Braveブラウザ:仮想通貨BATの「出金機能」追加へ|開発者向けに提供開始

by BITTIMES

Brave Browser(ブレイブ・ブラウザ)は、ユーザーが広告から入手したベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)の出金を可能にする新しい機能を導入しています。この機能は現在、開発者向けにしか提供されていませんが、コミュニティの人々は近い将来にはBATを引き出せるようになる可能性があると期待を示しています。

こちらから読む:Tron CEO、過激なマーケティングについて謝罪「仮想通貨」関連ニュース

金融アプリ「Uphold」への出金機能を提供

Brave Browser(ブレイブ・ブラウザ)は、ブラウザ上に広告を表示させたりすることによって仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)を得ることができるようになっていますが、入手したBATはブラウザ内臓のウォレットに保管されるようになっており、利用方法はコンテンツの作成者などに寄付することしかありませんでした。

しかし最近「Brave Community Forum」に投稿された内容によると、Braveの開発・テスト用バージョンである「Brave's Nightly build」を利用しているユーザーは、様々な資産を保管することができる金融アプリ「Uphold(アップホールド)」でアカウントを作成すると「Brave Rewards ウォレット」からBATを引き出すことができると報告されています。

海外の仮想通貨メディアである「Cryptoslate」は、ある企業の代表者は「ユーザーは追加のBATを購入することができるようになるだろう」と語ったと報じています。Upholdは仮想通貨だけでなく「23種類の法定通貨」や「クレジットカード」などにも対応しているため、実際にBATを購入できるようになるのであれば、様々な方法でBATが購入できるようになると期待されます。

一部のユーザーは「Upholdのみ」の対応になっていることを批判しているものの、同氏は「Brave Rewards ウォレット」が匿名ウォレットであることを考えると、登録が必要な「Uphold」が最初に出金可能なウォレットになることは"自然なことである"と説明しており、その他の出金方法は今後追加されていくことになるだろうと語っています。

Brave Browserは順調に開発を進めており、先月末には新しいバージョンがビットコイン(BTC)などを含む7種類の仮想通貨やハードウェアウォレットに対応する可能性があることなども明らかになりました。

仮想通貨・ブロックチェーンに対応した代表的なブラウザとして、多くのユーザーから高い評価を受けている「Brave Browser」には今後も期待が高まります。

>>「Brave's Nightly build」のダウンロードはこちら

2019年7月26日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は先日17日に22円近くまで下落しましたが、その後はやや回復しており、2019年7月26日時点では「1BAT=25.03円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年5月27日〜7月26日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年5月27日〜7月26日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格、下落はまだ続く?複数のアナリスト「6,000ドル台」予想

ビットコイン価格、下落はまだ続く?複数のアナリスト「6,000ドル台」予想

DMMビットコイン:新規口座開設で「2,000円がもらえる」キャンペーン開始

DMMビットコイン:新規口座開設で「2,000円がもらえる」キャンペーン開始

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

タイ最大級の音楽フェス「Mystic Valley」独自仮想通貨MYST導入へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月5日〜11日

パレットトークンの公式ウォレットアプリ「PLTウォレット(iOS・Andoird版)」公開

パレットトークンの公式ウォレットアプリ「PLTウォレット(iOS・Andoird版)」公開

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

NBAダラス・マーベリックス:仮想通貨決済利用者に「eギフトカード」キャッシュバック

UUUM子会社のNFTマーケット「HABET」ベータ版公開|人気YouTuberの作品も

UUUM子会社のNFTマーケット「HABET」ベータ版公開|人気YouTuberの作品も

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

Enjin:ソーシャルネットワーク「Blockster」と協力|NFTを最大40万人に無料配布

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Chicago Bulls(シカゴ・ブルズ)」と提携

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

OKCoinJapan「IOSTの現物取引サービス」提供開始|価格はやや下落傾向

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す