【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

by BITTIMES   

韓国の大手仮想通通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」で、合計金額「約20億9,000万円」にものぼる「300万EOS」と「2,000万XRP」がハッキングによって流出した事が判明しました。現在は警察によって捜査中が進められており、内部犯行の可能性があるとも言われています。

こちらから読む:ハッキング被害は今回で"2度目"に「Bithumb」関連ニュース

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で、2019年3月29日に300万EOS(約14億円)と2,000万XRP(約6億8,000万円)が不正送金された事が米仮想通貨投資会社「Primitive(プリミティブ)」の創設者であるDovey Wan(ドビー・ワン)氏のツイートによって明らかになりました。

イオス(EOS)リップル(XRP)を盗んだとされるハッカーは、先日29日にBithumbでアカウント「ifguz3chmamg」を作成し、EOSのホットウォレットアカウント「g4ydomrxhege」の秘密鍵をハッキングし、EOSを計16回に分けて出金したと伝えられています。

XRPのホットウォレットアドレス「rLaHMvsPnPbiNQSjAgY8Tf8953jxQo4vnu」からは、2,000万XRPを少量、複数回に分けて出金した形跡がある事も明らかとなっています。

なおWan氏は、ハッカーは盗んだEOSとXRPを簡易取引所「ChangeNow」を通して、
Huobi(フォビ)
Kucoin(クーコイン)
・HitBTC
などの大手取引所に送金しているとも報告しています。

韓国の経済メディア「news.never」の報道によると、Bithumbは本日30日に「異常な出金」があったことを認め、入出金サービスを一時停止しハッキングされたEOSとXRPは顧客の資産ではなく会社の持分であると発表したと報告しています。

警察もすでに捜査に入っており「事故の原因」や「正確な被害額」などを調査中であると伝えられていますが、Bithumbはシステム上に外部からの侵入した痕跡が見られなかったことから「内部犯行」の可能性に重点をおいていると発表しています。

なお、今回のハッキングによる価格への影響は今の所見られておらず、記事執筆時点では「1XRP=約35円」「1EOS=約469円」で取引されています。

今週に入り「BiKi.com」や「DragonEX」など仮想通貨取引所のハッキング事件が相次いでおり、より高いセキュリティ対策が求められています。仮想通貨取引所がハッキングの対象になりやすいことは以前から多くの専門家たちが指摘し続けているため、取引を行う予定のない仮想通貨などは、ハードウェアウォレットなどを使って自分自身で管理するようにしましょう。

仮想通貨をより安全に保管するためのハードウェアウォレットLedger Nano Sなどの購入は以下の公式サイトからどうぞ。

Ledger Nano Sなどの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

中国で「ブロックチェーン・ビットコイン」への関心が急増|習近平国家主席の発言受け

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

SBI VC Trade「新規口座開設キャンペーン」開催へ|もれなく50XRPプレゼント

SBI VC Trade「新規口座開設キャンペーン」開催へ|もれなく50XRPプレゼント

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

ドバイが仮想通貨やブロックチェーンの開発を本格始動?

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

ロシアインターネット監督機関:BINANCEを「ブラックリスト」に追加

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

Binance Jersey:2020年11月末で「サービス終了」へ

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

ライトコイン活用したRPGゲーム「LiteBringer(ライトブリンガー)」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す