イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の大型アップグレードとなる「Istanbul(イスタンブール)」がテストネットで実行される日が、当初予定されていた2019年9月4日から2019年10月2日まで延期されることが明らかになりました。

こちらから読む:コインチェックが"新サービス"を開始「イーサリアム」関連ニュース

イーサリアム改善案(EIPs)の精査などで遅延

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)のコミュニティ・マネージャーであるHudson Jameson(ハドソン・ジェームソン)氏は、コア開発者のミーティングでイーサリアムの大型アップグレード「Istanbul(イスタンブール)」のテストネット立ち上げ時期について次のように語っています。

私たちは、テストネット立ち上げのタイミングとして、10月2日頃に生成されると予想されるブロック番号を選びました。どれくらいの速さでブロックが生成されていくかによるため、実際にはその日付から1〜2日ほど前後する可能性があります。

具体的にどのブロック番号でテストネットが立ち上げられるかは明らかにされていませんが、立ち上げ時期が延期された理由としては「イーサリアム改善案(EIPs)が大量に提出され、それらの精査に時間がかかったこと」が挙げられています。

イーサリアム改善案(EIPs)はおよそ30項目ほど提出されたものの、開発者の間で審議した結果「イスタンブール」で使用されることになった提案は、
・EIP-152:Blake2 コンプレッションの追加とFプリコンパイルの起動
・EIP-1108:alt_bn128 プリコンパイルのガス代を削減
・EIP-1344:ChainID オペコードの追加
・EIP-1884:トライ構造のサイズに基づいた命令コードの価格調整
・EIP-2028:Calldata のガス代を削減
・EIP-2200:SLOADのガス代変更に伴うSSTOREのガス代再調整
という6つの提案のみだと伝えられています。

また、他の8つの提案は「Berlin(ベルリン)」と呼ばれるシステム全体のアップグレードまたはハードフォークを暫定的に計画していると報告されています。

今回の遅延により「Istanbul」のメインネット立ち上げも11月頃にまでずれ込むことになると見られています。

2019年9月7日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は今年6月末に38,000円付近まで上昇して以降は下落が続いており、2019年9月7日時点では「1ETH=18,294円」で取引されています。

2018年6月9日〜2019年9月7日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年6月9日〜2019年9月7日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

ブロックチェーン用いた「EV・PHEVのCO2排出削減量記録システム」開発:A.L.I.×ユビ電

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

非営利団体「XRP Ledger Foundation」設立|XRPLの成長・技術採用を促進

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す