ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

by BITTIMES   

ビットコイン(BTC)と日本円(JPY)の取引量が"再び"世界一になったことが明らかになりました。2018年に続いた仮想通貨取引所からの巨額流出事件などによって、勢いを失いつつあった日本市場は徐々に勢いを取り戻しつつあります。

こちらから読む:仮想通貨取引所の発表が相次ぐ「日本」関連ニュース

ビットコイン(BTC)取引に「最も利用される」法定通貨

仮想通貨取引所や市場のデータに基づいて、ビットコイン(Bitcoin/BTC)と取引されている世界各国の法定通貨の量をグラフ化して表示している「coinhills.com」のデータでは、この数日間で日本円(JPY)とビットコイン(BTC)の取引量が急増していることが示されています。

ビットコインとの取引に最も使用されている法定通貨はこれまで「米ドル(USD)」だとされていましたが、記事執筆時点のデータでは「日本円が46.96%」「米ドルが45.91%」となっており、ビットコインとの取引に最も利用されている法定通貨は日本円だとされています。

(画像:coinhills.com)(画像:coinhills.com

その次に取引量が多いのは、
・韓国ウォン(KRW):4.98%
・ユーロ(EUR):1.33%
となっているため、日本円でのBTC取引が圧倒的に多いことがわかります。

仮想通貨市場「低迷期」からの脱却なるか

2017年9月に中国政府がビットコイン取引の禁止を発表したことによって、中国元(CNY)での取引量が激減し、BTC/JPYの取引量は1位を獲得しましたが、その後に仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)から巨額の仮想通貨が流出した事件などによって取引量は減少していました。

しかし現在ではコインチェックもほとんどのサービスを再開しており、最近の報道では仮想通貨交換業者としての正式登録も近いうちに発表されると伝えられています。また、一連のハッキング事件を受けて内部管理体制の強化に取り組んでいた仮想通貨取引所も徐々に本格的なサービス再開に向けた動きを進めており、仮想通貨関連の規制や定義の見直しなども進められています。

日本の仮想通貨業界にとって厳しい1年でもあった2018年はもうじき終わりを迎えようとしており、この1年間を通じて続けられてきた各企業の努力は実を結びつつあります。ここ最近では仮想通貨全体の価格もやや回復し始めてきているため、市場の回復に合わせて法定通貨取引量「1位」の座を奪還した日本には世界から注目が集まっています。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

クリプトスペルズ:NFTカードを発行できる「クリエイターNFT発行プログラム」開始

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

Bakkt:ビットコイン先物のテスト「7月開始予定」と発表|BTC価格、90万円台迫る

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

「クレイグ・ライト氏はサトシ・ナカモトではない」英裁判官が判決

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

エルサルバドル「毎日1ビットコイン購入戦略」を継続|法定通貨で買えなくなるまで

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

Bitcoin Dogsが1150万ドル以上を調達|プレセール終了まで24時間を切る

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す