BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

by BITTIMES

プラチナQ DAOエンジニアリングは、すでに大規模な投資家からの投資を受けているガバナンスコイン「Q DAO」のイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を実施すると発表しました。BTCネクスト取引所は「Q DAO」とそのステーブルコインファミリーである「USDQ/KRWQ/JPYQ」の詳細情報を共有しています。

BTCネクスト取引所「第2回IEO」の開始を発表

BTCネクスト仮想通貨プラットフォームは、「Q DAOプロジェクト」のための2回目となるイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)を開始すると発表しました。今年最も期待されるこのトークンセールは「2019年7月1日17:00(日本時間)」にスタートします。

国際的なIEO/ICO/STOマーケティングリーダーであるプラチナ社のブロックチェーン開発部門「プラチナQ DAOエンジニアリング」は、仮想通貨トークンを米ドル・日本円・韓国ウォンなど世界中の重要な通貨に対して固定するステーブルコインシステムを作成しました。

Q DAOステーブルコインシステムは、現在市場に存在するステーブルコインよりも優れた実行可能な代替手段です。現在のステーブルコインは裏付けとなる資産に関する問題を多数抱えていますが「Q DAOエコシステム」内のステーブルコインは、トレーダーや投資家が「USDQ/JPYQ/KRWQ」などのステーブルコインと引き換えに担保として差し出すビットコインやその他の主要仮想通貨を裏付けとしています。当該仮想通貨はステーブルコインがシステムに返還されるまで保管されます。

10回のIEOを「毎月開催」2020年3月まで

「プラチナQ DAOエンジニアリング」は10回のIEOを毎月初日に開催しています。
第1回目は6月1日に実施され、1時間未満で終了しました。この時は15,000枚の「Q DAOトークン」が、1トークンあたり1米ドルの価格で販売されました。このIEOは2020年3月に全てのステージを完了します。

ビジネスモデル

Q DAOシステムはこれまでに何千人ものユーザーによる監査と試験を無事終えており、潜在的な投資家たちのコミュニティはその着実な成長を目にしてきました。「Q DAOトークン」はすでに取引することが可能です。

IEOを通して配分される「Q DAOトークン」の30%は解放され、OTC経由で分配される残りの70%は一定期間凍結されます。

トークン保有者のメリット

USDQおよびKRWQトークンの所有者は、"通常の仮想通貨よりも大幅に価格変動の少ない仮想通貨"を使って取引を楽しむことができます。これは仮想通貨の価値が現実世界の通貨に固定されているためです。また、トレーダーは法定通貨の取引に関する特定の規制に従う必要もありません。

つまりこれらのトークンは「法定通貨の性質」と「仮想通貨取引の手軽さ」を同時に提供しています。このトークンはすでに「ホットビット、BTCネクスト、BTCアルファ、デークス」の各取引所で利用することができます。

「Q DAOトークン」の保有者は、ステーブルコインシステムのガバナンストークンでもあるこのトークンの価格変動によってその保有を動機付けられます。「Q DAOトークン」の保有者は投票権を持っており、総意を通してステーブルコインシステムの運営を間接的にコントロールすることができます。

IEOは投資家に対して「Q DAOトークン」を購入してすぐに利用するための最も有利なオプションを提示します。一方、OTCデスクを通して購入する場合は、すぐに売ることはできないものの、トークンはシステム的に徐々に解放され、投資家は時間をかけて大きな利益を得られる可能性があります。

同社はすでに「Q DAOエコシステム」の下で「米ドルに固定された"USDQ"」と「韓国ウォンに固定された"KRWQ"」という2つのステーブルコインをリリースしています。また「JPYQ、SGDQ、HKDQ、CNYQ」など、世界中の他の重要な通貨に対して固定するステーブルコインをリリースする計画もあります。

世界中の大手メディア「100社以上」が報道

Q DAOはすでに世界中で認知されており、「デイリーHODL・ハッカーヌーン・ブロッコノミ・CCN.com・クリプトデイリー・ザ・マークル」など、世界各国の100以上の大手メディアが「Q DAO」に関する記事を執筆しています。

Q DAOプロジェクトを支える「経験豊富なチームメンバー」

「Q DAOプロジェクト」には、現在100人以上から成るチームが貢献しています。このチームには、ブロックチェーンエンジニアリング・ビジネス開発・法務・財務・マーケティングなどのバックグラウンドを持つ個人が含まれています。

またチームメンバーには、ブリジストン、コカ・コーラ、ドキュサイン、三菱、ウーバー、ヤマハ、ユニクロ、ネッスル、レッドブル、フォックスコンなどの企業に在籍した経験を持つ者もいます。

全く新しい種類のステーブルコインを

Q DAOのIEOは、現在の仮想通貨市場の願望をまさに反映する"全く新しい種類のステーブルコイン"を購入するための他にはないチャンスです。一般的なステーブルコインを悩ませている問題は、仮想通貨ファンが紛れもなく痛みを感じるポイントとなってきました。彼らは、それらのいわゆる「ステーブルコイン」が価値の安定を維持するために背後で多くの操作が行われており、とてもステーブル(安定)とは言えないことを理解し始めています。

