郵便局で「仮想通貨の購入」が可能に|今後はXRPなども販売予定:リヒテンシュタイン

by BITTIMES

リヒテンシュタイン政府が所有する郵便局「Liechtensteinische Post AG」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の店頭取引サービスを開始することを2019年2月15日に発表しました。今後はリップル(Ripple/XRP)などを含む合計4種類の仮想通貨も取り扱うことが予定されています。

こちらから読む:今は買うのにちょうど良い?「ビットコイン」関連ニュース

XRPやETHなど「4銘柄」も取り扱い予定

リヒテンシュタイン公国が所有する郵便局である「Liechtensteinische Post AG」は、首都ファドゥーツの郵便局でビットコイン(BTC)の販売を開始したことを発表しました。この「仮想通貨の店頭取引サービス」は、スイスで仮想通貨ATMネットワークを展開している「Värdex Suisse(ヴェルデックス・スイス)」との提携を通じて提供されています。

現在はビットコインのみの提供となっているものの、今後は、
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
などの仮想通貨の取り扱いも予定されています。

ビットコインの取引を希望する場合には郵便局の窓口で取引することができるようになっており、購入者には公開鍵と秘密鍵を含めた物理的な仮想通貨ウォレットが提供されると伝えられています。

仮想通貨が普及する「スイスとリヒテンシュタイン」

「Liechtensteinische Post AG」は、9つの郵便局と3つの郵便パートナーで構成されています。リヒテンシュタインの郵便事業は、1999年12月31日まではスイス連邦が所有する郵便事業「Swiss Post(スイスポスト)」が管理していましたが、現在はリヒテンシュタイン政府が75%の所有権を握っており、スイスポストの所有は25%となっています。

スイスやリヒテンシュタイン公国は仮想通貨ブロックチェーン技術の採用が進んでいることでも知られており、スイスポストは2018年12月6日に「Hyperledger Fabric」をベースとした「ブロックチェーン・プラットフォーム」を開発することを発表しています。

また「Liechtensteinische Post AG」と提携を結んだ「Värdex Suisse」は、スイス最大の仮想通貨ATMネットワークを展開しているとされており、国内26箇所にBTC、ETH、LTCに対応した仮想通貨ATMを設置していると報じられています。

ここ最近では、郵便局やタバコ店、新聞販売店などで仮想通貨を取り扱う事例が増加してきています。ビットコインATMの設置台数も順調に増えていることが報告されていますが、今後は店頭で仮想通貨を販売するケースもさらに増加していくことが予想されます。

2019年2月16日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は40万円前後での推移を続けており、2019年2月16日時点では「1BTC=401,733円」で取引されています。

2018年12月18日〜2019年2月16日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月18日〜2019年2月16日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

ビットコインは人間ではなく「機械」によって使用される|全ての生命体を繋ぐ架け橋に

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

IOST基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」公開|簡単4ステップでNFT作成も可能

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

AXE:ドージコイン(DOGE)の数量限定ボディスプレー「DogeCan」を無料配布

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

コインチェック:サッカー選手の公式NFTカードを発行する「Sorare」と連携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す