ビットコイン価格は「34万円」まで下落する|Genesis Capital Trading CEO

by BITTIMES

仮想通貨トレーディング企業「Genesis Capital Trading」のCEOであるMichael Moro(マイケル・モロ)氏は、CNBCとのインタビューの中でビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は3,000ドル(約34万円)になるまで底を打つことはないと語りました。

こちらから読む:下落相場で意見が割れる「ビットコイン価格予想」

Michael Moro(マイケル・モロ)とは

moro

Michael Moro(マイケル・モロ)氏は、機関投資家向けに仮想通貨のOTC取引(店頭取引)を提供している「Genesis Capital Trading」でCEOを務めている人物です。

Genesis Capital Tradingは、ニューヨークで正式に仮想通貨事業を行うためのライセンスである「BitLicense」を受けている企業でもあり、ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)から許可を受けた5番目の企業としても知られています。

モロ氏は今年の8月末には、ビットコイン価格は1万ドル(約113万円)になる可能性があるとも語っていたものの、2018年11月23日にCNBCの番組に出演した際には、BTC価格が3,000ドル(約34万円)で底を打つとの予想を語っています。

長期投資家は楽観的

モロ氏は、ビットコイン価格がさらに下落する理由について、抵抗の数が少ないことなどから3,000ドル半ばで価格が安定することはないと述べており、4,000ドル(約45万円)のラインは過去2〜3日で2回試されていると説明しています。

同氏は、ビットコインが過去10年間の歴史の中で、75%以上の価格下落を5〜6回ほど繰り返してきていることを挙げ、長期的に市場を見ている機関投資家は3〜5年のスパンで考えているため、ビットコイン価格が2018年にいくらで終わるかはさほど気にしていないだろうとの見解を示しました。

investment

このような理由からモロ氏は、『長期投資家はこのような相場でも冷静に対処して価格が持ち直すまで待つ』と述べており、下落中にむやみに買わないようにアドバイスしています。ビットコイン価格がピークに達した時点と今を比較すると、価格は大きく下落しているように感じられるものの、下落率としては過去に起きた暴落と比較するとそれほど大きなものではないため、長期的に市場を見ている機関投資家は現在の価格をそれほど重大に捉えていないとモロ氏は考えています。

ビットコインの底値が3,000ドルであると考えているモロ氏は、BTC価格が4,000ドルのサポートラインを下回った際に3,000ドルにまで下落するものの、取引量自体は昨年よりも増加しているため、ビットコインが終わるわけではないと判断しており、長期的な視野を持つことが重要だと述べています。

長期的に市場を捉えることが重要だという意見はその他にも多く見られており、最近では仮想通貨ベンチャーキャピタル企業「CryptoOracle(クリプトオラクル)」のパートナーであるLou Kerner(ルー・カーナー)氏や、セキュリティ専門家であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏らも同様の意見を語っています。

価格下落の影響は「マイニング企業」にも

help

仮想通貨業界には、価格下落の影響が徐々に現れ始めてきています。ビットコインのマイニングで利益を得られるラインは6,000ドル(約68万円)ほどだと考えられていましたが、現在はその価格を大きく下回っているため、多くのマイニング企業が一時的にマイニングを停止しており、マイニング関連の中小企業が倒産しているとも伝えられています。

最近の報道では、中国のマイニング事業者が価格の下落を受けて「Antminer S7」や「Antminer T9」などの旧型のマイニングマシンを通常価格の5%で販売しているとも報告されています。1年前までは32万円ほどで販売されていたマイニングマシンも、現在は1万5,000円にまで値下げされていると伝えられており、マイニングマシンの販売によって得られた利益は電気代などに利用されていると伝えられています。

またこれまで強気な価格予想を語っていたものの、最近の下落で価格予想を修正している仮想通貨投資家も見られ始めており、弱気市場は今後18ヶ月間続くとの予想も出ています。ビットコイン価格に対する予想は意見が別れてきていますが、以前に比べると大幅な価格回復を予想する声は減少してきています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年11月24日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日23日に約477,000円近くまで下落しており、2018年11月24日時点では「1BTC=約487,000円」で取引されています。

2018年11月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

続く仮想通貨下落市場、今後は「長期的な思考」が重要に:John McAfee

続く仮想通貨下落市場、今後は「長期的な思考」が重要に:John McAfee

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

Mastercard:暗号資産対応カードの「パートナープログラム」を強化

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

大手取引所「Bithumb」脱税疑惑の調査結果が明らかに

大手取引所「Bithumb」脱税疑惑の調査結果が明らかに

カルダノ(ADA)高評価は「信用できない」Weiss Ratingsツイート、議論に発展

カルダノ(ADA)高評価は「信用できない」Weiss Ratingsツイート、議論に発展

Puma Browser:リップル(Ripple/XRP)活用した「プライバシー重視のWEBブラウザ」登場

Puma Browser:リップル(Ripple/XRP)活用した「プライバシー重視のWEBブラウザ」登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す