エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

by BITTIMES

CARDANO(カルダノ)のブロックチェーン技術を活用したビジネスに取り組むプロジェクトや企業を支援している「EMURGO(エマーゴ)」は、ブロックチェーン専門家の育成を目的とした「EMURGO Academy(エマーゴ・アカデミー)」をインドで設立したことを発表しました。

こちらから読む:IOHKサミットが"ADAPay"に対応「CARDANO/ADA」関連ニュース

EMURGO(エマーゴ)が新しく立ち上げた「EMURGO Academy(エマーゴ・アカデミー)」は、インドの政府関係者や企業からの支援を受けながら開発者のトレーニングを行い、ブロックチェーン専門家を育成します。これによってブロックチェーン技術の利用を促進し、Cardanoブロックチェーンエコシステムの採用が進むことが期待されます。

エマーゴの公式発表によると、インド政府は、土地登記、教育、ヘルスケア、サプライチェーンマネジメントといった複数の産業におけるブロックチェーン技術の適用可能性に注目していると説明されています。しかし現状としては、これらの技術に関する教育機関やコースが提供されておらず、スキルを持つ技術者が世界的に不足していることなどによって、ブロックチェーン開発の需要増加に対応することができない状況にあるとのことです。

インドのIT市場は国内最大の市場となっており、2019年現在の市場規模は1,600億ドル(約17.7兆円)、2025年には3,500億ドル(約38.7兆円)にまで成長するとの予測が発表されています。同国のIT業界には約200万人のソフトウェア開発者がいるものの、必要とされるブロックチェーンの開発スキルを有しているのは"わずか5,000人"しかいないとされています。

EMURGOは、インドにおけるブロックチェーン技術者の育成を促進するために「開発者向けカリキュラム」を提供し、オンライン・オフライン両方のコミュニティーを育成します。このコミュニティーでは、CARDANOブロックチェーン上で開発を行うために必要なスキルを学ぶことができるため、「第三世代のブロックチェーン」としてこれから幅広く利用されていくことが期待されているCARDANOブロックチェーンに関する最先端の知識を早期から身につけることができるようになっています。

CARDANOプロジェクトでは、CARDANOブロックチェーンをベースとしたエコシステムを自分たちの手で構築していける環境を作るための支援活動が世界各地で進められており、昨年はアフリカ地域でブロックチェーン技術者を育成するためのトレーニングが無料で提供されることなども発表されています。

これらのプロジェクトを通じて、早い時期からCARDANOブロックチェーンの技術者を育成することによって、それらの地域は数年後に飛躍的な成長を遂げる可能性を秘めています。

「EMURGO Academy」に関する詳しい解説は「EMURGOの公式発表」をどうぞ
>「EMURGO」からの公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

量子チップ搭載の5Gブロックチェーンスマホ「Galaxy A Quantum」登場

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月12日〜18日

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

注目度の高い仮想通貨ニュース

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

暗号資産取引所FTX:IPO前の「Coinbase先物市場立ち上げ」を計画

暗号資産取引所FTX:IPO前の「Coinbase先物市場立ち上げ」を計画

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

GMOコイン:現金プレゼント・手数料割引など「7つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:現金プレゼント・手数料割引など「7つのキャンペーン」を同時開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す