生体認証とブロックチェーンで「旅行業務システム」強化:米国税関・国境警備局

by BITTIMES

ブロックチェーン技術は「サプライチェーン管理」や「製品のトレーサビリティ」など、様々な分野で活用されていますが、現在はアメリカの政府機関もこれらの技術活用に関心を示しています。米国税関国境警備局(CBP)の関係者は、最近行われたサミットの中で「Blockchain」と「生体認証技術」を組み合わせることによって、旅行業務システムのセキュリティや効率を高めることができると語りました。

こちらから読む:米国政府機関でも活用が検討されている「ブロックチェーン技術」とは?

米国税関国境警備局(CBP)のプログラムマネージャーであるSikina Hasham氏は、ニューヨークで開催された「Travel Summit」で生体認証技術とブロックチェーン技術を組み合わせて追跡できるようにすることで、旅行業務システムの効率を高めることができると語りました。

私たちが大きな成功を収めている分野の1つは、顔認証と生体認証データです。「米国に入国したいと考えている人」と「実際に飛行機に搭乗する人」が同一人物であるかを確認するために作成したサービスがあります。もしもさらに多くのデータを入手できるのであれば、それは私たちにとって非常に素晴らしいことです。

Sikina Hasham氏は、顔認証技術と生体認証データによって人々の情報を確認する方法を採用しているため「政府が扱っていた以前のデータが利用できるようになれば、さらにセキュリティを向上させることが可能になり、関連するプロセスを効率化することができる」と説明しています。

同氏はそのような方法を採用するためには、複数の管轄区域で様々な組織の協力を得ることが必要になると考えられるものの、ブロックチェーン技術を使用してデータを共有すれば、従来のデータベースよりもはるかに安全かつ高速にデータをやり取りすることができると考えています。

その上でHasham氏は「分散化された情報を伝達は政府によって保護される必要がある」と語っており、CBPが「テック業界の関係者がブロックチェーン技術の使用方法についてより深く理解できるようにするための方法」や「プライバシー」「分散化された情報の把握」などに取り組んでいることを説明しています。

アメリカでは、ブロックチェーン技術の活用が様々な分野で進められており、米国の共和党議員であるTom Emmer(トム・エマー)氏は「2019年はブロックチェーン技術を実際に活用していく年になる」とも語っています。その他複数の国々と同様に今後はアメリカでもブロックチェーン技術の実用化が加速していくと予想されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

不正マイニングのマルウェア、4200以上のサイトに発見

不正マイニングのマルウェア、4200以上のサイトに発見

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオーエスティー(IOST)の「先物取引」提供へ

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

ナショナルラグビーリーグ:ブロックチェーンで「偽造品」に対処|IPオーストラリアと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

GMOコイン「シンボル(XYM)の預入れで現金1万円が当たる!キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相応の仮想通貨がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

中国マクドナルド:新本社ビルオープン記念NFT「Big Mac Rubik's Cube」を発行

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

エルサルバドルの地熱マイニング施設「初のビットコイン採掘」に成功

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

ビットコイン価格が一時「8,200ドル」まで急落|BinanceUSでフラッシュクラッシュ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す