仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

by BITTIMES

G20財務相・中央銀行総裁会議の声明文の中の仮想通貨(暗号資産)に関連する「マネーロンダリング対策」や「テロ資金対策」の部分で触れられていた、金融活動作業部会(FATF)による「解釈ノートとガイダンス」が2019年6月21日に公開されました。このガイダンスの中では、仮想通貨取引所などの「暗号資産サービスプロバイダー(VASPs)」に対して、利用者の情報を共有し合うことを求めることなどが記されています。

こちらから読む:ビットコイン価格、ついに"1万ドル"を突破「仮想通貨」関連ニュース

マネロン・テロ資金対策として「顧客データの共有」を

マネーロンダリング対策やテロ資金対策などに関する国際的な指導や国際基準の策定などの役割を担っている「金融活動作業部会(FATF)」は、2019年6月21日に仮想通貨に関連するマネーロンダリング対策の「解釈ノートとガイダンス」を公開し、仮想通貨取引所などを含めた「仮想資産サービスプロバイダー(VASPs)」に対して、サービス利用者に関連する情報をお互いに共有し合うことを求めました。

FATFには日本を含めた35か国とEC・GCCという二つの地域機関が加盟しており、今回公開されたガイダンスでは「これらの加盟国に対して、仮想通貨に関する規制強化を求める内容」が記されています。具体的に収集・共有すべき情報としては、以下のようなものが挙げられます。

  • オリジネーターの氏名(送金する顧客などの名前)
  • 取引に使用されるオリジネーターの口座番号(仮想通貨ウォレットなど)
  • オリジネーターの住所・国民識別番号・顧客番号など、オリジネーターの利用機関・利用日・出生地を一意に識別できるもの
  • 受取人の氏名
  • 取引に使用された受取人の口座番号(仮想資産ウォレットなど)

現実的な問題に対する懸念の声も

財務省が今月公開した「G20財務相・中央銀行総裁会議」の声明文では、「マネーロンダリング」や「テロ資金供与」に対する対策に関しては、FATFの「解釈ノート及びガイダンス」を採択することを期待すると説明されていました。

そのため今回公開された「解釈ノートとガイダンス」は仮想通貨業界にとって重要なものとなっていますが、これらの内容に関しては懸念する意見もあがっています。具体的には「仮想通貨ウォレットのアドレスはほぼ匿名であるため、誰が受取り人になっているかわからない」といったものや「世界に200社以上も存在する仮想通貨取引所で連携を図るのは困難なのではないか?」と指摘する声があがっています。

世界の先進国7カ国で構成される「G7」は先日、仮想通貨関連の適切な規制に向けた「G7仮想通貨タスクフォース」の設立を発表したと報告されています。6月28日〜29日には大阪で開催される「20カ国・地域首脳会議(G20サミット)」に合わせて、世界の仮想通貨業界関係者が大阪に集まり、FATFの新しい規制による影響や問題点について話し合いを行う「V20」が開催されることになっています。

世界規模で本格的に進められている仮想通貨規制の強化に向けた取り組みや、今後の発表にはさらに注目が集まります。

>>FATFが公開した「ガイダンス」はこちら(PDF)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

ビットコインSV:スコットランドのサッカークラブ「Ayr United F.C.」とスポンサー契約

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

リップル(XRP)「約3,600万円相当」盗難事件 ー オーストラリアで女性逮捕

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

ブラウザ拡張機能を悪用した「ビットコインの盗難・詐欺」に要注意|Casa CEOが警告

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表:PundiX(NPXS)

フランスのDomino's Pizza:ビットコイン「1,000万円相当」が当たるキャンペーン開催

フランスのDomino's Pizza:ビットコイン「1,000万円相当」が当たるキャンペーン開催

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

カルダノ(ADA)Shelleyテストネットの「第1段階」を完了|ステーキングに関する続報も

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

ブロックチェーンで「野菜・果物」のサプライチェーン管理:スイス最大の小売業者Migros

ブロックチェーンで「野菜・果物」のサプライチェーン管理:スイス最大の小売業者Migros

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

ブロックチェーン×AIで「データセキュリティ向上」の可能性|技術活用が進む理由とは

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

Binance US:新規口座登録と仮想通貨入金「来週から」受付開始|最初は6銘柄に対応

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す