ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(Cryptocurrency)は、匿名性が高いことなどでも広く知られており、そのような特徴からマネーロンダリング(資金洗浄)などで使用されることなどについての懸念の声もでていました。しかしFBIの関係者は、それらの暗号通貨の取引は実際には容易に追跡して利用者を特定することができることを明かしています。

こちらから読む:匿名通貨ではない?「ビットコイン」の知識を基本から

ビットコインの透明性と匿名性

blockchain

仮想通貨や闇市場の捜査を担当しているFBI関係者は、Bloomberg(ブルームバーグ)が開催したパネルディスカッションの中で、金融ジャーナリストであるCamila Russo(カミラ・ロッソ)氏に対してビットコインなどの仮想通貨は実際には匿名ではなく、簡単に追跡することができるということを明かしており、具体的にビットコインが過去から現在にかけて「どのように使用されてきたか」についての詳細を語っています。

FBI関係者は『ビットコインが誕生して間もない頃は全体の90%が闇取引に使用されていたものの、現在その数は10%にまで減少しており、残りは投機的な目的で使用されている』と語っています。

これに対してロッソ氏は、「闇市場での取引」や「マネーロンダリング(資金洗浄)」などでビットコインを使用するケースは以前より減っているものの、未だに広く行われていることも語っており、ビットコインは本来「送金」や「クロスボーダー決済」などに使用されるべきだと述べています。

また仮想通貨やブロックチェーンの技術は依然として非常に扱いづらく、実際に使用するにはある程度の知識を持っている必要があることも挙げられており、『実際にこれらの技術が世の中で広く普及するには技術的に効率的ではない』とも説明されています。

今回行われたディスカッションでは、ビットコインは「匿名性」の面においては多くの人が思っているほどの性能を備えていないものの、取引に高い「透明性」があることが示されています。

仮想通貨は匿名ではなく「仮名」

coins

一連の会話の中では、FBI当局が「闇取引」や「マネーロンダリング」などでのビットコインの使用に関しては、それほど重要な問題だとは考えていないことが明らかになっています。これはビットコインなどを使って行われた取引は、追跡することが非常に容易であることが理由です。

ロッソ氏は『ビットコインなどの仮想通貨は匿名であるため追跡が難しいと思っている人が多いかもしれないが、実際には「仮名」である』と述べており『取引をIPアドレスと結びつけることによって簡単に追跡することができる』と述べています。

これまでにも複数の著名人が仮想通貨よりも現金の方が犯罪行為に使用されていることを語っており、実際に最近では仮想通貨関連の事件での逮捕者が続々と報告されています。たとえ追跡可能であったとしても、なかったとしても仮想通貨を犯罪行為に使用するような行為は行うべきではありませんが、もし心当たりのある人がいるのであれば、考え方を改める必要があるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は、仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

話題の仮想通貨「Cardano/ADA」に言及|著名トレーダーPeter Brandt

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz「NFL・MLB」でもファントークン発行へ|LagardèreSportsと提携

Chiliz「NFL・MLB」でもファントークン発行へ|LagardèreSportsと提携

eスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」来場特典付き無料イベントを開催

eスポーツプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League」来場特典付き無料イベントを開催

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「先物取引」提供へ

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

【注意】YouTubeで「1億XRPの無料配布」謳う詐欺師現る|日本人が標的に

【注意】YouTubeで「1億XRPの無料配布」謳う詐欺師現る|日本人が標的に

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

仮想通貨企業への銀行サービス「拒否すべきではない」イスラエル司法長官

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

分散型求人検索エンジン「LinkedUp」テスト運用開始:仮想通貨スタートアップDfinity

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

安全な「ブロックチェーン通信基盤」導入へ|米海軍、SIMBA Chainに10億円の資金提供

IOTA財団:Trinityウォレットの脆弱性を解決|安全なバージョン「1.4.0」公開

IOTA財団:Trinityウォレットの脆弱性を解決|安全なバージョン「1.4.0」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す