日本の「キャッシュレス化」さらに加速|みずほ、2019年デジタル通貨発行へ

by BITTIMES

みずほフィナンシャルグループが「デジタル通貨を2019年3月に発行する」と決定したことが日経新聞の報道で明らかになりました。通貨の価格は「1通貨あたり1円」で固定されており、日常的な決済手段として利用できるだけなく送金手数料も無料にするとされています。日本では「PayPay」などが急速に普及してきていますが、みずほのサービス開始によって日本国内における"キャッシュレス化"がさらに推進されると期待が高まっています。

こちらから読む:現金不要の社会が迫る「キャッシュレス」関連ニュース

各種手数料を抑えて「キャッシュレス化」を促進

Cashless

日本の三大メガバンクの一つとして数えられる「みずほフィナンシャルグループ」は、2019年3月にデジタル通貨を発行すると伝えられています。

このデジタル通貨は買い物を行う際の決済手段として利用することができる他、送金手数量も無料となっています。またサービスを利用できる加盟店にはクレジットカードよりもさらに低い水準の手数料を提供するとされている他、地方銀行約60行が参加するとも伝えられており、キャッシュレス決済の普及に向けた取り組みを進めると報じられています。

デジタル通貨の価格は1通貨あたり1円で固定されているため、仮想通貨市場でみられる極端なボラティリティを心配する必要はありません。利用する際には専用のスマートフォン向けアプリを使用する仕組みとなっており、支払いを行う場合にはQRコードで決済することができます。加盟店は決済金額の一部を手数料として支払う必要がありますが、アプリ利用者が銀行口座からデジタル通貨へのチャージを行う場合や利用者同士で送金を行う場合の手数料は無料となっています。

メガバンクが取り扱う「初のデジタル通貨」

MIZUHO

みずほフィナンシャルグループは、2017年の時点で「Jコイン構想」を発表しており、福島県の東邦銀行と提携して実証実験などにも取り組んでいました。予定通り3月にデジタル通貨の提供が始まればメガバンクが取り扱う初のデジタル通貨となります。

デジタル通貨の正式名称は現時点では決定されておらず、2019年3月までに決定される予定となっています。またこの他にも「スマホ決済」を利用する外国人旅行者も利用できる仕組みが作られるとも言われています。

2020年には東京オリンピックが開催されるため、日本国内におけるキャッシュレス化の動きは2019年で急速に高まっていくことが予想されます。最近の報告では仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)との取引に利用される法定通貨として日本円(JPY)が再び1位になったことも報告されています。仮想通貨の取引量が多いことでも知られる日本で大手銀行が発行する「デジタル通貨」が正式に発表されれば、2019年は日本の「キャッシュレス化」が急速に進む年になると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

話題のブロックチェーンスマホが日本上陸「FINNEY™」販売開始:SIRIN LABS

話題のブロックチェーンスマホが日本上陸「FINNEY™」販売開始:SIRIN LABS

Coinbase:日本での「ライセンス取得」に強気 ー 2019年には仮想通貨交換業者へ

Coinbase:日本での「ライセンス取得」に強気 ー 2019年には仮想通貨交換業者へ

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

日本の仮想通貨取引所が一気に「50社」増える可能性も?

限定アイテムが貰える!ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」GMOコインとコラボ企画開催

限定アイテムが貰える!ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」GMOコインとコラボ企画開催

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

西日本の豪雨災害に「約1億円」を寄付|BINANCEのCEO

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

注目度の高い仮想通貨ニュース

分散型ゲームプラットフォーム「TRON Ace」トロン公式ウォレットと提携|全面サポートを獲得

分散型ゲームプラットフォーム「TRON Ace」トロン公式ウォレットと提携|全面サポートを獲得

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

Coincheck:リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)を「大口OTC取引サービス」に追加

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ビットコイン先物の承認獲得へ向け、ニューヨークで「Bit License」取得を検討:Bakkt

ビットコイン先物の承認獲得へ向け、ニューヨークで「Bit License」取得を検討:Bakkt

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す