ビットコインの追跡は簡単「仮想通貨は匿名ではない」ー FBI関係者

by BITTIMES   

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨(Cryptocurrency)は、匿名性が高いことなどでも広く知られており、そのような特徴からマネーロンダリング(資金洗浄)などで使用されることなどについての懸念の声もでていました。しかしFBIの関係者は、それらの暗号通貨の取引は実際には容易に追跡して利用者を特定することができることを明かしています。

こちらから読む:匿名通貨ではない?「ビットコイン」の知識を基本から

ビットコインの透明性と匿名性

blockchain

仮想通貨や闇市場の捜査を担当しているFBI関係者は、Bloomberg(ブルームバーグ)が開催したパネルディスカッションの中で、金融ジャーナリストであるCamila Russo(カミラ・ロッソ)氏に対してビットコインなどの仮想通貨は実際には匿名ではなく、簡単に追跡することができるということを明かしており、具体的にビットコインが過去から現在にかけて「どのように使用されてきたか」についての詳細を語っています。

FBI関係者は『ビットコインが誕生して間もない頃は全体の90%が闇取引に使用されていたものの、現在その数は10%にまで減少しており、残りは投機的な目的で使用されている』と語っています。

これに対してロッソ氏は、「闇市場での取引」や「マネーロンダリング(資金洗浄)」などでビットコインを使用するケースは以前より減っているものの、未だに広く行われていることも語っており、ビットコインは本来「送金」や「クロスボーダー決済」などに使用されるべきだと述べています。

また仮想通貨やブロックチェーンの技術は依然として非常に扱いづらく、実際に使用するにはある程度の知識を持っている必要があることも挙げられており、『実際にこれらの技術が世の中で広く普及するには技術的に効率的ではない』とも説明されています。

今回行われたディスカッションでは、ビットコインは「匿名性」の面においては多くの人が思っているほどの性能を備えていないものの、取引に高い「透明性」があることが示されています。

仮想通貨は匿名ではなく「仮名」

coins

一連の会話の中では、FBI当局が「闇取引」や「マネーロンダリング」などでのビットコインの使用に関しては、それほど重要な問題だとは考えていないことが明らかになっています。これはビットコインなどを使って行われた取引は、追跡することが非常に容易であることが理由です。

ロッソ氏は『ビットコインなどの仮想通貨は匿名であるため追跡が難しいと思っている人が多いかもしれないが、実際には「仮名」である』と述べており『取引をIPアドレスと結びつけることによって簡単に追跡することができる』と述べています。

これまでにも複数の著名人が仮想通貨よりも現金の方が犯罪行為に使用されていることを語っており、実際に最近では仮想通貨関連の事件での逮捕者が続々と報告されています。たとえ追跡可能であったとしても、なかったとしても仮想通貨を犯罪行為に使用するような行為は行うべきではありませんが、もし心当たりのある人がいるのであれば、考え方を改める必要があるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

Chiliz(チリーズ)仮想通貨CHZ「約1億円相当」のバーン(焼却処分)を実施

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

BAYC・OthersideのDiscordグループで「フィッシング攻撃」145ETH以上が被害に

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

ビットコイン、今が買いのチャンス?価格急落にもトレーダーは歓迎ムード

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

double jump.tokyo × BeyondConcept「仮想空間におけるNFT取扱い」で共同研究開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

中央アフリカ共和国:BTC法定通貨化に続き「鉱物資源のトークン化」を計画

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Huobi Japan「貸暗号資産サービス」6月下旬から提供へ

Bitget「AFKDAOによる初の上場投票」を開始|BGBをさらに強化するための一歩

Bitget「AFKDAOによる初の上場投票」を開始|BGBをさらに強化するための一歩

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

BTCBOX:かんたん売買サービスで「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始

Sociosアプリ「PayPal用いた仮想通貨CHZの購入」が可能に|EEA5カ国で対応

Sociosアプリ「PayPal用いた仮想通貨CHZの購入」が可能に|EEA5カ国で対応

福岡市「暗号資産スタートアップの資金調達手段拡大」に向け新規提案

福岡市「暗号資産スタートアップの資金調達手段拡大」に向け新規提案

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Zaif:最大3,000円相当のCICCがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:取扱い銘柄数国内No.1記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Zaif:新サービス「自動売買おてがるトレード」6月20日から提供開始

Zaif:新サービス「自動売買おてがるトレード」6月20日から提供開始

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

デフレ型トークンが仮想通貨市場で好まれる理由「CETの買戻し&償却メカニズム」のケーススタディ

Bitget「KOL専用のカスタム取引コンテスト」を開催|最大50,000USDTの取引ボーナスを獲得可能

Bitget「KOL専用のカスタム取引コンテスト」を開催|最大50,000USDTの取引ボーナスを獲得可能

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す