キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は「物理的な現金(紙幣および硬貨)」は人々が思っているよりも早い段階で消滅すると語った上で、キャッシュレス社会が実現した時には「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」がプライバシーを保護するための"鍵"になると説明しています。

こちらから読む:技術開発が順調に進む「ビットコイン」関連ニュース

「分散化された仮想通貨」と「集中化された電子マネー」

money

Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、2019年1月3日にBitMEXの公式ブログで公開された記事の中で、近い将来「物理的な現金(紙幣および硬貨)」は消滅することになり、「ビットコインのような完全に分散化された通貨」と「集中型の電子マネー」という2つのお金が主流になるといった考えを語っています。

現在の世の中では、様々な種類の「電子マネー」と「仮想通貨」が存在していますが、ヘイズはそれら2つの通貨には大きな違いがあると説明しています。

現金を元にして作られた新しいお金である「電子マネー」は、"物理的な現金"よりも簡単に支払いを行うことができるようなっており、自らの資産を効率的に管理することができます。しかしながらこの便利はお金は「プライバシーが欠如している」という点で度々指摘を受けています。

電子マネーの一般化に伴う「懸念点」

Digital-money

キャッシュレス化が進み「電子マネー」が一般的に使用されるようになれば、電子マネーを管理している企業や政府は、人々がいつどこで何を購入し、どれほどのお金を持っているのか?を全て確認することができるようになります。これによって違法な取引がなくなり、脱税や資金洗浄などの犯罪行為にも対抗できることが期待されていますが、これらの情報を一部の組織が管理することに関しては反対する声が数多く上がっています。

自分が「いつどこで何を購入しているのか」を全て監視できる状態になることを最初から嬉しく思う人はあまりいないでしょう。それによってもたらされるメリットは複数存在するものの、実際にそのようなシステムを受け入れるためには多少時間がかかるのが一般的です。

特に税金に関する問題などに関しては、世界各国で現在も議論が続けられており、高額な税金には反対する声なども出ています。電子マネーが一般化することによって、政府は確実に各種税金を徴収することが可能になりますが、税率がこのままさらに引き上げられ続けることになるのであれば、「確実に徴収される高額な税金」に対して人々の不満が爆発することは間違いないと考えられます。

お金を合理的に管理することができる「電子マネー」は、一見すると素晴らしいテクノロジーであるように見えますが、それらのデータを管理する銀行や政府官僚などによる"資金横領"や"データの不正利用"などといった様々な問題が解決されていない場合には、実際に技術を採用することによってさらに状況を悪化させる危険性があります。

ビットコインに期待される「本当の価値」

BTC

ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする複数の仮想通貨は、このような懸念に対処する手段として期待されています。ビットコインは完全に分散化された状態で管理されており、直接的なお金のやりとりを可能にします。また、取引の内容に関しても「利用者が誰であるのか」といった詳しい情報までは特定できないようになっているため、プライバシーを保護することができると期待されています。

複数の報告では「ビットコインのネットワークもすでに監視され始めている」とも報告されていますが、Lightning Network(ライトニング・ネットワーク)のような技術はプライバシーを"ある程度"高めることができるとも言われています。

アーサー・ヘイズ氏は"ビットコインはまだ実験段階である"と説明した上で「ビットコインが誕生してまだ間もない技術であること」や「過去10年間に渡って1度もハッキングされていない」という事実は驚くべき成果であると語っています。

このように語るヘイズ氏は、ビットコインの研究開発がこれからさらに進められ、送金速度や手数料などの問題が解決されれば、『ビットコインは現金がなくなった時に"プライバシー"を保護するための最善の希望になる』と説明しています。

投稿された記事の最後でヘイズ氏は要約として次のように述べています。

長い間、現金はプライバシーの面において最善の決済手段として機能してきましたが、より効率的で透明性の高い電子マネーの誕生に伴い、政府は徐々に"物理的な現金(紙幣および硬貨)"を時代遅れのものにしていくでしょう。プライバシーが保護されている現金は、あなたが思っているよりも早く選択可能な決済手段から除外されると考えられます。

現金が利用できなくなると安全に価値を保管し、移動させるための手段がなくなるため、一般の人々は"ビットコイン固有の価値"を理解するようになるでしょう。

生活していく上で必要不可欠な存在である"お金"に関するデータは、「プライバシー」に関わる非常に重要なものであるため、デジタル化社会への移行が進んでいる現代社会では個人個人が改めて"お金のあり方"について考え直す必要があると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

韓国は主要銀行への立入検査を予定|今後の価格にも影響か?

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

カタルーニャ:ブロックチェーンを活用したスマートシティ計画|独自仮想通貨の発行も

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

Tron CEO、腎臓結石による「バフェットランチ延期」を発表

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月28日〜8月3日

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

ブロックチェーン研究で「東京大学・京都大学」がRipple社と提携|奨学金なども計画

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

Huobi Japan:仮想通貨取引アプリを「iPad向けに最適化」新たなバージョンをリリース

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す