ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(Cryptocurrency)は、匿名性が高いことなどでも広く知られており、そのような特徴からマネーロンダリング(資金洗浄)などで使用されることなどについての懸念の声もでていました。しかしFBIの関係者は、それらの暗号通貨の取引は実際には容易に追跡して利用者を特定することができることを明かしています。

こちらから読む:匿名通貨ではない?「ビットコイン」の知識を基本から

ビットコインの透明性と匿名性

blockchain

仮想通貨や闇市場の捜査を担当しているFBI関係者は、Bloomberg(ブルームバーグ)が開催したパネルディスカッションの中で、金融ジャーナリストであるCamila Russo(カミラ・ロッソ)氏に対してビットコインなどの仮想通貨は実際には匿名ではなく、簡単に追跡することができるということを明かしており、具体的にビットコインが過去から現在にかけて「どのように使用されてきたか」についての詳細を語っています。

FBI関係者は『ビットコインが誕生して間もない頃は全体の90%が闇取引に使用されていたものの、現在その数は10%にまで減少しており、残りは投機的な目的で使用されている』と語っています。

これに対してロッソ氏は、「闇市場での取引」や「マネーロンダリング(資金洗浄)」などでビットコインを使用するケースは以前より減っているものの、未だに広く行われていることも語っており、ビットコインは本来「送金」や「クロスボーダー決済」などに使用されるべきだと述べています。

また仮想通貨やブロックチェーンの技術は依然として非常に扱いづらく、実際に使用するにはある程度の知識を持っている必要があることも挙げられており、『実際にこれらの技術が世の中で広く普及するには技術的に効率的ではない』とも説明されています。

今回行われたディスカッションでは、ビットコインは「匿名性」の面においては多くの人が思っているほどの性能を備えていないものの、取引に高い「透明性」があることが示されています。

仮想通貨は匿名ではなく「仮名」

coins

一連の会話の中では、FBI当局が「闇取引」や「マネーロンダリング」などでのビットコインの使用に関しては、それほど重要な問題だとは考えていないことが明らかになっています。これはビットコインなどを使って行われた取引は、追跡することが非常に容易であることが理由です。

ロッソ氏は『ビットコインなどの仮想通貨は匿名であるため追跡が難しいと思っている人が多いかもしれないが、実際には「仮名」である』と述べており『取引をIPアドレスと結びつけることによって簡単に追跡することができる』と述べています。

これまでにも複数の著名人が仮想通貨よりも現金の方が犯罪行為に使用されていることを語っており、実際に最近では仮想通貨関連の事件での逮捕者が続々と報告されています。たとえ追跡可能であったとしても、なかったとしても仮想通貨を犯罪行為に使用するような行為は行うべきではありませんが、もし心当たりのある人がいるのであれば、考え方を改める必要があるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

メルカリでビットコイン決済が誕生する日

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインは今後数年間で「660万円」を超え、時価総額は110兆円に:Bobby Lee

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

アンケート回答者に「ビットコイン報酬」Lightning Network用いた実験開始:HashHub×マクロミル

フランスのDomino's Pizza:ビットコイン「1,000万円相当」が当たるキャンペーン開催

フランスのDomino's Pizza:ビットコイン「1,000万円相当」が当たるキャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

Bakkt:仮想通貨カストディサービス「全ての機関向け」に提供開始

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

ブロックチェーン基盤の「チケットアプリ」を試験導入:オランダサッカー協会(KNVB)

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

DeCurret:レバレッジ取引の「iOS版アプリ」公開|手数料無料キャンペーンも同時開催

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

Web3.0とは?ブロックチェーン・仮想通貨がもたらす「次世代のインターネット」

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

中国政府:有害産業リストから「仮想通貨マイニング」を除外

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す