カルダノ財団:仮想通貨業界の規制ガイドライン策定団体「GDF」に参加

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)を支えている団体の一つである「カルダノ財団(Cardano Foundation)」は、2019年7月4日に仮想通貨や金融技術に関する業界基準などを策定している業界団体「グローバル・デジタル・ファイナンス(Global Digital Finance/GDF)」に参加したことを発表しました。

こちらから読む:ハードウォレット"ELLIPAL"で保管可能に「Cardano/ADA」関連ニュース

仮想通貨業界の「基準や原則の策定」に参加

カルダノ財団(Cardano Foundation)は、仮想通貨やフィンテックなどの最先端技術を効率的に活用していくために、仮想通貨分野の規制ガイドラインなど作成している業界団体「グローバル・デジタル・ファイナンス(Global Digital Finance/GDF)」の一員となったことを2019年7月4日に発表しました。

ロンドンを拠点とするこの組織には仮想通貨業界の大手企業も多数参加しており、公式サイトには
・CIRCLE(仮想通貨決済企業)
ConsenSys(ブロックチェーン企業)
Huobi(仮想通貨取引所)
Coinbase(仮想通貨取引所)
などの名前も記載されています。

団体に参加するための必須プロセスとして厳格な基準を定めている「GDF」は、
・本人確認(KYC)
・アンチマネーロンダリング(AML)
ステーブルコイン
カストディ
・セキュリティトークン
など、様々な面で業界の基準や一般原則を策定する業界団体であり、これらの適切な業界基準・規制を定めることによって、より健全に業界の発展を促進していくことを目指しています。

カルダノ財団は、今年4月にアメリカ委員会の「信頼できるブロックチェーン・アプリケーションのための国際協会(INATBA)」に創立メンバーとして参加したことも発表しています。

INATBAは、分散型台帳技術(DLT)やブロックチェーン技術を次の段階に進めるために、開発者・ユーザー・規制当局・政策立案者が交流できるグローバルフォーラムを提供すると説明されています。

仮想通貨業界を導いていくための、国際的な団体に積極的に参加しているカルダノ財団は、今後も業界の発展を担うリーダーの一つとして活躍していくことでしょう。

2019年7月6日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、今年4月に10円台まで上昇しましたが、その後は停滞が続いており、2019年7月6日時点では「1ADA=8.37円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年1月8日〜2019年7月6日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月8日〜2019年7月6日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)今後4年間の相場・価格予測

ビットコインキャッシュ(BCH)今後4年間の相場・価格予測

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

今、投資家が注目すべきは「ビットコイン」ではない:Bernhard Schroeder

ビットコイン価格は10ヶ月以内に110万円を超える「元ヘッジファンドマネージャーが発言」

ビットコイン価格は10ヶ月以内に110万円を超える「元ヘッジファンドマネージャーが発言」

ブロックチェーンで学校の「インターネット環境改善」ユニセフとキルギス政府が協力

ブロックチェーンで学校の「インターネット環境改善」ユニセフとキルギス政府が協力

仮想通貨取引に上限額設定を義務付けへ|レバレッジ自主規制ルールも計画

仮想通貨取引に上限額設定を義務付けへ|レバレッジ自主規制ルールも計画

John McAfeeがマカフィーコイン(McAfee Coin)をリリースか

John McAfeeがマカフィーコイン(McAfee Coin)をリリースか

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

生命保険の請求プロセスを「イーサリアムブロックチェーン」で効率化:メットライフ

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

日本政府:新たな暗号技術を模索「耐量子コンピューター」を重要視|2023年導入目指す

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月23日〜29日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月23日〜29日

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

LINE:日本向け仮想通貨取引所「BITMAX」に関する報道にコメント

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す