Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

by BITTIMES

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の取引履歴などの情報を簡単に確認することができるブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」が、2019年5月21日に正式にリリースされました。「SEIZA」の公式サイトには「ステーキングシミュレーター」や「ステークプール」に関するページも近日公開予定であることが記されています。

こちらから読む:あの焼肉店が正式に"ADA決済"を採用「Cardano/ADA」関連ニュース

CARDANOブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA」

seiza-logo

SEIZA(セイザ)とは、カルダノブロックチェーンの商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」が開発した公式ブロックチェーンエクスプローラーです。この検索ツールを使用すれば、Cardanoブロックチェーン上に記録されている取引履歴を素早く確認することができます。

具体的には、
・スロット数
・ブロック数
・取引数
・資金移動数
・手数料
・アクティブなアドレス数
・空のスロット数
・Cardano(ADA)の価格
などといった、カルダノブロックチェーンに関する様々な情報を確認することができるようになっています。

言語は、英語と日本語の両方に対応しているため、英語が苦手な方でも気軽に利用することができます。

「ステーキングシミュレーター・ステークプール」近日公開

公式サイトには、
ステーキングシミュレーター
ステークプール
のページも近日公開予定であることが記されています。

SEIZAのホーム画面(画像:seiza.com)SEIZAのホーム画面(画像:seiza.com)

これらのページは、ADA保有者が特定の条件を満たすことによって報酬を受け取ることができる"ステーキング"が本格的に可能となる次の開発段階「Shelley(シェリー)」のステップにおいて重要な役割を担うものでもあるため、正式な公開にはさらに期待が高まります。

この"ステーキング報酬"の仕組みは専門的な用語も多くやや複雑なものとなっているため少し難しく感じる部分もありますが、実際にステーキングに参加できるようになった時には、単純なステップで誰でも気軽に参加できるような設計が組まれると予想されるため、長期的にADAを保有しようと考えている方は、今のうちから大まかな内容などを理解しておくと良いでしょう。

カルダノプロジェクトは現在も順調に開発が進められており、本日22日には人気のお笑い芸人"たむけん"こと「たむらけんじ氏」がオーナーを務めている焼肉店「炭火焼肉たむら」でADA決済が正式に導入されることも発表されています。日本国内でも実用化が進む「Cardano/ADA」には今後も注目です

>>「SEIZA」の公式サイトはこちら

2019年5月22日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は今月16日に11円近くまで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年5月22日時点では「1ADA=9.31円」で取引されています。

2019年4月22日〜2019年5月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月22日〜2019年5月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

Twitter CEO:史上最古の歴史的ツイートを「NFT」として発行・販売

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

ブロックチェーン基盤の「デジタルゴールド転送システム」を稼働:トルコの銀行

ブロックチェーン基盤の「デジタルゴールド転送システム」を稼働:トルコの銀行

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

Binance Research「Libraは決済業界に革命をもたらす可能性」SpaceX社と比較

セサミストリートと学ぶブロックチェーンの仕組み

セサミストリートと学ぶブロックチェーンの仕組み

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

著名トレーダー:XRP・TRXに強気姿勢|トレンド転換で「垂直上げ」の可能性も?

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す