カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

by BITTIMES   

仮想通貨先進国とも言われるカナダでは、2018年10月に「嗜好用の大麻(マリファナ)」が合法化されています。eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、一見すると暗号通貨には関係なさそうに考えられるこれらの決定によって、ダッシュ(DASH)やモネロ(XMR)などの「匿名通貨」の使用量が増加することは"ほぼ確実"だと語っています。

こちらから読む:ブロックチェーン技術者の育成が進む「カナダ」関連ニュース

マリファナ購入に伴う「プライバシー問題」

Cannabis

カナダでは、2018年10月17日に主要先進国で初めて「個人で楽しむためのマリファナ(大麻)の使用」を合法化することが決定されました。しかし今のところその他多くの国や地域では「大麻は違法」として扱われているため、"大麻使用者"の情報は慎重に扱う必要があると考えられています。

カナダの個人情報保護委員会は今月、個人情報保護の観点から「マリファナ取引」を見た場合に考えられるいくつかの懸念点に対処するための"ガイダンス"を公開しました。この文章には、たとえ合法的に大麻を購入していたとしても、一部の国はそのことを理由に入国を拒否する可能性があるということが書かれています。

このような懸念があることから、同委員会は「大麻の小売業者に必要以上の個人情報を提供しないように」と正式に警告を出しました。

クレジットカードを使用して大麻を購入した場合には「クレジットカード番号」と「カード所有者の名前」の情報が収集がされ、会員カードなどが発行されていた場合などには「メールアドレス」などが収集される場合があります。このようなことから個人情報保護委員会は、『クレジットカードを使用するのが不安な場合には"現金"を使用することを検討するように』と説明しています。

匿名仮想通貨は「大麻購入」に最適

eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、大麻購入時のプライバシー問題によって「匿名性の高い仮想通貨」特にカナダにおける、
ダッシュ(Dash/DASH)
モネロ(Monero/XMR)
の使用量が増加することは"ほぼ確実"だと予想しています。

これ(カナダ政府の警告)によって、匿名通貨、特にカナダのDashとMoneroの使用量が増加することはほぼ確実でしょう。

カナダは以前から仮想通貨に寛容な国として知られており、同国の規制当局は2018年の初めに「デジタル通貨を対象とする国の税制を変更しない」ことを発表しました。また、2018年5月からは、アメリカなど80以上の規制機関と協力して、仮想通貨関連の"悪意ある投資商品"を排除するための「Operation Crypto-sweep」というプロジェクトも行われています。

カナダでは国民の3〜5%の人々がビットコインを保有しているとの調査報告も発表されているため、大麻を購入するために人々が現金の替わりにDASHやXMRなどの匿名通貨を使用する可能性は十分にあると考えられます。ビットコインなどの仮想通貨取引は「監視されている」ということはすでに複数の関係者の発言などで明らかにされているため、"匿名"という特徴を持ったそれらの仮想通貨は、今後もカナダのような国で重宝される可能性は高いと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

著名投資家Tim Draper:ブロックチェーンは「世界最大の産業」を大きく変革する

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

通信事業者大手「A1テレコム」仮想通貨決済を7店舗で試験導入|BTCなど6銘柄に対応

Libra協会にNPO団体「Heifer International」が参加

Libra協会にNPO団体「Heifer International」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

【FiNANCiE】渋谷生まれのフットボールクラブ「SHIBUYA CITY FC」のトークン販売開始

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

CryptoGames × HARTi「現代アーティストのNFT発行支援」に向け業務提携

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

SQUARE ENIX:2021年夏に「NFTデジタルシール」発売へ|double jump.tokyoと協業

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す