仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

by BITTIMES

西オーストラリア州パース市に位置する同州最大規模の総合大学である「Curtin University(カーティン大学)」は、2019年7月23日に暗号資産で寄付を行うことができる奨学金制度「仮想通貨PhD奨学金基金」を発表しました。このファンドの立ち上げには「セントラリティ(Centrality/CENNZ)」と「Nelnet International(ネルネット・インターナショナル)」が協力しています。

こちらから読む:リップル社なども積極的に寄付「大学」関連ニュース

ブロックチェーン技術者育成の大きなチャンス

カーティン大学が発表した「仮想通貨PhD奨学金基金」は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
の2銘柄で寄付を行うことができるものとなっています。

企業や個人は「仮想通貨PhD奨学金基金」を通じて
・ブロックチェーン
・サイバーセキュリティ
・データ分析
の分野でPhDの学生に資金を提供することができます。

カーティン大学の副学長補佐研究員であるGarry Allison(ガリー・アリソン)教授は、今回立ち上げられたファンドは新しい技術を学ぶ学生たちを支援し、それらのテクノロジーをさらに発展させる大きなチャンスだと語っています。

仮想通貨PhD奨学金基金を設立することによって、カーティン大学はビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨から大きな利益を得た起業家に、これらのコミュニティに何かを還元する機会を提供することができます。

また、カーティン大学のRohan McDougall氏は『仮想通貨は不安定なままではあるものの、"ブロックチェーン技術の応用"に対する関心は高まり続けている』と述べており、ブロックチェーン技術の特性を最大限に活かしたアプリケーションを開発するにはさらなる研究開発が必要であるため、カーティン大学は今回のファンドを立ち上げたと説明しています。

セントラリティ(CENNZ)などが教育を支援

カーティン大学が立ち上げた寄付システムは、学生ローンの支払い支援や教育機関向け授業料支払いシステムを開発している「Nelnet International(ネルネット・インターナショナル)」と、ブロックチェーンベースの分散型マーケットプレイスを開発している「セントラリティ(Centrality/CENNZ)」によって開発された"Web3.0決済システム"を採用しており、BTCやETHによるリアルタイムで直接的な資金のやり取りを実現しています。

また、セントラリティは「Web3.0プラットフォーム」と「開発者向けツールキット」を提供し、学生や研究者が利用できるようにすることを予定しているため、カーティン大学の学生たちはは実際に利用されているソフトウェアを使用して分散型アプリケーション(DApps)を構築することができるとも説明されています。

ブロックチェーン仮想通貨業界がこれからさらに成長していくためには、新しい技術者の育成が必要不可欠だと言われています。カーティン大学が立ち上げた「仮想通貨Ph.D.奨学金基金」は、投資家の人々を巻き込んでこのような問題を解決するきっかけになると期待されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

欧州サッカー連盟:イーサリアムブロックチェーンで「UEFA EURO 2020」のチケット発行へ

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

人気ロックバンドのベーシスト、仮想通貨取引アプリ開発企業「Zumo」に出資

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

FanDuel:仮想通貨DASHが賞金の「NFL Crypto Cup」開幕!NBAコンテストの発表も

FanDuel:仮想通貨DASHが賞金の「NFL Crypto Cup」開幕!NBAコンテストの発表も

暗号化技術は未来の基本「デジタル社会」には必要不可欠:Circle CEO

暗号化技術は未来の基本「デジタル社会」には必要不可欠:Circle CEO

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

ファイルコイン(Filecoin/FIL)今後3週間ほどで「メインネット」開始予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す