「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)はこの数年間で急速に認知度を高めており、今や世の中の大半の人々がその言葉を「知っている」と語ります。しかし「Capital Creators」というYouTubeチャンネルが行なった『1BTCと1ドル、いま受け取るならどっちを取るか?』に関するアンケート調査では、米国の大学生の80%が『1ドル』と回答することが明らかにされています。

こちらから読む:1ドル紙幣より魅力的?「ビットコイン」とは?

「1BTC」or「1ドル」どっちが欲しい?

YouTubeチャンネルである「Capital Creators」は、米国の学生に対して『1BTCか1ドル、今もらえるならどっちがいいか?』と質問するアンケート調査を行いました。

アンケートが行われた時のビットコイン価格は「1BTC=約5,400ドル」であり、日本円に換算するとおよそ「59万円」の価値がありました。1ドルの価値は当然「1ドル」であり、日本円に換算すると「約110円」です。

仮想通貨に精通している方であれば当然「1BTC」と即答するでしょう。しかし、このアンケートに回答した大学生の80%は「1ドル」を選びました。では、なぜ彼らはビットコインではなく「ドル」を選んだのでしょうか?

1ドル紙幣を選ぶ理由とは?

bitcoin-fiat

ドルを選んだ理由として最も一般的なものは「ドルは物理的に目の前に存在しており、自分自身がその価値を知っているから」というものでした。1ドル紙幣を受け取れば、その後すぐに自動販売機などで軽食を購入することができます。

ビットコインに関する知識を有している学生は「ビットコインはパスワードを忘れると失われてしまうことになるが、ドルなら失うことはない」と説明しているほか、「1ドルなら価値が変わらない」といった意見も出ています。

ドルを選んだ学生たちは、
ビットコインはリスクが高い
ビットコインの価値がいくらなのかわからない
ドルなら今すぐ使うことができる
ドルなら価格が変わらないので安心できる
といったことを理由としてあげています。

このような学生たちはビットコインに関する詳しい知識は有していないようで、「ビットコインは現金に換金することもできる」ということを知らない学生もいたようです。

ビットコインはまだ認識されていない

btc

今回のアンケート結果は、ビットコインが実際に世の中で広く普及するためにはどのような問題を解決すべきであるかを示しています。ビットコインに関するニュースがテレビなどでも取り上げられるようになったことによって、仮想通貨業界では「ビットコインは"ある程度認識している"」と考えられていましたが、実際には未だに多くの人々が「ビットコインとは何なのか」をはっきりと認識していないようです。

「その場で受け取って数分後には自販機で使用できる」という点では1ドル紙幣の方が優れてはいるものの、「BTCを受け取れば同じ商品を8,000個購入することができる」ということを知れば、ほとんどの人が「1BTC」を選択するでしょう。実際に最初に「1ドル」を選んだ学生の多くは、ビットコインの価値や利便性などを説明された後には意見を変え、ビットコインを選んでいます。

今回のアンケートを行なっているインタビュアーは、実際にウォレットアプリをダウンロードした学生にビットコインをプレゼントしています。これは今までに仮想通貨を広く普及させてきた人々が行なってきた方法の一つでもあります。実際にビットコインを受け取れば「それが1ドルよりも価値があることや、簡単に送金できること、実際に利用できる場所が増えてきていること」などを自分自身で学ぶことができます。

ビットコインをより多くの人々に認識させていくためには、今後も「価格・交換方法・使用方法」などといった基本的なことをもっと多くの人々に伝えていく必要があります。それと同時に「BTCが使える店舗や施設などを増やし、利便性をさらに高めていくこと」が重要であると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

ブロックチェーンで「地下水管理」を効率化|IBMリサーチが干ばつ問題に対処

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

通信大手Verizon:ブロックチェーン活用した「仮想SIM」の特許を取得

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月26日〜2月1日

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

サッカーゲームアプリ「キャプテン翼ZERO」にビットコイン報酬システム実装:GMO

注目度の高い仮想通貨ニュース

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

MyEtherWallet:新たなスマホ向けアプリ「MEW Wallet」公開

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

BitMEX「KYC(本人確認)」導入の可能性|仮想通貨市場にも影響か

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

コインチェック:取引所サービスに「プライスリミット」導入へ

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す