Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

by BITTIMES

分散型アプリケーション(DApps)には現在も世界中で注目が集まっており、そのベースとして使用されているブロックチェーン・プロジェクトでは競い合いが続いています。CARDANO(カルダノ)プロジェクトは現時点では「DAppsランキング」には入っていないものの、米国の格付け機関である「Weiss Ratings」は、CARDANOのプラットフォームが本格的に稼働されれば「DAppsの王者」となる可能性があると語っています。

こちらから読む:YOROIウォレットAndroid版リリース「CARDANO/ADA」関連ニュース

分散型アプリケーションの「王者」は誰か?

分散型アプリケーション(DApps)の開発は現在も世界中で進められており、これまでにも様々アプリケーションがリリースされてきました。数年前まではイーサリアム(ETH)をベースとしたDAppsが主流となっていましたが、現在ではイオス(EOS)トロン(TRX)の勢いが急速に強まっており、DAppsランキングでもこれら2つの通貨をベースとしたアプリケーションが上位を占めています。

仮想通貨の格付けを多なっていることでも知られる「Weiss Ratings」は、2019年2月9日にこの現状を具体的な数字と共に説明し「EOSは紛れもない"DAppsの王者"だ」とツイートしました。

TOP50のDAppsのうち3つだけがイーサリアム上で動作しています。残りの26個はEOSをベースとしており、21個はTRONに基づいています。EOSは紛れもない「DAppsの王者」です。

このツイートに対して別のユーザーが「カルダノにはどのようなDAppsが立ち上げられているか?」と質問したのに対して、CARDANO(ADA)の発案者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、『その質問は"まだ完成していないホテル"に誰が宿泊しているかを尋ねるようなものだ』と説明しました。

CARDANO(ADA)のプラットフォームは大きな可能性を秘めていることで以前から話題になっており、早い段階から注目を集めていましたが、現時点ではまだ開発の途中段階にあります。この一連の投稿を受けた「Weiis Ratings」は、カルダノ(ADA)のプラットフォームが本格的に稼働すれば、EOSのように「DAppsの王者」になる可能性があるとコメントしています。

Cardanoはまだ完全にはローンチされていないため、使用率は低く、DAppsも稼働していません。しかし一度正式に立ち上げられれば、それらのプロトコルから素晴らしいものが生み出されると私たちは期待しています。おそらくEOSと同様に「ナンバーワンのDAppsプラットフォーム」となるでしょう。私たちはそれらを注意深く観察していますが、楽観的です。

CARDANO(ADA)に投資している人々の多くは、長期的的な視野でCARDANOプロジェクトの将来を見つめており、現在の価格下落もさほど気にはしていません。現在もCARDANOの技術に基づいた開発は、世界中で進められていることが報告されています。

カルダノの次のステップは「Shelley」となっており、"完全なる分散化"を目指した取り組みが進められています。慎重かつ着実にプロジェクトが進められているCARDANOは「Weiss Ratings」のコメントにもあるように「DAppsの王者」となる可能性を十分に秘めています。

2019年2月13日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、過去90日間に渡って4円前後での推移を続けており、2019年2月13日時点では「1ADA=4.63円」で取引されています。最近の最安値は2018年12月8日に記録した約3円となっています。

2018年11月15日〜2019年2月13日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月15日〜2019年2月13日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO NEWS(カルダノニュース)月間まとめ|2018年8月

CARDANO NEWS(カルダノニュース)月間まとめ|2018年8月

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

分散型ゲームプラットフォーム「TRON Ace」トロン公式ウォレットと提携|全面サポートを獲得

分散型ゲームプラットフォーム「TRON Ace」トロン公式ウォレットと提携|全面サポートを獲得

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

【Cardano/ADA】ステーキング関連の新機能を搭載した「Daedalus 2.4.0」リリース

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

SBI子会社マネータップに「Ripple社」が出資|サービスの利便性向上へ

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

Brave:ブロックチェーンカードゲーム「Splinterlands」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す