ビットコイン手数料100倍問題解決へ、新技術で手数料が安くなる

by BITTIMES   

「ビットコインの送金手数料が思ったよりも高い!」と感じてませんか?
取引所によって変わりますが、安定的に送金できる現在のビットコインの手数料は「 0.0005BTC ( 400円)」ほどです。
もともと「手数料が安い」というのは、ビットコインの大きなメリットの 1つでした。
数年前のビットコインの送金手数料はわずか「数円」程度、今の手数料は当時の約 100倍にまで高騰しています。
銀行の送金手数料とさほど変わらなくなった現在のビットコインでは、そのメリットは消えてしまった。と考えても良いでしょう。
この送金手数料の高騰の原因は、皮肉にも「ビットコインの人気が出てしまったから」なんですね。
しかし、ここへきて「ビットコインの送金手数料が安くなる」きっかけとなる技術開発・送金実験成功のニュースが飛び込んできました。
その技術の名は「ライトニング・ネットワーク」
ビットコインに触れてから時間が経っている方は、一度は耳にしたことがある単語だと思います。
今回成功したのは「ライトニング・ネットワーク上での取引」です。

なぜビットコインの送金手数料は高騰したのか?

ビットコインの送金回数は 1秒で 5件程度と決まっています。
なので、送金者が多くなれば当然少ない席を巡って椅子取りゲームが始まり、「送金できないデータ」が発生します。(送金詰まり)
この場合、送金手数料間で「オークション」が行われます。
簡単に言えば「送金手数料が高い取引ほど優先的に処理が行われる」ということです。
これによって、ビットコインの安定的な送金には高額な手数料を支払う必要が出てきました。
皮肉にも、ビットコインが高騰し人気が出て、取引人口が増加したために送金手数料も高騰したのです。

ビットコイン送金手数料の救世主ライトニング・ネットワーク

今回のニュースは、ビットコインのブロックチェーンに書き込みを行わずに、初めてビットコインとライトコインとの交換が成功した。と言うものです。
2つの異なったブロックチェーン間での通貨交換にが行われたということは、この技術の応用でビットコインのブロックチェーンに直接書き込みを行わくてもビットコインが送金することが可能になるということです。
今回の実験を行ったライトニングラボによると、同取引ではブロックチェーン上に記録されることなく二者の資産交換が行われた。と発表しています。
これまでのビットコイン取引は、ブロックチェーン上で行われており、取引スピードや手数料の面で課題がありましたが、
実験成功でライトニング・ネットワークが、取引スピード、コスト、またセキュリティの面から各段と優れていることが証明されたということです。
異なったブロックチェーン同士をつなぐことで、仮想通貨の取引が格段に容易になるばかりでなく、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決、匿名性の向上も期待されています。
また、ライトニングネットワークをつかった仮想通貨取引インフラの誕生で、企業が仮想通貨の取引を仲介するビジネスモデルも変わっていくことに期待が集まっています。
今後、仮想通貨を一歩前進させる可能性のあるライトニング・ネットワークに世界樹から期待が集まっています。
この記事を理解するために必要な知識
>>「Segwitとは?「価格高騰と手数料格安の救世主」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GoSats:インドで「ビットコイン還元機能付きデビットカード」をリリース

GoSats:インドで「ビットコイン還元機能付きデビットカード」をリリース

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月23日〜29日

ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

コインベース「日本向けサービス」開始|5銘柄対応でiOS・Androidアプリも提供

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

暗号資産取引所FTX「NFTを発行・販売できる新機能」を追加

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

カルダノ財団:セキュリティ強化に向けブロックチェーン分析企業「Coinfirm」と提携

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

仮想通貨レンディング(貸出)の始め方まとめ「各取引所のメリット・デメリット」も紹介

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

楽天ウォレット「XRPの証拠金取引サービス」再開へ

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

ブロックチェーンコンテンツ協会「日本ブロックチェーン協会(JBA)」に合流

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

コインチェック:松田翔太さんが出演する「新テレビCM」38都道府県で放送へ

ブラジル最大級のショッピングモールに「仮想通貨ATM」を複数設置:Coin Cloud

ブラジル最大級のショッピングモールに「仮想通貨ATM」を複数設置:Coin Cloud

Socios.com:カリブ海地域のプロクリケットリーグ「Caribbean Premier League」提携

Socios.com:カリブ海地域のプロクリケットリーグ「Caribbean Premier League」提携

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す