【速報】ハッキングでXRP・EOS「約21億円相当」が流出:韓国大手仮想通貨取引所Bithumb

by BITTIMES   

韓国の大手仮想通通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」で、合計金額「約20億9,000万円」にものぼる「300万EOS」と「2,000万XRP」がハッキングによって流出した事が判明しました。現在は警察によって捜査中が進められており、内部犯行の可能性があるとも言われています。

こちらから読む:ハッキング被害は今回で"2度目"に「Bithumb」関連ニュース

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で、2019年3月29日に300万EOS(約14億円)と2,000万XRP(約6億8,000万円)が不正送金された事が米仮想通貨投資会社「Primitive(プリミティブ)」の創設者であるDovey Wan(ドビー・ワン)氏のツイートによって明らかになりました。

イオス(EOS)リップル(XRP)を盗んだとされるハッカーは、先日29日にBithumbでアカウント「ifguz3chmamg」を作成し、EOSのホットウォレットアカウント「g4ydomrxhege」の秘密鍵をハッキングし、EOSを計16回に分けて出金したと伝えられています。

XRPのホットウォレットアドレス「rLaHMvsPnPbiNQSjAgY8Tf8953jxQo4vnu」からは、2,000万XRPを少量、複数回に分けて出金した形跡がある事も明らかとなっています。

なおWan氏は、ハッカーは盗んだEOSとXRPを簡易取引所「ChangeNow」を通して、
Huobi(フォビ)
Kucoin(クーコイン)
・HitBTC
などの大手取引所に送金しているとも報告しています。

韓国の経済メディア「news.never」の報道によると、Bithumbは本日30日に「異常な出金」があったことを認め、入出金サービスを一時停止しハッキングされたEOSとXRPは顧客の資産ではなく会社の持分であると発表したと報告しています。

警察もすでに捜査に入っており「事故の原因」や「正確な被害額」などを調査中であると伝えられていますが、Bithumbはシステム上に外部からの侵入した痕跡が見られなかったことから「内部犯行」の可能性に重点をおいていると発表しています。

なお、今回のハッキングによる価格への影響は今の所見られておらず、記事執筆時点では「1XRP=約35円」「1EOS=約469円」で取引されています。

今週に入り「BiKi.com」や「DragonEX」など仮想通貨取引所のハッキング事件が相次いでおり、より高いセキュリティ対策が求められています。仮想通貨取引所がハッキングの対象になりやすいことは以前から多くの専門家たちが指摘し続けているため、取引を行う予定のない仮想通貨などは、ハードウェアウォレットなどを使って自分自身で管理するようにしましょう。

仮想通貨をより安全に保管するためのハードウェアウォレットLedger Nano Sなどの購入は以下の公式サイトからどうぞ。

Ledger Nano Sなどの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

Zaif:スマホ向けアプリの配信終了を発表|ウォレット引継ぎの対応を

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

カカオトークを運営するカカオ社が仮想通貨市場に参入

カカオトークを運営するカカオ社が仮想通貨市場に参入

ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

仮想通貨業界の注目イベント「バフェットランチ」3,4人目の参加者が決定

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

バスのチケット購入も「ビットコイン決済」で|ブラジルの公共交通機関が導入を計画

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

GMOコイン:沖縄Jリーグチームと協力「FC琉球コイン」プロジェクト発足

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す