ブロックチェーンで飛行データ管理「商業用ドローンビジネス」の実現を目指す:Red Cat

by BITTIMES   

ドローンの飛行データをブロックチェーンに記録することによって、不変性を保証するための取り組みを行なっているスタートアップ「Red Cat(レッド・キャット)」が、2019年3月6日に「ドローンデータ・プラットフォーム」の第2ベータ版を発表したことが「TechCrunch」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:ドローンの飛行データ管理に活用される「ブロックチェーン技術」とは

ドローン業界の「空域」を確保

Red Cat(レッド・キャット)は、ドローン業界全体のためになる空域を世界的に確保するための技術を生み出すことを目指しています。ブロックチェーン技術を活用することによって、商用ドローンのビジネスを開拓していきたいと考えている同社は、商用ドローンビジネスを普及させるためには「ブラックボックス」のようなシステムが必要であると説明しています。

ブラックボックスとは、飛行機のフライトに関するデータを追跡するためのフライトレコーダーのようなものです。「Red Cat」は、このブラックボックスの機能を再現するためのプラットフォームを作成し、ブロックチェーン技術を組み合わせることによって、データの改ざんなどを防止しつつ、それらの情報をうまく活用することができると考えています。

Red CatのCEOであるJeff Thompson(ジェフ・トンプソン)氏は、TechCrunchに対して次のように語っています。

規制当局であろうと保険会社であろうと、大きな損害を与えた場合に小切手を書かなくてはなりません。私たちの情報を利用する際には、ある程度の説明責任と追跡できる能力を持たせることができるようにしたいと考えています。

同社が開発しているツールは、ドローンが空港内に侵入して旅客機などに被害が及んだ際などにも役立つと期待されます。昨年12月にイギリス・ロンドンの商業用の滑走路付近でドローンが見つかった際には、数十億円相当の被害が出たことが報告されていますが、このような事件が発生した際にもブロックチェーン上に記録されたデータを確認することによって、迅速に対応をとることが可能になり、どのドローンがいつどのように影響をもたらしたのかを正確に調査することができるようになります。

ブロックチェーンは「商業用ドローン」に必要不可欠

トンプソン氏は、商業用ドローンの業界が成熟してその他の航空機関と空域を共有していくためには、このようなシステムが必要不可欠になると信じています。さらに同社は、これらのデータやシステムを活用して、ドローンが目的地に到達した際にどのようなことが起きるのかを知るためのより詳しい洞察をドローン会社に提供したいと考えています。

最終的に同社は、企業がドローンの飛行状況を正確に把握して制御を行い、監視体制を整えた上でどのように利用されているかを理解できるようにしたいと考えており、これらの目標を達成するための改善を続けています。

「TechCrunch」の報道によると、第一回目のベータ版のテストには200人が参加しており、第2回目となる今回のテストはコミュニティーからのフィードバックを収集することが目的とされており「ドローン会社/パイロット/規制当局/保険会社」などといった「Red Cat」が記録したデータを利用して、その恩恵を受けることができる人々を対象にしています。

商業用ドローンの実用化に向けた取り組みは様々な企業によって進められており、ブロックチェーン技術を取り入れることによって新たな可能性を導き出している企業も多く存在します。ブロックチェーン技術は様々な分野に役立てられていますが「ドーロン」の分野もさらなる活用が期待される分野の一つであると言えるでしょう。

「Red Cat」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「Red Cat」の公式サイトはこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

スイス大手銀行「Bordier」暗号資産取引サービス提供開始|Sygnum Bankと提携

スイス大手銀行「Bordier」暗号資産取引サービス提供開始|Sygnum Bankと提携

吉本興業:メタバース・タレントアバター事業「FANY X」をスタート

吉本興業:メタバース・タレントアバター事業「FANY X」をスタート

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

ランボルギーニ:セールスフォースのブロックチェーンで「車両の信頼性」を確保

注目度の高い仮想通貨ニュース

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

トランプ氏:米大統領選挙で「仮想通貨の寄付」受付開始|SOL・XRP・SHIBなどにも対応

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

FINSCHIA・Klaytnの統合ブロックチェーン「Kaia」6月末にメインネット公開へ

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

ツイッター共同創業者のジャック・ドーシー氏「ビットコイン100万ドル超え」を予想

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

フィンテックの未来が見える「Wiki Finance Expo 香港 2024」香港が再び世界の脚光を浴びる

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

SMOGが第1回目のエアドロップを実施、シーズン1では8回に渡ってトークンを配布予定

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す