ビットコイン決済可能なオークション開催「イタリアが世界初」

by BITTIMES   

イタリアの競売会社「 Sant'Agostino(サンタゴスティーノ)がビットコインで支払いが可能なオークションを開催することを公表しました。
ビットコインでの支払いを行うオークションは世界初の試みだと同社は報道しています。
今回のオークションでは家具を中心とした 600点の商品で、Sant'Agostino 社は来月に行われる予定の絵画・宝飾品・時計のオークションでもビットコイン決済を受け付けると話しています。
世界では国家に縛られないビットコインの信用度が高まりつつあると言われており、日本でもビットコイン決済が可能な店舗が増加し続けています。
>>「ビットコイン決済導入企業一覧

ビットコイン決済を求める美術品市場

あまり知られていないことですが、ビットコインと美術品市場は、非常に相性が良いことで業界関係者が注目しています。
美術品は高額で売買されることが多く、また国際的な取引が中心です。
こうした市場の特殊性から美術品の売買には「決済」に多くの問題を抱えています。
数千万円という額を国際送金すると、送金そのものができなかったり、また送金できたとしても時間がかかりすぎたり、政府の調査が入る場合もあります。
「取引に時間がかかる」ということは、お金の循環、販売者のキャッシュフローが悪くなります。
資金が入らなければ、美術品を取り扱う企業は次の美術品を購入できないということですから、機会的損失が生まれることになります。
しかし、ビットコインを使用した場合、上記のような問題は全てクリアできます。
また、即売会などでは「その場で清算」できることになるので、作品をそのまま持って帰ってもらうこともできます。
美術品は一点ものなので「後払い」をすることを業界が禁止しており、必ず決済完了後の引渡しが業界のルールとして存在しています。
美術品のビットコイン決済が導入されれば、国際美術オークションなどで、数千万円、数億円レベルの取引が活発化し、かつてないほど業界全体が潤っていくはずです。
むしろ、これからの美術品業界はビットコイン決済を優先的に取り入れて、支払いリスクの軽減とキャッシュフローの改善を行っていくべきだと考えられます。
すでにドバイやニューヨークでは、ビットコインでないと支払いを受け付けられない不動産物件も出てきており、高額商品とビットコインの相性の良さが注目されだしています。
関連記事
→「ビットコイン初の不動産投資プロジェクトがドバイでスタート
→「イーサリアムが少額の不動産投資を可能にした
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

Sociosアプリに「ゲームと報酬・特別優待」機能追加|観戦チケットのランダム抽選会も

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

暗号資産取引を可能にするWordPressプラグイン「300以上」のウェブサイトで稼働

暗号資産取引を可能にするWordPressプラグイン「300以上」のウェブサイトで稼働

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

仮想通貨が使えるナイトクラブ「More Las Vegas」バイナンスコイン(BNB)決済を導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

Huobi Japan:ビットコイン取引手数料が「無料」に|キャンペーン期間を延長

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す