仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

by BITTIMES

仮想通貨(暗号資産)やブロックチェーンを活用したインターネットブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、Twitterユーザーがベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を利用して、コンテンツ制作者にチップを送ることができるサービスを一般公開しました。

こちらから読む:Bakktの"ビットコイン先物"公開は近い?「仮想通貨」関連ニュース

Twitterでの「BAT投げ銭機能」を追加

Brave(ブレイブ)は、2019年8月1日にBraveユーザーが仮想通貨「ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)」を利用してコンテンツ製作者にTwitterでチップを送ることができるようになったことを発表しました。

すでにBraveを利用しているユーザーは「Brave Rewards」の機能を有効にしてBraveのブラウザでTwitterにアクセスすると、リツイートボタンなどが表示されている欄に「チップアイコン」が表示されるようになっています。

(画像:Brave)(画像:Brave)

このボタンをクリックすることによって、ユーザーは自分の指定した数量だけツイートの作成者にBATを送信することができるとされています。さらに同社は、広告を見ることによって仮想通貨BATを得ることができる「Brave Ads(ブレイブアド)」の機能を利用できない地域の人々向けに10万BATを用意しています。対象地域のユーザーはBrave Rewardsに表示されている「同意する」ボタンをクリックすることによって、1ドル(約107円)相当のBATを受け取ることができます。

Brave Rewardsでは「YouTube」や「Twitch」でもチップを送ることができるようになっており、今後は「Reddit・GitHub・Vimeo」でも利用できるようになると伝えられています。

Braveはこの機能を今年の5月から開発者向けに公開していましたが、今回は一般のユーザー向けに機能が公開されています。Braveブラウザの機能の一部は日本では利用できないようになっているものの、続々と新しい機能を追加し続けているBraveには今後も注目です。

2019年8月2日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先月17日に22円まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年8月2日時点では「1BAT=25.23円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年7月3日〜8月2日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年7月3日〜8月2日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

NEM:カタパルトのメインネット稼働に向け「今後のスケジュール」を公開

Ripple社:送金大手MoneyGramとの「提携関係終了」を発表

Ripple社:送金大手MoneyGramとの「提携関係終了」を発表

ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

ビットコイン「ショート」に中国人マイナーも参加|下落相場でのリスクヘッジ

ビットコイン「ショート」に中国人マイナーも参加|下落相場でのリスクヘッジ

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す