Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

by BITTIMES

Brave Browser(ブレイブ・ブラウザ)は、ユーザーが広告から入手したベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)の出金を可能にする新しい機能を導入しています。この機能は現在、開発者向けにしか提供されていませんが、コミュニティの人々は近い将来にはBATを引き出せるようになる可能性があると期待を示しています。

こちらから読む:Tron CEO、過激なマーケティングについて謝罪「仮想通貨」関連ニュース

金融アプリ「Uphold」への出金機能を提供

Brave Browser(ブレイブ・ブラウザ)は、ブラウザ上に広告を表示させたりすることによって仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を得ることができるようになっていますが、入手したBATはブラウザ内臓のウォレットに保管されるようになっており、利用方法はコンテンツの作成者などに寄付することしかありませんでした。

しかし最近「Brave Community Forum」に投稿された内容によると、Braveの開発・テスト用バージョンである「Brave's Nightly build」を利用しているユーザーは、様々な資産を保管することができる金融アプリ「Uphold(アップホールド)」でアカウントを作成すると「Brave Rewards ウォレット」からBATを引き出すことができると報告されています。

海外の仮想通貨メディアである「Cryptoslate」は、ある企業の代表者は「ユーザーは追加のBATを購入することができるようになるだろう」と語ったと報じています。Upholdは仮想通貨だけでなく「23種類の法定通貨」や「クレジットカード」などにも対応しているため、実際にBATを購入できるようになるのであれば、様々な方法でBATが購入できるようになると期待されます。

一部のユーザーは「Upholdのみ」の対応になっていることを批判しているものの、同氏は「Brave Rewards ウォレット」が匿名ウォレットであることを考えると、登録が必要な「Uphold」が最初に出金可能なウォレットになることは"自然なことである"と説明しており、その他の出金方法は今後追加されていくことになるだろうと語っています。

Brave Browserは順調に開発を進めており、先月末には新しいバージョンがビットコイン(BTC)などを含む7種類の仮想通貨やハードウェアウォレットに対応する可能性があることなども明らかになりました。

仮想通貨・ブロックチェーンに対応した代表的なブラウザとして、多くのユーザーから高い評価を受けている「Brave Browser」には今後も期待が高まります。

>>「Brave's Nightly build」のダウンロードはこちら

2019年7月26日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先日17日に22円近くまで下落しましたが、その後はやや回復しており、2019年7月26日時点では「1BAT=25.03円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年5月27日〜7月26日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年5月27日〜7月26日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

トレンド情報番組「ズンズン!! ニトリ」放送開始:NFTゲーム開発企業アバンギャルドチェーン

【Klaytn】韓国Kakaoのブロックチェーンが「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

【Klaytn】韓国Kakaoのブロックチェーンが「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

【完全版】TREZOR(トレザー)とは?基本情報から「購入方法・使い方」まで詳しく解説

【完全版】TREZOR(トレザー)とは?基本情報から「購入方法・使い方」まで詳しく解説

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所リリース記念「Taker手数料割引キャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif「IEO事業の検討」を開始|トークン発行による資金調達を支援

Zaif「IEO事業の検討」を開始|トークン発行による資金調達を支援

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

サムスン:Decentralandのメタバースで「Samsung 837X」オープン|MANA価格も上昇

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

Chiliz Exchange:コロンビア「Millonarios FC」の$MFCファントークン10日に取引開始

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

【重要】日本円ステーブルコイン「ICHIBA」取扱終了へ|ICB→JPYCの交換受付開始

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

Club CAMELOT:メタバースナイトクラブ「Discover feed」のローンチ記念イベント開催へ

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

Decentralandのメタバースに「メタ・リゾートTOKYO」建設へ:ピクセルカンパニーズ

Decentralandのメタバースに「メタ・リゾートTOKYO」建設へ:ピクセルカンパニーズ

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

GameStop:ゲーム関連の「NFTマーケットプレイス」2022年内リリースか=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す