郵便局で「仮想通貨の購入」が可能に|今後はXRPなども販売予定:リヒテンシュタイン

by BITTIMES

リヒテンシュタイン政府が所有する郵便局「Liechtensteinische Post AG」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の店頭取引サービスを開始することを2019年2月15日に発表しました。今後はリップル(Ripple/XRP)などを含む合計4種類の仮想通貨も取り扱うことが予定されています。

こちらから読む:今は買うのにちょうど良い?「ビットコイン」関連ニュース

XRPやETHなど「4銘柄」も取り扱い予定

リヒテンシュタイン公国が所有する郵便局である「Liechtensteinische Post AG」は、首都ファドゥーツの郵便局でビットコイン(BTC)の販売を開始したことを発表しました。この「仮想通貨の店頭取引サービス」は、スイスで仮想通貨ATMネットワークを展開している「Värdex Suisse(ヴェルデックス・スイス)」との提携を通じて提供されています。

現在はビットコインのみの提供となっているものの、今後は、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
などの仮想通貨の取り扱いも予定されています。

ビットコインの取引を希望する場合には郵便局の窓口で取引することができるようになっており、購入者には公開鍵と秘密鍵を含めた物理的な仮想通貨ウォレットが提供されると伝えられています。

仮想通貨が普及する「スイスとリヒテンシュタイン」

「Liechtensteinische Post AG」は、9つの郵便局と3つの郵便パートナーで構成されています。リヒテンシュタインの郵便事業は、1999年12月31日まではスイス連邦が所有する郵便事業「Swiss Post(スイスポスト)」が管理していましたが、現在はリヒテンシュタイン政府が75%の所有権を握っており、スイスポストの所有は25%となっています。

スイスやリヒテンシュタイン公国は仮想通貨ブロックチェーン技術の採用が進んでいることでも知られており、スイスポストは2018年12月6日に「Hyperledger Fabric」をベースとした「ブロックチェーン・プラットフォーム」を開発することを発表しています。

また「Liechtensteinische Post AG」と提携を結んだ「Värdex Suisse」は、スイス最大の仮想通貨ATMネットワークを展開しているとされており、国内26箇所にBTC、ETH、LTCに対応した仮想通貨ATMを設置していると報じられています。

ここ最近では、郵便局やタバコ店、新聞販売店などで仮想通貨を取り扱う事例が増加してきています。ビットコインATMの設置台数も順調に増えていることが報告されていますが、今後は店頭で仮想通貨を販売するケースもさらに増加していくことが予想されます。

2019年2月16日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は40万円前後での推移を続けており、2019年2月16日時点では「1BTC=401,733円」で取引されています。

2018年12月18日〜2019年2月16日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月18日〜2019年2月16日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトコイン財団:カストディソリューションに「BitGoマルチシグウォレット」を採用

ライトコイン財団:カストディソリューションに「BitGoマルチシグウォレット」を採用

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

米取引所コインベース:上場検討中の暗号資産「18銘柄」を公開

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月23日〜29日

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨プロジェクト「GHOST」から離脱|トークン価格は急落

ジョン・マカフィー:匿名仮想通貨プロジェクト「GHOST」から離脱|トークン価格は急落

開発者の関わり方が「仮想通貨価格」にも影響か|複数銘柄のリターンに一定の相関性

開発者の関わり方が「仮想通貨価格」にも影響か|複数銘柄のリターンに一定の相関性

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月13日〜19日

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す