Liqui:仮想通貨取引所の「サービス終了」を発表|2月末までに資産移動を

by BITTIMES

アルトコインを数多く取り扱っていることで知られる海外の仮想通貨取引所「Liqui(リクイ)」は2019年1月28日の発表で、全てのアカウントを閉鎖し、サービスの提供を終了することを発表しました(*1)。
(*1)「Liqui」と「Liquid by Quoine」は別の仮想通貨取引所であり、関係はありません。

こちらから読む:国内取引所のサービス終了にも注意「仮想通貨取引所」関連ニュース

Liqui(リクイ)とは

Liqui(リクイ)とは、ウクライナのキエフを拠点とする拠点の「Liqui Trade」​が運営している仮想通貨取引所です。2016年に設立された「Liqui」は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を終えた仮想通貨を数多く取り扱っていることでも知られており、他の仮想通貨取引所よりも早い段階でそれらのアルトコインを上場させていたことなどで高い評価を受けていました。

手数料も安く、比較的簡単に登録することができた「Liqui」は一部で人気の取引所となっており、2017年に仮想通貨市場全体で価格が高騰したことによって、多くのアルトコイン取引が「Liqui」で行われていました。

以前は人気の仮想通貨取引所の一つとして知られていたものの、2019年1月28日の発表では「収益面」などの問題から、仮想通貨取引所のサービスを終了することになったことが発表されました。

閉鎖理由は「流動性の低下」

サービス終了の理由としては「既存のユーザーに十分な流動性を提供できなくなった」ことが挙げられており、流動性が低下したことによって「サービスを提供するだけの"経済的な意味"が見出せなくなった」とも説明されています。

「Liqui」は、今回の発表の中でユーザーに対して現在「Liqui」で保有されている仮想通貨の出金を期間内に行うことを求めており、発表から30日以内に全ての資産を別のウォレットに移動するようにと説明しています。今回の発表は2019年1月28日に行われているため、30日後というのは「2019年2月27日」ということになります。

公開された文章には、30日後以降は「ウェブサイトを維持できる保証はありません」とも書かれており、30日が経過して以降は「https://liqui.freshdesk.com」を通じて出金が処理されると説明されています。しかしながら、同社がサービスを提供していない場合には「ユーザーの資産を無料で保管することはできない」とも説明されているため、「Liqui」で仮想通貨を保有している方は「2019年2月27日」までに必ず出金を行うようにしましょう。

仮想通貨市場・アルトコインへの影響は?

「Liqui」はアルトコインを数多く取り扱っていたため、サービス終了の影響で一部のアルトコイン価格にも多少の影響が出る可能性も考えられます。しかしながら、同社の発表にもあるように「Liqui」の仮想通貨取引所ではすでに流動性が大きく下がっており、仮想通貨取引所の時価総額ランキングでも「160位以下」にまで順位を落としています。

このようなことから、今回の発表による仮想通貨市場への影響はそれほど大きくないと考えられます。なお「Liqui」で活発に取引されていた通貨ペアのトップ20は以下のようになっています。

Liquiで活発に取引されていた通貨ペアトップ20(画像:coinmarketcap.com)Liquiで活発に取引されていた通貨ペアトップ20(画像:coinmarketcap.com)

2017年までの仮想通貨市場では、非常に多くの仮想通貨に注目が集まっていましたが、ここ最近では「詐欺」の可能性のある仮想通貨が多いことも明らかにされてきているため「草コイン」と呼ばれるようなマイナーな仮想通貨への関心は薄れつつあります。

ここ数ヶ月間でも複数の大手仮想通貨取引所が「流動性の低い仮想通貨」の取り扱いを停止しているため、今後も仮想通貨は精査されていくことが予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

フィンテック関連の規制推進に向けスイスと協力|イスラエルは次のクリプトバレーへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

Google:仮想通貨検索に「新機能」カルダノ、リップルなど主要コインを関連表示

Google:仮想通貨検索に「新機能」カルダノ、リップルなど主要コインを関連表示

ヤフー出資の仮想通貨取引所「TAOTAO」事前登録開始|1,000円もらえるキャンペーン開催中

ヤフー出資の仮想通貨取引所「TAOTAO」事前登録開始|1,000円もらえるキャンペーン開催中

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

ブロックチェーン実装した「コーヒー市場専門の取引アプリ」を開発:インド政府商工省

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

Skypeに「リップル(XRP)少額決済サービス」導入を|強い要望にスカイプチームが回答

Skypeに「リップル(XRP)少額決済サービス」導入を|強い要望にスカイプチームが回答

仮想通貨を実用化するために重要となる「3つのポイント」Coinbase CEOが解説

仮想通貨を実用化するために重要となる「3つのポイント」Coinbase CEOが解説

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す