ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)の企業金融部門でディレクターを務めているWilliam Hinman(ウィリアム・ヒンマン)氏は、2019年5月31日に「SEC Fintech Forum 2019」の講演の中で『ICOによるプロジェクトが十分に分散化されていれば、証券法から免除される可能性がある』との考えを改めて語りました。

こちらから読む:G20サミット開催迫る「仮想通貨」関連ニュース

William Hinman(ウィリアム・ヒンマン)氏は、昨年6月に「仮想通貨イーサリアム(ETH)はネットワークが十分に分散化されており、中央集権型のタイプには分類されないため、有価証券としては分類されない」と語りました。

同氏は今回のフォーラム中で、この考え方はICO(イニシャル・コイン・オファリング)によって発行されたトークンにも当てはまるということを示唆しており、具体的な事例として航空機派遣業者である「TurnKey Jet(ターンキー・ジェット)」と同社がICOで発行した仮想通貨「TKJトークン」のことを語りました。

「TKJトークン」は、今年4月に仮想通貨業界で初めてSECからノーアクションレター(*1)を受け取ったプロジェクトであり、ICOによって発行されたにも関わらず「有価証券ではない」との判断を受けたトークンとして知られています。
(*1)ノーアクションレター:特定の行為が法令の規定の適用対象となるかどうかに関する見解を非公式に表明する文章

このTKJトークンは、
・TKJプラットフォーム・ネットワーク・アプリはTKJトークン販売前に開発される
・TKJトークンは販売後すぐに使用できる
・TKJトークンは将来の利益のためでなく、有用性のために販売されている
・TKJトークンはプラットフォーム・ネットワーク・アプリ開発に使用されない
・TKJトークンの転送はTKJプラットフォームのみに制限されている
・TKJトークンの価格は1ドル相当に固定されており、1ドル相当のサービスとして提供される
・TurnKey Jetがトークンを買い戻す際には額面以下でしか取引されない
などの特徴を持っており、トークンを流通市場で販売したり、外部のウォレットに保管したりすることができないため「有価証券には該当しない」と考えられています。

ヒンマン氏は、「TurnKey Jetがもし3年前にSECに来ていた場合、TKJトークンは有価証券とみなされていただろう」と語っています。これは"3年前"というのが"ネットワークが完全に分散化される前"に当たるためです。

同氏の見解は「SECの見解を示している」というわけではないものの、TKJトークンの事例は「トークンが有価証券に該当するかどうか」を判断するためのもう一つの基準となる可能性があります。仮想通貨が証券かどうかを判断するための方法としては「Howey(ハウェイ)テスト」と呼ばれるものがありますが、海外メディアである「Decrypt」はこれとは反対の「TurnKeyテスト」になるだろうと報じています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

アメリカ最大級の「科学博物館」が仮想通貨済に対応|オハイオ州五大湖科学センター

仮想通貨で実現した、稼げるゲーム「BitHunters(ビットハンターズ)」春リリース予定

仮想通貨で実現した、稼げるゲーム「BitHunters(ビットハンターズ)」春リリース予定

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

BINANCE「日本語サービス強化」の可能性?カスタマーサポートの担当者を募集

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

eToro:仮想通貨ウォレットをリリース|Fiat入金・決済機能なども追加予定

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す