カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

by BITTIMES

仮想通貨先進国とも言われるカナダでは、2018年10月に「嗜好用の大麻(マリファナ)」が合法化されています。eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、一見すると暗号通貨には関係なさそうに考えられるこれらの決定によって、ダッシュ(DASH)やモネロ(XMR)などの「匿名通貨」の使用量が増加することは"ほぼ確実"だと語っています。

こちらから読む:ブロックチェーン技術者の育成が進む「カナダ」関連ニュース

マリファナ購入に伴う「プライバシー問題」

Cannabis

カナダでは、2018年10月17日に主要先進国で初めて「個人で楽しむためのマリファナ(大麻)の使用」を合法化することが決定されました。しかし今のところその他多くの国や地域では「大麻は違法」として扱われているため、"大麻使用者"の情報は慎重に扱う必要があると考えられています。

カナダの個人情報保護委員会は今月、個人情報保護の観点から「マリファナ取引」を見た場合に考えられるいくつかの懸念点に対処するための"ガイダンス"を公開しました。この文章には、たとえ合法的に大麻を購入していたとしても、一部の国はそのことを理由に入国を拒否する可能性があるということが書かれています。

このような懸念があることから、同委員会は「大麻の小売業者に必要以上の個人情報を提供しないように」と正式に警告を出しました。

クレジットカードを使用して大麻を購入した場合には「クレジットカード番号」と「カード所有者の名前」の情報が収集がされ、会員カードなどが発行されていた場合などには「メールアドレス」などが収集される場合があります。このようなことから個人情報保護委員会は、『クレジットカードを使用するのが不安な場合には"現金"を使用することを検討するように』と説明しています。

匿名仮想通貨は「大麻購入」に最適

eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、大麻購入時のプライバシー問題によって「匿名性の高い仮想通貨」特にカナダにおける、
ダッシュ(Dash/DASH)
モネロ(Monero/XMR)
の使用量が増加することは"ほぼ確実"だと予想しています。

これ(カナダ政府の警告)によって、匿名通貨、特にカナダのDashとMoneroの使用量が増加することはほぼ確実でしょう。

カナダは以前から仮想通貨に寛容な国として知られており、同国の規制当局は2018年の初めに「デジタル通貨を対象とする国の税制を変更しない」ことを発表しました。また、2018年5月からは、アメリカなど80以上の規制機関と協力して、仮想通貨関連の"悪意ある投資商品"を排除するための「Operation Crypto-sweep」というプロジェクトも行われています。

カナダでは国民の3〜5%の人々がビットコインを保有しているとの調査報告も発表されているため、大麻を購入するために人々が現金の替わりにDASHやXMRなどの匿名通貨を使用する可能性は十分にあると考えられます。ビットコインなどの仮想通貨取引は「監視されている」ということはすでに複数の関係者の発言などで明らかにされているため、"匿名"という特徴を持ったそれらの仮想通貨は、今後もカナダのような国で重宝される可能性は高いと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大NEW

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ドイツ国民観光局はビットコイン決済を受け入れる

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

ブロックチェーン企業パートナー8社を発表|メインネット公開に向け提携拡大:Klaytn

Ford:ブロックチェーンで「児童労働問題」に対処|コバルトのサプライチェーン追跡へ

Ford:ブロックチェーンで「児童労働問題」に対処|コバルトのサプライチェーン追跡へ

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

Land Rover・BMW・IKEAなど顧客にもつマーケティング企業がブロックチェーン技術導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

仮想通貨市場へ参入計画する企業「190社以上」に|事業者登録への関心高まる

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

フィリピンの金融サービス大手が「RippleNet」に参加|国際送金を効率化

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

Epic Games:公式ストア「仮想通貨決済導入はミス」技術採用には多くの課題

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

ウズベキスタン「セキュリティトークン・STO」を調査|新たな仮想通貨投資の可能性へ

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

ランボルギーニを売却して「ビットコイン(BTC)投資」へ:モルガン・クリーク創設者

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年1月6日〜12日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す