エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

by BITTIMES

CARDANO(カルダノ)のブロックチェーン技術を活用したビジネスに取り組むプロジェクトや企業を支援している「EMURGO(エマーゴ)」は、ブロックチェーン専門家の育成を目的とした「EMURGO Academy(エマーゴ・アカデミー)」をインドで設立したことを発表しました。

こちらから読む:IOHKサミットが"ADAPay"に対応「CARDANO/ADA」関連ニュース

EMURGO(エマーゴ)が新しく立ち上げた「EMURGO Academy(エマーゴ・アカデミー)」は、インドの政府関係者や企業からの支援を受けながら開発者のトレーニングを行い、ブロックチェーン専門家を育成します。これによってブロックチェーン技術の利用を促進し、Cardanoブロックチェーンエコシステムの採用が進むことが期待されます。

エマーゴの公式発表によると、インド政府は、土地登記、教育、ヘルスケア、サプライチェーンマネジメントといった複数の産業におけるブロックチェーン技術の適用可能性に注目していると説明されています。しかし現状としては、これらの技術に関する教育機関やコースが提供されておらず、スキルを持つ技術者が世界的に不足していることなどによって、ブロックチェーン開発の需要増加に対応することができない状況にあるとのことです。

インドのIT市場は国内最大の市場となっており、2019年現在の市場規模は1,600億ドル(約17.7兆円)、2025年には3,500億ドル(約38.7兆円)にまで成長するとの予測が発表されています。同国のIT業界には約200万人のソフトウェア開発者がいるものの、必要とされるブロックチェーンの開発スキルを有しているのは"わずか5,000人"しかいないとされています。

EMURGOは、インドにおけるブロックチェーン技術者の育成を促進するために「開発者向けカリキュラム」を提供し、オンライン・オフライン両方のコミュニティーを育成します。このコミュニティーでは、CARDANOブロックチェーン上で開発を行うために必要なスキルを学ぶことができるため、「第三世代のブロックチェーン」としてこれから幅広く利用されていくことが期待されているCARDANOブロックチェーンに関する最先端の知識を早期から身につけることができるようになっています。

CARDANOプロジェクトでは、CARDANOブロックチェーンをベースとしたエコシステムを自分たちの手で構築していける環境を作るための支援活動が世界各地で進められており、昨年はアフリカ地域でブロックチェーン技術者を育成するためのトレーニングが無料で提供されることなども発表されています。

これらのプロジェクトを通じて、早い時期からCARDANOブロックチェーンの技術者を育成することによって、それらの地域は数年後に飛躍的な成長を遂げる可能性を秘めています。

「EMURGO Academy」に関する詳しい解説は「EMURGOの公式発表」をどうぞ
>「EMURGO」からの公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

リップル上級副社長「韓国は仮想通貨規制を暖和する必要がある」

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ブロックチェーン証明書の「発行・管理システム」で特許出願:LasTrust株式会社

ブロックチェーン証明書の「発行・管理システム」で特許出願:LasTrust株式会社

CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

音声NFTマーケットプレイス「Echo NFT」β版公開|MATICがもらえるキャンペーンも

音声NFTマーケットプレイス「Echo NFT」β版公開|MATICがもらえるキャンペーンも

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

コインチェック:Yuga Labsのメタバース「Otherside」の仮想土地を取得

Zaif:10月までに新規5銘柄取扱いへ「暗号資産取扱数国内No.1」目指す

Zaif:10月までに新規5銘柄取扱いへ「暗号資産取扱数国内No.1」目指す

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

米証券取引委員会(SEC)BINANCEの独自トークン「BNB」の違法性について調査か=報道

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

FTX Japan:新たに「暗号資産2銘柄」取扱いへ|23日に上場予定

Zaif:コイン積立で「ETH・XYM・FSCC・CICC・NCXC」の5銘柄をサポート

Zaif:コイン積立で「ETH・XYM・FSCC・CICC・NCXC」の5銘柄をサポート

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す