大麻ビジネス「納税問題」を仮想通貨で解決|カリフォルニア州議会議員が法案を提出

by BITTIMES

アメリカ・カリフォルニア州議会議員であるPhil Ting(フィル・ティン)氏は、大麻関連の事業にかかる税金の支払い方法として米ドル(USD)と価値が連動する安定仮想通貨(ステーブルコイン)を選択することができる法案を発表しました。

こちらから読む:スターバックスで仮想通貨が利用可能に?「アメリカ」関連ニュース

納税時の「資金移動」をより安全に

カリフォルニア州で発表されたこの法案では、管轄内の仮想通貨を使用して税金の支払いを処理することによって、納税を行う際に必要となっていた「巨額の資金移動」などをより安全に行うことができるようになると説明されています。

この新しい法案が正式に採用された場合、大麻関連の事業を行う企業や経営者は「その管轄で管理されているステーブルコインのウォレットに直接ステーブルコインを入金するか」「支払われたステーブルコインを即座に変換することができるサードパーティ製のデジタル資産決済プロセッサを使用するか」を選択することができると説明されており、正式に法案が承認されれば、2020年までに適用されるとも報じられています。

米国では、カリフォルニア州だけでなく、アラスカ州、コロラド州、バーモント州、マサチューセッツ州、ワシントン州を始めとする複数の州で合法化されていますが、銀行からの対応が厳しいことなどから複数の問題が残っており、金融サービスとの連携に関しても多くの課題が残されています。

現地の報道では、アメリカで大麻関連ビジネスを行なっているほとんどのケースでは"現金だけ"で取引することが強いられているため、事業者の多くは現金が「大量に入ったスーツケース」を持って税務署を訪れていると伝えられています。このスーツケースを狙う犯罪者などもいることから「現在の制度では現金の輸送に危険が伴う」との指摘も出ており、資金を移動する際のコストも問題となっていました。

今回の法案が可決され「ステーブルコイン」での支払いが許可されることによって、大量の現金を持ち運ぶ必要がなくなり、取引をより合理的に管理することが可能になります。

大麻産業と仮想通貨

大麻(マリファナ)の合法化が世界的に進んでいることに伴い、最近では大麻関連のビジネスや取引に仮想通貨ブロックチェーン技術を取り入れる動きも数多く見られ始めており、大麻のサプライチェーンを管理し、取引を正確に記録するための「大麻に特化した仮想通貨」なども複数発行されています。

また、eToroのシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、昨年10月にカナダで大麻が合法化されたことによって、同国で「匿名仮想通貨」の使用量が増加することはほぼ間違いないとも語っています。

数年前までは多くの地域で"違法"とされていた大麻が一般的に普及し始めている現代社会で、取引に透明性をもたらす仮想通貨がどのように活用されていくのかにも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

米大手資産運用会社「ビットコイン関連サービス」提供へ:Mariner Wealth × Eaglebrook

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

リップル(XRP)基軸市場に「TRX」の通貨ペアを追加:仮想通貨取引所BTCEXA

Chiliz&Socios:ブラジルの「SC Internacional」と提携|$SACIファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ブラジルの「SC Internacional」と提携|$SACIファントークン発行へ

ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

ジャック・マーがブロックチェーン技術の国際送金で3秒台を実現

注目度の高い仮想通貨ニュース

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

ビットポイント「ポルカドットの入金・ステーキング」が可能に|記念キャンペーンも開催

人気RPG「メイプルストーリー」がアバランチ採用|アイテム作成・報酬機能も

人気RPG「メイプルストーリー」がアバランチ採用|アイテム作成・報酬機能も

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す