ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

by BITTIMES   

仮想通貨投資ファンドである「Grayscale(グレイスケール)」は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を決済手段として受け入れている店舗や企業などの組織が世界中に100,000以上も存在していると報告しました。同社はビットコインの採用は順調に進んでいると説明しており、資産の一部をビットコインとして保有することを推奨しています。

こちらから読む:通信事業社大手が"BTC決済"受け入れ「仮想通貨決済」関連ニュース

BTC決済受入れ企業は「10万超え」

市場最大規模の暗号資産管理会社の1つである「Grayscale(グレイスケール)」は、ビットコイン(BTC)を受け入れている店舗や企業が世界中に100,000以上も存在しており、その数は増え続けていると報告しています。

Grayscaleは、約26億ドル(約2,730億円)の資産を運用しており、様々な国の数百人の投資家を抱えていると報告されています。同社は「ビットコインはまだ初期段階の資産であるものの、価値の保存手段として機能する」と考えており、投資家に対して"資産の一部をビットコインとして保有すること"を推奨しています。

ビットコインは新しい方法で世界的な成長を促進するのと同時に、インフレから資産を守るための"価値の保存手段"を人々に提供します。数兆ドル規模の市場でビットコインが占める割合はほんの一部です。

同社はビットコインが、
・デジタルゴールド
・モバイル決済プラットフォーム
・ハイパーインフレに悩む国の通貨
として機能することができると語っています。

ビットコインを分散投資のポートフォリオに

ベネズエラのようなハイパーインフレに悩まされている国では、自らの資産を保護し、取引を行うための手段として、ビットコインのような仮想通貨が人気を集めています。法定通貨は国の政策の影響で価値が変動し、暴落してしまう可能性がありますが、ビットコインは世界中のマイナーやノードによって支えられており、一部の国で需要が下がっても、世界全体での需要が残されているため、比較的安定して高い需要を維持することができます。

Grayscaleは、ポートフォリオを多様化することが投資家にとってプラスであると考えており、資産の1〜5%をビットコインとして保有することを推奨しています。これはビットコインは世界中の株式や法定通貨との相関性が低い資産でもあるため、リスクを分散するのに適しているという考え方に基づいたものです。

同社は今後25年間で約68兆ドル(7,150兆円)相当の資産が、ベビーブーマー世代(*1)からX世代(*2)・ミレニアル世代(*3)へと引き継がれていくことになると考えられるものの、若い世代はビットコイン投資に関心を示しているため、将来的にはビットコインの市場規模がさらに成長していくとの考えを示しています。
(*1)ベビーブーマー世代:1946年〜1964年頃までに生まれた世代
(*2)X世代:1960年代初頭・半ば〜1970年代に生まれた世代
(*3)ミレニアル世代:1980年代半〜2003年の間に生まれた世代

>>「Grayscale」が公開したレポートはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

米金融アプリ「Uphold」カルダノ(Cardano/ADA)をサポート

Rakuten NFT「BEAMS(ビームス)」と提携|アート・ファッションなどのNFTを販売

Rakuten NFT「BEAMS(ビームス)」と提携|アート・ファッションなどのNFTを販売

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

カルダノ関連ウォレット「Flint Wallet」iOS版アプリにdAppブラウザ機能追加

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

注目度の高い仮想通貨ニュース

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

BINANCE:準備金証明システム「Proof of Reserves」リリース|最初はBTCから

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

ビットフライヤー:金連動トークン「ジパングコイン(ZPG)」取扱いへ

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

あなたのインターネットがスロットリングされているかどうかを見分ける方法とそれを回避する方法

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

Coinbase Wallet「BCH・ETC・XLM・XRP」のサポート終了へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月13日〜19日

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

BINANCE:FTX関連で影響を受けたプロジェクトを支援「業界復興基金」設立へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す