バイナンス:ブロックチェーン開発者支援プラットフォーム「Binance X」を公開

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、2019年8月29日に仮想通貨の大量採用を促進することを目的とした開発者向けプラットフォーム「Binance X」をローンチし、「Binance X Fellowship」プログラムを開始したことを発表しました。

こちらから読む:新サービス"Binance Lending"登場「仮想通貨取引所」関連ニュース

Binance Xとは?

BINANCE(バイナンス)が新たに発表した「Binance X」は、Binanceのプラットフォームとブロックチェーンエコシステム全般のイノベーションを促進するための新しい取り組みだと説明されています。

「お金の自由を可能にするインフラストラクチャを提供すること」を長期的な目標としているというBINANCEは、そのための取り組みとしてこれまでにも様々なプロジェクトを立ち上げており、それと同時に開発者向け製品の数も増加してきています。

バイナンスが提供している、または提供を予定しているサービスとしては、
・仮想通貨取引所
・証拠金取引
・先物取引
・仮想通貨レンディングサービス
・独自のブロックチェーン技術
・複数銘柄に対応したウォレット
・ブロックチェーンを活用した慈善活動
などがあります。バイナンスはこのような環境を整えたことによってサードパーティの開発者が独自の製品やサービスを構築して活用できるプラットフォームになったと説明しています。

Binance Xは、急速に成長しているBinanceのプラットフォームに多くの開発者が関われるようにし、サポートを提供していくためのものだとされています。

Binance Xは、開発者がブロックチェーンエコシステムやBinance独自のパブリックブロックチェーンBinance Chain、Binance.comのアプリケーションプログラムインターフェイス(API)、Trust Walletソフトウェア開発キット(SDK)などといったBinance独自のソリューションを学び、ソリューションを作成していくのに役立てることができます。

開発者の人々は、
・開発者・研究者を支援する「Binance X Fellowship」
・初期段階のプロジェクトを支援する「Binance Labs Incubation」
・バイナンスのICOプラットフォーム「Binance Launchpad」
などの様々なパートナーシッププログラムを活用することができるようになります。

Binance X Fellowshipは「暗号経済における新しいイノベーションとビジネスを生み出すための無料のオープンソースソフトウェアを作成する才能のある開発者をサポートするように設計された」と説明されています。

このプログラムでは今年初めに開始されて以来、約40以上のプロジェクトが稼働しているとされており、具体例として以下のようなプロジェクトの代表者や開発者が参加していると説明されています。
・スマホアプリ「GoBNB」
・モジュール「BEPTools」
・ウォレット「BrowserBNB・BNBTextWallet」
・ウェブウォレット「Burner Wallet」

BINANCEはここ最近で様々な新サービスを発表しており、9月には先物取引を開始する予定であることも明らかにされています。開発者を支援する「Binance X」が発表されたことによって、今後はこれまでに発表された様々なサービスの開発が加速することになると期待されます。

>>「Binance X」の詳細はこちら

2019年8月30日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は今年6月に4,000円台まで上昇して以降は下落傾向が続いており、先日29日には2,277円まで下落しました。2019年8月30日時点では「1BNB=2,315.87円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年6月1日〜2019年8月30日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年6月1日〜2019年8月30日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

Bittrex Global:2020年6月に「取引所トークン」公開へ

仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

医薬品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン活用|Walmart・Merckなど大手4社が連携

医薬品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン活用|Walmart・Merckなど大手4社が連携

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す