「1BTC or 1ドル」貰うならどっち?米大学生アンケート、圧倒的な結果に

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)はこの数年間で急速に認知度を高めており、今や世の中の大半の人々がその言葉を「知っている」と語ります。しかし「Capital Creators」というYouTubeチャンネルが行なった『1BTCと1ドル、いま受け取るならどっちを取るか?』に関するアンケート調査では、米国の大学生の80%が『1ドル』と回答することが明らかにされています。

こちらから読む:1ドル紙幣より魅力的?「ビットコイン」とは?

「1BTC」or「1ドル」どっちが欲しい?

YouTubeチャンネルである「Capital Creators」は、米国の学生に対して『1BTCか1ドル、今もらえるならどっちがいいか?』と質問するアンケート調査を行いました。

アンケートが行われた時のビットコイン価格は「1BTC=約5,400ドル」であり、日本円に換算するとおよそ「59万円」の価値がありました。1ドルの価値は当然「1ドル」であり、日本円に換算すると「約110円」です。

仮想通貨に精通している方であれば当然「1BTC」と即答するでしょう。しかし、このアンケートに回答した大学生の80%は「1ドル」を選びました。では、なぜ彼らはビットコインではなく「ドル」を選んだのでしょうか?

1ドル紙幣を選ぶ理由とは?

bitcoin-fiat

ドルを選んだ理由として最も一般的なものは「ドルは物理的に目の前に存在しており、自分自身がその価値を知っているから」というものでした。1ドル紙幣を受け取れば、その後すぐに自動販売機などで軽食を購入することができます。

ビットコインに関する知識を有している学生は「ビットコインはパスワードを忘れると失われてしまうことになるが、ドルなら失うことはない」と説明しているほか、「1ドルなら価値が変わらない」といった意見も出ています。

ドルを選んだ学生たちは、
ビットコインはリスクが高い
ビットコインの価値がいくらなのかわからない
ドルなら今すぐ使うことができる
ドルなら価格が変わらないので安心できる
といったことを理由としてあげています。

このような学生たちはビットコインに関する詳しい知識は有していないようで、「ビットコインは現金に換金することもできる」ということを知らない学生もいたようです。

ビットコインはまだ認識されていない

btc

今回のアンケート結果は、ビットコインが実際に世の中で広く普及するためにはどのような問題を解決すべきであるかを示しています。ビットコインに関するニュースがテレビなどでも取り上げられるようになったことによって、仮想通貨業界では「ビットコインは"ある程度認識している"」と考えられていましたが、実際には未だに多くの人々が「ビットコインとは何なのか」をはっきりと認識していないようです。

「その場で受け取って数分後には自販機で使用できる」という点では1ドル紙幣の方が優れてはいるものの、「BTCを受け取れば同じ商品を8,000個購入することができる」ということを知れば、ほとんどの人が「1BTC」を選択するでしょう。実際に最初に「1ドル」を選んだ学生の多くは、ビットコインの価値や利便性などを説明された後には意見を変え、ビットコインを選んでいます。

今回のアンケートを行なっているインタビュアーは、実際にウォレットアプリをダウンロードした学生にビットコインをプレゼントしています。これは今までに仮想通貨を広く普及させてきた人々が行なってきた方法の一つでもあります。実際にビットコインを受け取れば「それが1ドルよりも価値があることや、簡単に送金できること、実際に利用できる場所が増えてきていること」などを自分自身で学ぶことができます。

ビットコインをより多くの人々に認識させていくためには、今後も「価格・交換方法・使用方法」などといった基本的なことをもっと多くの人々に伝えていく必要があります。それと同時に「BTCが使える店舗や施設などを増やし、利便性をさらに高めていくこと」が重要であると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本初ビットコインでガス料金支払いが可能に「年内スタートか?」

日本初ビットコインでガス料金支払いが可能に「年内スタートか?」

Ripple社の「xRapid」利用したフィリピン向けの国際送金に成功|英MercuryFX

Ripple社の「xRapid」利用したフィリピン向けの国際送金に成功|英MercuryFX

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

EU初!デンマークで船舶登録簿管理にブロックチェーンパートナー“シップ”を導入

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

ビットコインはグローバル通貨にならない|リップルCEO

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

中国:デジタル人民元発行に向け「暗号法」正式施行

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

トランプ大統領「イランミサイル攻撃」で声明|ビットコイン価格への影響は?

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

中国初の「ブロックチェーンETF」を申請:大手資産管理会社Penghua Fund

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

Google Playストア:アンドロイド向け「MetaMaskアプリ」を再度許可

Google Playストア:アンドロイド向け「MetaMaskアプリ」を再度許可

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

2020年代は「イーサリアム価格上昇」が続く?BTCとETHの興味深い共通点

Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

ディーカレット:仮想通貨レバレッジ取引アプリ「Android版」リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す