「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

by BITTIMES

Orbs(オーブス)、IBM(アイビーエム)、ConsenSys(コンセンシス)などを含む複数のブロックチェーン関連企業が「通信事業者向けのグローバルブロックチェーン決済プラットフォーム」の構築で協力していくことが明らかになりました。このネットワークには、世界各国を代表する大手通信事業者などが数多く参加しており「通信事業者向けに自動決済アプリケーションの導入をサポートする」と伝えられています。

こちらから読む:つくば市が"投票システム"に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

大手通信事業者やテック企業が数多く参加

世界最大の通信事業者向けリーダーネットワークである「ITWグローバルリーダーズフォーラム(ITW Global Leaders’ Forum/GLF)」は、ブロックチェーンを基盤としたプラットフォームである「Communications Blockchain Network(CBN)」を発表しました。

このブロックチェーンプラットフォームは、情報通信技術(ICT)サービスプロバイダー業界の商業決済インフラストラクチャに革命をもたらし、業界にとって何十億もの価値のある機会を提供すると伝えられています。またCBNは、今後数カ月以内には稼働する予定となっており、業界全体の枠組みによって管理されるとのことです。

現在は、
・A1 Telekom Austria(A1テレコム・オーストラリア)
・China Telecom Global(チャイナ・テレコム・グローバル)
・Colt Technology Services(コルト・テクノロジーサービス)
・Deutsche Telekom Global Carrier(ドイツ・テレコム・グローバルキャリア)
・IDT
・Orange(オレンジ)
・PCCW Global(PCCWグローバル)
・Tata Communications(タタコミュニケーションズ)
・Telefonica(テレフォニカ)
・Telstra(テルストラ)
・TNZI の合計11社がプラットフォームの設立を支援することで合意したと伝えられています。

さらにGLFは、主要なテック企業との提携を通じてリファレンスアーキテクチャを開発し、ICTサービスプロバイダーとテクノロジベンダの両方にとってオープンで相互運用可能なエコシステムの構築をサポートしています。

現在は、
・IBM(アイビーエム)
・Orbs(オーブス)
・ConsenSys(コンセンシス)
・R3
・Amartus
・Clear Blockchain Technologies
・CSGとその卸売業者
・Difitek
・Internet Mobile Communications
・Subex
・Syniverse
・TOMIA
など10社を超えるテック企業がプラットフォームをサポートしているとのことです。

情報通信業界に新たな繋がりを

ブロックチェーン技術を組み合わせれば、プロセスを自動化してセキュリティを向上させ、サービスプロバイダー間の決済プロセスに大きな利点をもたらすことができます。これはコンセンサスを築き、国際的な枠組みを構築するのにも役立ちます。

Communications Blockchain Network(CBN)は、まず初めに様々なテクノロジーと企業のコラボレーションを通じてフレームワークを作成すると伝えられています。これが複数のプロバイダーがネットワークに参加している理由であり、ネットワークが稼働している時に通信会社とITキャリアは作業に慣れている特定のベンダーを選ぶことができると説明されています。

CBNの全体的な目的は、つながりを提供することによって、より幅広いICTコミュニティに役立つことです。これによって「自動化された決済アプリケーションの採用」や「サービスプロバイダー間の相互運用性を可能にするオープンソース標準およびAPIの開発」が促進されます。

ブロックチェーン関連企業のコラボレーションにも注目

Communications Blockchain Network(CBN)には、有名な通信事業社が数多く参加していますが、プラットフォームを開発しているテック企業も注目に値します。このプロジェクトには「IBM/Orbs/ConsenSys/R3」といった企業向けの「許可型ブロックチェーン」と「非許可型ブロックチェーン」を専門とするプロバイダーが含まれています。

例えば「Orbs(オーブス)」は、企業向けに設計された「パブリックブロックチェーンインフラストラクチャー」です。同社のプラットフォームはアクセス権のないインフラストラクチャの価値を企業のビジネスで最大限に活かせるように設計されているという特徴を有しています。

一方「IBM(アイビーエム)」は、Hyperledger Fabric上で動作する「プライベートな許可型ブロックチェーンネットワーク」を提供しています。IBMはすでに非常に多くの企業におけるブロックチェーン実装をサポートしてきた経歴を持っており、今や世界中の様々なビジネスで同社の技術が活用されています。

また「ConsenSys(コンセンシス)」は、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を活用した様々なソリューションを提供しています。同社のソリューションも様々なシーンで活用されており、イーサリアムの技術を扱う開発者たちに広く利用されているツールなども提供しています。

このような複数のブロックチェーンプロバイダーが協力することによって、情報通信業界における様々な問題に対応することができると考えられます。これらの参加企業の中でも特に特徴的な企業である「Orbs」は、近年その活動が活発化してきており、その他複数のニュースでも取り上げられているため、同社の今後の活躍にも期待が高まります。

2019年6月27日|オーブス(Orbs/ORBS)の価格

ORBS(オーブス)の価格は、本日27日の午前7時ごろに3円台まで下落しましたが、その後はやや回復し始めており、記事執筆時点では「1ORBS=3.48円」で取引されています。

2019年6月20日〜2019年6月27日 ORBSのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月20日〜2019年6月27日 ORBSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

コイントレード「RealPayギフト」と提携|好きな仮想通貨がもらえるキャンペーンも

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

サザビーズ:独自のNFTプラットフォーム「Sotheby’s Metaverse」公開

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

与沢 翼氏「10億円相当のシンボル(Symbol/XYM)を保有している」と公表

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ゲームプレイヤーマッチングサービス「GameTomodachi」公開へ|タイムコイン報酬も

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ビットコイン:BINANCEのBTC/USDTペアで「過去最高値」突破|アルトコイン価格も回復傾向

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す