの調査を行なっている「National Turkey Federation(ナショナル・ターキー・ フェデレーション)」のデータによると、アメリカで感謝祭シーズンに消費される七面鳥の数は約4,600万羽にものぼると報告されています。しかしながら、七面鳥がどこで養殖され、どのような方法で生産されたのかを知っている人はほんの数人しかいなかったと報告されています。

世界最大の売上高を誇る非上場企業であり、アメリカ最大の七面鳥供給事業者でもある「Cargill(カーギル)」は、人々がより安心してチキンを食べることができるようにブロックチェーン技術を用いて七面鳥の生産情報を追跡することができるサービスの開発に取り組んでいます。

Cargillは、自社ブランドである「Honeysuckle White(ハニーサックル・ホワイト)」の七面鳥にブロックチェーン技術を用いた追跡システムを活用しており、昨年試験的に行なわれた実験では、4つの農家の約6万羽の七面鳥を対象に追跡が行われています。

カーギルは公式発表の中で、今年はさらにその量と範囲をさらに拡大して、70以上の農場の約20万羽の七面鳥を対象にブロックチェーン技術での追跡を行なっていることを報告しており、これらの対象となる農場の人々は今回のプログラムに参加することに大きな関心を示したとも伝えられています。

追跡コードで「安全性」を証明

blockchain-mark

Cargillは公式発表の中で「食品に透明性を与え、消費者が選択できるようにすること」の重要性を強調しており、同社が食品サプライチェーンの信頼と透明性の向上に取り組んでいることを説明しています。

「Cargill Protein and Salt」の最高情報責任者であるDebra Bauler(デブラ・バウラー)氏は、プレスリリースの中で次のように述べています。

Cargillは、業界全体に利益をもたらし、お客様を支援するためにブロックチェーンなどの技術に投資して食品や農業のサプライチェーンをデジタル化しています。

「Honeysuckle White turkeys」の透明性をさらに拡大させるこのプログラムは、食品サプライチェーンの信頼と透明性を高めることができるため、お客様はより自信を持って食品を購入することができるようになります。

一度に大量の商品が流通する場合には、何か問題が発生した際に問題の発生源を特定することが難しくなるため、クリスマスや感謝祭に急激に需要が高まる「七面鳥」の生産工程や流通のプロセスを追跡できるようにすることは非常に重要であると言えます。

Cargillが生産している「Honeysuckle White Turkeys」は、管理者側が情報の追跡を簡単に行うことができるだけでなく、パッケージにプリントされたコードを公式サイトで入力するだけで、消費者も簡単に生産者の情報を確認することができるため、実際に購入する前に生産者情報を確認することもできるようになっています。この仕組みを取り入れているCargillの七面鳥は、食品の安全性を重視している人々にとって非常に魅力的な商品となっています。

食品汚染にも活用される「ブロックチェーン技術」

Agriculture

食品の安全性や信頼性を向上させるためにブロックチェーン技術を活用する取り組みは、その他の大手企業も続々と採用し始めています。世界最大の小売業者である「Walmart(ウォルマート)」は、店舗で販売するレタスの安全性を向上させ、食品汚染などの問題に対処するためにブロックチェーン技術の活用に取り組んでいます。

食中毒や異物混入などの問題が世界中で問題として取り上げられている現代社会において、ブロックチェーン技術を用いた「食品追跡システム」はこれから非常に重要な役割を担ってくることになると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

スイス大手ビジネス誌:仮想通貨を「一面記事」で特集|BTC称賛するコメントも

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

BOSCH:IOTA用いた「電子決済システム」で特許申請

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

ブロックチェーンが物流業界にもたらす可能性とは?

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

注目度の高い仮想通貨ニュース

CryptoKitties開発企業:ブロックチェーンテスト環境「Flow Playground」公開

CryptoKitties開発企業:ブロックチェーンテスト環境「Flow Playground」公開

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

IOTA創業者:Trinityウォレットで盗まれた「約8.5兆MIOTA」自己資金で返済へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

Cardano開発企業:2020年は「教育活動」に注力|教材・講義・学習コースなど展開へ

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)がUSDT無期限契約を開始|選択肢の拡大とリスクマネジメントが可能に

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

XRP Ledger上で「トークン発行」が可能に?Ripple社が新機能開発

XRP Ledger上で「トークン発行」が可能に?Ripple社が新機能開発

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す