Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

by BITTIMES

Cardano(カルダノ)プロジェクトの中でも特に期待が高まっている開発段階「Shelley(シェリー)」のテストネットが公式サイトで公開されました。このテストネットは3段階で構成されており、今後は待望の「ステーキング」に関するインセンティブシステムなどもテストされる予定となっています。

こちらから読む:IOHKがジョージア政府とMoU締結「Cardano/ADA」関連ニュース

カルダノ「Shelleyテストネット」公開

Cardanoプロジェクトの開発段階の中でも、特に期待されているステップの1つである「Shelley(シェリー)」のテストネットWebサイトが2019年6月21日に公開されました。

公式サイトによると、Shelleyのテストネットではカルダノコミュニティのメンバーや開発者がステークプールを試したり、Cardano上にプールの集合を構築するための方法を提供すると説明されています。

テストネットは以下の3段階で構成されており、段階ごとに順次リリースされると説明されています。
第1段階:セルフノード(前「ボックス内ブロックチェーン」)
第2段階:ネットワークへの接続
第3段階:インセンティブシステム

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行にも注目

Shelleyのステップで特に注目されるのは「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」と呼ばれる仕組みが導入されるという点です。これは一定量の仮想通貨を保有し続けることによって「ステーキング報酬」と呼ばれる報酬を受け取ることができるものであり、ハイスペックなコンピューターを持っていなくてもマイニングのような報酬を受け取ることができる仕組みです。

PoSでは、ADA保有者が先述した「ステークプール」に参加することによって報酬を得ることができるようになっており、一般の人々でも比較的容易にカルダノネットワークのブロック作成に関わることができるのが特徴です。長期的にADAを保有しようと考えている人にとって、より効率的にADAを増やすことができるものであるため、テストネットの結果や今後の進展にはさらに期待が高まります。

カルダノテストネットの公式Webサイトには、様々な事柄についてより詳しく説明されているため、興味ある方は以下のリンクから公式サイトをご覧ください。
>>「カルダノテストネット」の公式サイトはこちら

2019年6月23日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今年4月に一度「10円」まで上昇して以降は横ばいの状態が続いていましたが、その後は着実に回復してきており、2019年6月23日時点では「1ADA=10.34円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2018年12月26日〜2019年6月23日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月26日〜2019年6月23日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

Facebookの仮想通貨プロジェクト「Libra」トークン経済の専門家が関与か

ブロックチェーンベースの「土地管理システム」開発へ:メキシコ自治体

ブロックチェーンベースの「土地管理システム」開発へ:メキシコ自治体

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

Cardano財団:決済ソリューション「ADAPay」公開|店舗・Webサイトでの支払いを処理

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

仮想通貨ウォレット「Guarda Wallet」カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応

仮想通貨ウォレット「Guarda Wallet」カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応

韓国Kakaoの暗号資産ウォレットで「デジタル会員証」発行へ:Angel League

韓国Kakaoの暗号資産ウォレットで「デジタル会員証」発行へ:Angel League

注目度の高い仮想通貨ニュース

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

MCH+参画ブロックチェーンゲーム「Immutable X」にも対応へ|double jump.tokyoが提携拡大

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す