カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

by BITTIMES   

仮想通貨先進国とも言われるカナダでは、2018年10月に「嗜好用の大麻(マリファナ)」が合法化されています。eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、一見すると暗号通貨には関係なさそうに考えられるこれらの決定によって、ダッシュ(DASH)やモネロ(XMR)などの「匿名通貨」の使用量が増加することは"ほぼ確実"だと語っています。

こちらから読む:ブロックチェーン技術者の育成が進む「カナダ」関連ニュース

マリファナ購入に伴う「プライバシー問題」

Cannabis

カナダでは、2018年10月17日に主要先進国で初めて「個人で楽しむためのマリファナ(大麻)の使用」を合法化することが決定されました。しかし今のところその他多くの国や地域では「大麻は違法」として扱われているため、"大麻使用者"の情報は慎重に扱う必要があると考えられています。

カナダの個人情報保護委員会は今月、個人情報保護の観点から「マリファナ取引」を見た場合に考えられるいくつかの懸念点に対処するための"ガイダンス"を公開しました。この文章には、たとえ合法的に大麻を購入していたとしても、一部の国はそのことを理由に入国を拒否する可能性があるということが書かれています。

このような懸念があることから、同委員会は「大麻の小売業者に必要以上の個人情報を提供しないように」と正式に警告を出しました。

クレジットカードを使用して大麻を購入した場合には「クレジットカード番号」と「カード所有者の名前」の情報が収集がされ、会員カードなどが発行されていた場合などには「メールアドレス」などが収集される場合があります。このようなことから個人情報保護委員会は、『クレジットカードを使用するのが不安な場合には"現金"を使用することを検討するように』と説明しています。

匿名仮想通貨は「大麻購入」に最適

eToro(イートロ)のシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan(マティ・グリーンスパン)氏は、大麻購入時のプライバシー問題によって「匿名性の高い仮想通貨」特にカナダにおける、
ダッシュ(Dash/DASH)
モネロ(Monero/XMR)
の使用量が増加することは"ほぼ確実"だと予想しています。

これ(カナダ政府の警告)によって、匿名通貨、特にカナダのDashとMoneroの使用量が増加することはほぼ確実でしょう。

カナダは以前から仮想通貨に寛容な国として知られており、同国の規制当局は2018年の初めに「デジタル通貨を対象とする国の税制を変更しない」ことを発表しました。また、2018年5月からは、アメリカなど80以上の規制機関と協力して、仮想通貨関連の"悪意ある投資商品"を排除するための「Operation Crypto-sweep」というプロジェクトも行われています。

カナダでは国民の3〜5%の人々がビットコインを保有しているとの調査報告も発表されているため、大麻を購入するために人々が現金の替わりにDASHやXMRなどの匿名通貨を使用する可能性は十分にあると考えられます。ビットコインなどの仮想通貨取引は「監視されている」ということはすでに複数の関係者の発言などで明らかにされているため、"匿名"という特徴を持ったそれらの仮想通貨は、今後もカナダのような国で重宝される可能性は高いと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

米著名社会心理学者Jonathan Haidt氏「Cardano(ADA)のファン」だと公言

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

香港証券先物委員会「暗号資産取引所の規制」について意見募集|Huobiは香港進出を計画

香港証券先物委員会「暗号資産取引所の規制」について意見募集|Huobiは香港進出を計画

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

半導体大手AMD:ブロックチェーンゲーム業界団体「Blockchain Game Alliance」に参加

半導体大手AMD:ブロックチェーンゲーム業界団体「Blockchain Game Alliance」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

Coinbaseのビットコイン保有量が判明「サトシ・ナカモト」とほぼ同じ枚数を保有

Coinbaseのビットコイン保有量が判明「サトシ・ナカモト」とほぼ同じ枚数を保有

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

Discordの「隠しリンク機能を悪用した詐欺」に要注意|仮想通貨が盗まれる可能性も

「暗号資産は未来、法定通貨はもう終わり」金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏

「暗号資産は未来、法定通貨はもう終わり」金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏

OKX「32種類の仮想通貨取引ペア削除」を発表|一部銘柄は入出金も停止

OKX「32種類の仮想通貨取引ペア削除」を発表|一部銘柄は入出金も停止

シバイヌチーム:Shibarium基盤の「WBONE」発表|100万トランザクション達成の報告も

シバイヌチーム:Shibarium基盤の「WBONE」発表|100万トランザクション達成の報告も

バイナンスジャパン「Binance Angel」の参加者募集開始|仕事内容やメリットは?

バイナンスジャパン「Binance Angel」の参加者募集開始|仕事内容やメリットは?

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

Google:一部の「NFTゲーム広告」を許可|暗号資産関連のポリシーを更新

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

SBIレミット「XRP活用した国際送金サービス」を強化|3カ国の銀行口座宛送金が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す