Q DAOシステムは「ステーブルコインの価値が国際的な法定通貨に対して固定される」というシンプルな原理に従って機能します。一般的な多くのステーブルコインがその価値を保留された資産(例えば、第三者銀行口座の中の数百万米ドル)で裏付ける必要があるのに対して、「Q DAOシステム」はそのステーブルコインを、ビットコインやその他の主要仮想通貨の形で差し出された担保によって裏付けます(担保はトレーダーがステーブルコインの購入と引き換えに維持する)。このことも、価格変動を最小限に抑え続けるのに大いに役立っています。

Q DAOトークンセールはユーザーにとって、将来の潜在的なユニコーンに対しアーリーステージの段階で投資する優れたチャンスです。

Q DAOについて

Q DAOは、アルゴリズムを使って高い安定性と信頼性を提供する幅広い範囲の分散型ステーブルコインを含む「Q DAOエコシステム」の内部トークンです。高速AIによって監視される完全なオンチェーンの「Q DAOエコシステム」は、悪意ある行為やサイバー攻撃に対して信頼性の高い保護を確保します。

法定通貨固定型仮想通貨として登場したこのステーブルコインは「担保化による革新的なソリューション」と「安定化メカニズムの助け」および「耐久性の高いステーブルコインの予言」を共に前進させるために「プラチナQ DAOエンジニアリング」によってもたらされました。

同社はすでに「米ドルに固定されたUSDQ」と「韓国ウォンに固定されたKRWQ」という2つのステーブルコインを上場しています。チームはさらに「JPYQ/SGDQ/HKDQ/CNYQ」などの全面的な裏付けを持つステーブルコインを全て「Q DAOブランド」の下でリリースしようとしています。完全な匿名性を持つQ DAOエコシステムのステーブルコインは、この時代遅れの世界を飛び越えています。

プラチナQ DAOエンジニアリングについて

プラチナQ DAOエンジニアリングは、「IEO/STO上場・助言・マーケティング・法務・技術」などのサービスを提供する、フルサイクル型の国際企業です。

多数のプロジェクトで2億米ドル以上の資金調達を支援した経験を持つ「プラチナQ DAOエンジニアリング」は、マーケティング・広報・経営・コンサルティング・プログラミング・サイバーセキュリティ・教育・法律顧問など幅広い経験を持つ100名以上の専門家を従業員として抱えています。

同社は「あらゆる仮想資産に対して信頼性の高い安全でシームレスなアクセスを提供する最先端の製品を開発することによって、人々の生活をより良くし、経済の成長を促進すること」をミッションとしています。

BTCネクストについて

BTCネクスト取引所は、初心者向けに設計され、専門家によって提供される仮想通貨取引プラットフォームです。BTCネクストの開発者たちは、投資家の資金を守るために300種類以上のセキュリティ手段を導入しています。

近い将来、BTCネクストのユーザーは「ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン」を含む100種類以上のトークンを取引できるようになります。

より詳しい情報は、記事の最後に記載している同取引所のウェブサイトや、Twitter、Instagram、Telegram、Facebook、Medium、LinkiedInで同取引所をフォローすることによって確認することができます。

また、同取引所公式ウェブサイトの「ニュース」セクションで、Q DAOエコシステムに関する全ての最新情報を常に入手することができます。「公式英語Telegramチャット」または「公式日本語Telegramチャット」に参加すれば、イベントや開発に関する定期的な最新情報を入手することも可能です。また、公式LINEに参加すれば「プラチナQ DAO」の経営陣に日本語で直接質問することもできます。

公式ウェブサイト
Twitter
Instagram
Telegram
Facebook
Medium
LinkiedIn
公式英語Telegramチャット
公式日本語Telegramチャット


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁:コインチェックを仮想通貨交換業者として「正式登録」か

金融庁:コインチェックを仮想通貨交換業者として「正式登録」か

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

ブロックチェーンで「スコッチ・ウィスキー」を追跡|酒造メーカーが蒸留酒の品質保証:スコットランド

ブロックチェーンで「スコッチ・ウィスキー」を追跡|酒造メーカーが蒸留酒の品質保証:スコットランド

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

McAfeeDex「Tron関連トークン」を正式サポート|通貨ペアの追加も受付中

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

Bakkt:シンガポールで「現金決済のビットコイン先物」承認求める

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

BitGo:Tron初の「マルチシグウォレット・保管ソリューション」提供開始

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

LINE・ヤフー「経営統合」について正式発表|仮想通貨関連事業も強化か

Cardano:Shelley報酬付きテストネット「開始予定日」が決定

Cardano:Shelley報酬付きテストネット「開始予定日」が決定

人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

人気ゲームブックを「ブロックチェーン版」にリニューアル|Microsoftなどが共同開発

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

ブロックチェーンゲームの資産価値が確認できる「アセットアナライザーβ版」公開

Poloniex「Tron/TRX」サポートへ|iPhoneやロレックスがもらえるキャンペーンも開催

Poloniex「Tron/TRX」サポートへ|iPhoneやロレックスがもらえるキャンペーンも開催

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

ジョン・マカフィー「2020年アメリカ大統領選挙キャンペーン」正式に開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す