日本の「キャッシュレス化」さらに加速|みずほ、2019年デジタル通貨発行へ

by BITTIMES

みずほフィナンシャルグループが「デジタル通貨を2019年3月に発行する」と決定したことが日経新聞の報道で明らかになりました。通貨の価格は「1通貨あたり1円」で固定されており、日常的な決済手段として利用できるだけなく送金手数料も無料にするとされています。日本では「PayPay」などが急速に普及してきていますが、みずほのサービス開始によって日本国内における"キャッシュレス化"がさらに推進されると期待が高まっています。

こちらから読む:現金不要の社会が迫る「キャッシュレス」関連ニュース

各種手数料を抑えて「キャッシュレス化」を促進

Cashless

日本の三大メガバンクの一つとして数えられる「みずほフィナンシャルグループ」は、2019年3月にデジタル通貨を発行すると伝えられています。

このデジタル通貨は買い物を行う際の決済手段として利用することができる他、送金手数量も無料となっています。またサービスを利用できる加盟店にはクレジットカードよりもさらに低い水準の手数料を提供するとされている他、地方銀行約60行が参加するとも伝えられており、キャッシュレス決済の普及に向けた取り組みを進めると報じられています。

デジタル通貨の価格は1通貨あたり1円で固定されているため、仮想通貨市場でみられる極端なボラティリティを心配する必要はありません。利用する際には専用のスマートフォン向けアプリを使用する仕組みとなっており、支払いを行う場合にはQRコードで決済することができます。加盟店は決済金額の一部を手数料として支払う必要がありますが、アプリ利用者が銀行口座からデジタル通貨へのチャージを行う場合や利用者同士で送金を行う場合の手数料は無料となっています。

メガバンクが取り扱う「初のデジタル通貨」

MIZUHO

みずほフィナンシャルグループは、2017年の時点で「Jコイン構想」を発表しており、福島県の東邦銀行と提携して実証実験などにも取り組んでいました。予定通り3月にデジタル通貨の提供が始まればメガバンクが取り扱う初のデジタル通貨となります。

デジタル通貨の正式名称は現時点では決定されておらず、2019年3月までに決定される予定となっています。またこの他にも「スマホ決済」を利用する外国人旅行者も利用できる仕組みが作られるとも言われています。

2020年には東京オリンピックが開催されるため、日本国内におけるキャッシュレス化の動きは2019年で急速に高まっていくことが予想されます。最近の報告では仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)との取引に利用される法定通貨として日本円(JPY)が再び1位になったことも報告されています。仮想通貨の取引量が多いことでも知られる日本で大手銀行が発行する「デジタル通貨」が正式に発表されれば、2019年は日本の「キャッシュレス化」が急速に進む年になると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITPoint「ビットコインがもらえるキャンペーン」開催!プレゼント企画も継続中

BITPoint「ビットコインがもらえるキャンペーン」開催!プレゼント企画も継続中

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

LINE Pay:LINKリワードがもらえる「LINEクレカ新規入会キャンペーン」開始

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

国内初「ステーブルコイン決済による賃貸借契約」を締結:株式会社Zofuku

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

金融庁:仮想通貨取引所の「コールドウォレット管理」社内規則の厳格化求める

コインチェック関連の「偽サイト・不審な連絡」に要注意|刑事責任を問われる可能性も

コインチェック関連の「偽サイト・不審な連絡」に要注意|刑事責任を問われる可能性も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱いへ|49名のレアカードも限定販売

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱いへ|49名のレアカードも限定販売

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

コイントレード×モッピー「XRP・LTC・BCHとモッピーポイントの交換サービス」開始

コイントレード×モッピー「XRP・LTC・BCHとモッピーポイントの交換サービス」開始

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

Palette Token(PLT)開発する「HashPort」前澤友作氏から4.8億円の資金調達

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す