NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

by BITTIMES   

ネム(NEM)のブロックチェーン技術を活用した子供たちの学習支援プラットフォーム「KidLet」がNEMの公式ブログで紹介され世界的に話題となっています。まだ10歳の少女であるタケナカ・カエデさんが立ち上げたこのプロジェクトは、勉強に励む子供たちに「KIDトークン」で報酬を与える仕組みが採用されており、教育の分野に新たな可能性をもたらすことができると期待されています。

こちらから読む:10歳の少女も扱うブロックチェーン「NEM」の基本から学ぶ

未来のための学習支援プラットフォーム「KidLet」

KidLetは、10歳の少女であるタケナカ・カエデさんが立ち上げた学習支援プラットフォームです。カエデさんは10歳にしてこのプロジェクトのCEO兼共同設立者を務めており、ブロックチェーン・サミットなどにも参加し、インタビューなどにも答えています。

KidLetKidLet CEO:タケナカ・カエデさん(画像:kidlet.io)

このプロジェクトにはカエデさんの他にも教育者やブロックチェーンの専門家が協力しており、第4次産業革命やそれに伴う革新的な技術、金融マネジメントの分野に子供たちが早い段階から関与し、自分たちの未来を切り開いていける環境づくりに取り組んでいます。

KidLetは、教育のための製品とブロックチェーン技術を組み合わせることによって子供達のグローバルネットワークを構築し、一人一人の努力に応じた報酬を価値を持った仮想通貨で支払う仕組みを取り入れています。

子供たちの努力に仮想通貨報酬|KidLetCoin(KID)

KidLetのプラットフォームでは、宿題、家事、仕事などで成果を上げた子供たちに価値ある報酬を与えるための仮想通貨である「KidLetCoin(KID)」が発行されます。

現時点では、基本的に1時間の努力に対して「1KID」が報酬として支払われる仕組みとなっていますが、今後は教育ゲームを利用して獲得したスキルに応じた報酬が支払われる仕組みも導入することが予定されており、獲得したKIDトークンを償還するための「オンラインストア」なども立ち上げられる予定となっています。

仮想通貨で報酬が与えられることによって、子供たちはブロックチェーン技術やその他の知識を学びながら、財政管理についても学ぶことができます。この新しい学習プラットフォームは、子供達の学習意欲を高めつつ、最先端のテクノロジーを取り入れた独創的なアイデアを生み出し、今後のテクノロジー社会のリーダーたちを育成する基盤となる可能性を秘めています。

KidLetに関する詳しい情報は以下の公式ホームページからどうぞ
>KidLetの公式ホームページはこちら

NEMプロジェクトは「国家規模」で進行中

NEM-JAPAN

NEMのコミュニティは世界各国で様々なプロジェクトに取り組んでおり、その内容は「地方での小規模プロジェクト」から「国家レベルの大規模なプロジェクト」など非常に様々です。

ベネズエラマレーシアウクライナアラブ首長国連邦(UAE)などの地域では、国を挙げた長期プロジェクトも立ち上げられており、複数の分野でのブロックチェーン技術教育や一般の人々に基本的な知識を伝えるための取り組みなどが進められています。

最近では「一般社団法人NAM JAPAN」も立ち上げられており、日本のブロックチェーン技術導入をさらに促進していくことが発表されています。

仮想通貨価格の下落が騒がれている中で、ブロックチェーン技術に関する知識を広め、次世代を担う技術者の育成にも取り組みながら着実に土台を固めているNEMのコミュニティは、数年後には世界をリードする存在となることが予想されます。

ネム(NEM/XEM)の価格|2018年12月2日

ネム(NEM/XEM)の価格は、先月25日に7円まで下落して以降横ばいの状態が続いており、2018年12月2日時点では「1XEM=8.84円」で取引されています。

2018年11月2日〜12月2日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)2018年11月2日〜12月2日 XEM価格推移(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジャスティン・サン:Tron(TRX)の「トップ10入り」を宣言|最新ニュース近日発表か?

ジャスティン・サン:Tron(TRX)の「トップ10入り」を宣言|最新ニュース近日発表か?

ORBS(オーブス):カカオの子会社の「Ground X」と提携|韓国市場に参入

ORBS(オーブス):カカオの子会社の「Ground X」と提携|韓国市場に参入

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

仮想通貨Libra(リブラ)「2021年1月公開」の可能性=Financial Times報道

仮想通貨Libra(リブラ)「2021年1月公開」の可能性=Financial Times報道

Chiliz:オランダのサッカークラブと初提携「Fortuna Sittard」の$FORトークン発行へ

Chiliz:オランダのサッカークラブと初提携「Fortuna Sittard」の$FORトークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

【Dali】ブランド品と交換可能なNFTが当たる「サービス公開記念キャンペーン」開始

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

ブランド品のNFTマーケット「Dali」本日公開|ルイ・ヴィトンのNFTが当たるチャンスも

ブランド品のNFTマーケット「Dali」本日公開|ルイ・ヴィトンのNFTが当たるチャンスも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す