暗号資産「ETF」に対する金融庁・国税庁の見解は?税金制度に関する質問にも返答

by BITTIMES   

金融庁は、2019年5月30日に開かれた参議院の財政金融委員会の中で「日本維新の会」に所属する藤巻健史(ふじまきたけし)議員からの質問に答え、暗号資産(仮想通貨)のETF(上場投資信託)に対する見解を語りました。

こちらから読む:TAOTAO、手数料無料キャンペーン開催中「日本」国内ニュース

仮想通貨ETFの承認について

「日本維新の会」に所属する藤巻健史(ふじまきたけし)議員は、2019年5月30日に開かれた参議院の財政金融委員会で、海外では「仮想通貨(暗号資産)ETF」が認められていく動きが見られ始めていることをあげ、そのような国々に遅れをとることがないようにすることの重要性を強調しました。

日本では仮想通貨関連の仕組みを整えていく上で、これまでにも複数回発生している「仮想通貨取引所で起きたハッキング被害」のことが頻繁に指摘されていますが、藤巻議員は「"暗号資産ETF"が承認されることによって、仮想通貨が堅固なカストディアンの下で管理され、機関投資家が参入することによって価格が安定し、結果的にハッキングのリスクを下げることができるのではないか?」と主張しました。

これに対して金融庁の関係者は、「暗号資産に関する法制を検討する場で有識者と議論した際に、"ビットコインのようなパブリック型のブロックチェーンは株式とは違ってキャッシュフロー(お金の流れのこと)やフェアバリュー(適正価格)や裏付けとなる資産が必ずしも観念されるものではなく、需要によってだけ価格が変動する。場合によってはフェアバリューがゼロであることも有り得るため、価格が大きく変動するリスクを抱えている"との指摘があったこと」そして「現在の仮想通貨が"過度な"投機対象になっていること」などを説明し、このような状況の中で暗号資産ETFを承認して、一般の人々がより容易に暗号資産に投資できるようにしていくことに関しては、慎重に対応をとっていく必要があるとの考えを語っています。

金融庁側は「暗号資産ETF」に関してもこれまでに語られてきた仮想通貨の複数の問題点が懸念点になっていることを指摘しましたが、これに対して藤巻議員は、"価格変動の幅が大きい"という懸念点に関しては、仮想通貨ETFを採用することによって価格変動幅を抑えることができるのではないか?と指摘しています。

暗号資産ETFは「20%の分離課税」で良いか?

藤巻議員は、「暗号資産ETFを金融庁が渋っているのは法律上の問題で"暗号資産を財産として認めるか"ということが出てくるからなのではないか?ということも質問し、そのような問題があるのであれば、"信託法第2条や投信法施行規則第19条第3項第1号"に「暗号資産」を明記すれば問題は解決できるのではないか?とも指摘しています。

しかし金融庁側は、先述した「フェアバリューがはっきりしていない」などの懸念点があることから、一般の人々に対してこのような資産への投資を簡単に行えるようにすることが望ましいことか?必要であるのか?という点があることを再度説明し、現時点では特定資産に追加することは考えていないと説明しています。

また藤巻議員は「もし仮想通貨ETFができたら"20%の分離課税"という分類で良いか?」ということに関しても質問し、ETFは"外形"で判断すべきものであり、どのような仮想通貨でETFが構成されているかで判断する仕組みにはなっていないため、論理的に考えれば"仮想通貨ETFは20%の分離課税で良い"と考えられるが、それについてはどのように考えているか?との質問も行なっています。

この質問に対して金融庁の関係者は、「現時点では、暗号資産を投資信託法上の特定資産に追加することは考えていないとされているため、現段階で国税当局から税法上の取り扱いについて答えることは差し控えさせていただきたい」と回答しています。

金融庁は今回の委員会でも、
・暗号資産のボラティリティの高さ
・通貨として使用されていないという点
・暗号資産が過度な投機対象となっている点
などに対する懸念があることを繰り返しており、このような理由から仮想通貨ETFなどの導入には慎重に対応していく必要があるとの見解を示しています。これまでのやり取りの中でも仮想通貨の税制を変更する予定などはないことが語られているため、今後も日本では今の状況が維持されることになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

独自デジタル通貨で「取引効率化・経済成長促進」へ|ルワンダ中央銀行が計画

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

NEM(ネム)今後の価格は6万倍になる?【2018年〜2021年まで予測】

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

セブンイレブン:バーコード決済サービス「7pay」提供へ|PayPay・LINE Payなどにも対応

セブンイレブン:バーコード決済サービス「7pay」提供へ|PayPay・LINE Payなどにも対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

Ripple社CEO「Libraの今後」に悲観的|XRPが証券ではない理由も説明

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

サンディエゴ国際映画祭と「ライトコイン財団」が提携|仮想通貨LTCで賞金を授与

ブロックチェーン用いた「キャリア間決済システム」導入へ|Softbank×日本IBM×TBCASoft

ブロックチェーン用いた「キャリア間決済システム」導入へ|Softbank×日本IBM×TBCASoft

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Operaブラウザ:Android版で「ビットコイン・トロン」をサポート

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す